DMM bitcoinのFXlogo

仮想通貨でレバレッジ取引(FX)ができる場合、その通貨ペアはビットコイン/円(BTC/JPY)に限られることが多いでしょう。

仮想通貨は数多くあります。しかし、知名度や流動性(売買のしやすさ)を考えますと、業者はアルトコイン(ビットコイン以外の通貨)でFXサービスを展開するのが難しいのかもしれません。

しかし、イーサリアム(Ethereum)やリップル(Ripple)でもレバレッジ取引ができる販売所があります。DMM Bitcoinです。

DMM Bitcoinでレバレッジ取引可能な通貨

DMM Bitcoinは、仮想通貨取引所・販売所としては後発組です。そこで、先発企業に比べて少々不利です。仮想通貨に関心がある人は、既に先発企業で取引しています。彼らに振り向いてもらうためには、何か独自性が欲しいところです。

こんな考察があったかもしれません。DMM Bitcoinは、レバレッジ取引(FX)に力を入れています。以下の通貨ペアでレバレッジ取引が可能です。

円を含む通貨ペア:

BTC/JPY(ビットコイン/円)
ETH/JPY(イーサリアム/円)
XEM/JPY(ネム/円)
XRP/JPY(リップル/円)
LTC/JPY(ライトコイン/円)
ETC/JPY(イーサクラシック/円)
BCH/JPY(ビットコインキャッシュ/円)

円を含まない通貨ペア

ETH/ BTC(イーサリアム/ビットコイン)
XEM/BTC(ネム/ビットコイン)
XRP/BTC(リップル/ビットコイン)
LTC/BTC(ライトコイン/ビットコイン)
ETC/BTC(イーサクラシック/ビットコイン)
BCH/BTC(ビットコインキャッシュ/ビットコイン)
ETC/ETH(イーサクラシック/イーサリアム)

この通貨ペアの意味ですが、例えば、ETH/JPYでETH(イーサ)を買うとき、対価として円を払います。ETH/BTCも同様に、ETHを買うにはBTC(ビットコイン)を対価として支払います。

すなわち、円と交換してトレードするか、それともビットコインと交換してトレードするか、の違いになります。

販売所でイーサリアムやリップルを売買

ここで確認しておくべきことがあります。DMM Bitcoinは「販売所」です。取引所ではありません。取引所とは、顧客同士で売買する形式を言います。一方、販売所の場合、私たち顧客の取引相手は販売所の運営会社です。

なぜ、この確認が重要でしょうか。それは、「買いたいときにいつでも買えるか」「売りたいときにいつでも売れるか」という点で重要だからです。

ビットコインのレバレッジ取引ならば、取引する顧客は大勢いるでしょう。買いたくても買えないという苦労は少ないと予想できます。

しかし、XRP/JPY(リップル/円)はどうでしょうか。熱狂的にリップルを支持するユーザーは大勢いるでしょう。しかし、取引に参加するユーザー数は、ビットコインに比べると大幅に少ないと予想できます。

すなわち、買いたいと思っても、対応する売り注文がないから買えない、という困った事態が起きかねません。

しかし、DMM Bitcoinは販売所です。DMM Bitcoinが、常に売買可能な価格を提示してくれます。私たちはその数字を見ながら、買いたければ買い、売りたければ売ることができます。

イーサリアムやリップル等でレバレッジ取引する際、流動性を過度に心配しなくて済むということです。

DMM Bitcoinの取引画面

ここで、DMM Bitcoinの取引画面を見てみましょう。DMM Bitcoinには、グループ会社にDMMFXがあります。FX(外国為替証拠金取引)の会社ですが、そこで得た技術と経験値を惜しみなく投入している様子が分かります。

それが分かる理由ですが、DMMFXとよく似た取引画面だからです。

DMM Bitcoinがグループ会社でFXサービスを展開していなかったら、いきなりこのような取引ツールを開発するのは難しいでしょう。

FXサービスを展開すると、顧客から様々な要望が届きます。それを取り入れて、現在のシステムがあります。それをいきなり仮想通貨の世界に投入できるのですから、売買のしやすさのレベルは極めて高いです。

DMM Bitcoinの取引システム画面

上の画面は取引画面の一例です。下のように分けられています。

なお、これらのパネルはそれぞれが独立しており、自由にレイアウトを変えることができます。不要ならば非表示にすることもできます。下は、チャート1つと発注画面のみというシンプルな構成例です。

DMM Bitcoinの発注画面

皆様が最も取引しやすいと思うレイアウトで取引可能です。

チャートを複数枚並べてトレード

イーサリアムやリップルでレバレッジ取引する場合、多くはデイトレードになるでしょう。というのは、毎日午前7時時点でポジションを持っていると、レバレッジ手数料を支払う必要があるためです。

仮想通貨の価格変動はとても大きいので、ポジションを何日も持ちこしても、手数料のダメージは小さいと予想できます。しかし、手数料はやはり少ない方が望ましいです。

デイトレードをする際、DMM Bitcoinではチャートを並べて取引できます。例えば、下の通りです。

DMM Bitcoinのチャート配列例

上のチャートは、1分足のイーサリアム/円のチャートです。そして、左側がBID、右側がASKです。

上の2枚のチャートをよく見ると、少し形が違うと分かります。どちらのチャートを使うかで、取引成績が変わってくるかもしれません。

あるいは、チャートを3枚並べて、「日足」「1時間足」「15分足」という具合に表示することもできるでしょう。マルチタイムフレームと呼ばれる方法です。こうすると、時間の長さごとに、どんなトレンドができているのかを把握しやすくなります。

この記事だけでは、DMM Bitcoinの取引画面の機能を全てご案内することはできません。しかし、FXで獲得した高い経験値がそのまま生かされていると分かります。

イーサリアム(ethereum)について

×
ビットポイントキャンペーン
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類・作り方
ビットコインの保管方法
PC・スマホにウォレットを作る
ビットコイン紛失事例(2件)
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
無料配布詐欺に注意!
ビットコインの送金について
送金のしくみ
公開鍵、秘密鍵、アドレス
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ハードフォークはナゼ起こる?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
ビットフライヤーのスマホアプリ
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
DMM Bitcoinの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
Liquidの特徴
BitTradeの特徴
SBI VCの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
DMM Bitcoin口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
SBI(SBIVC)口座の作り方
BTCボックス口座の作り方
Liquid口座の作り方
仮想通貨取引で有利な銀行口座
仮想通貨のチャート分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し-基本~実践
上値抵抗線・下値支持線
三角保ち合い(ペナント)
bitFlyerの高機能チャート
「相場の見通し」の作り方
フラッシュクラッシュ
DMM Bitcoinの比較チャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
貸仮想通貨サービス|GMOコイン
信用取引で低リスクな裁量取引
ビットコインを堅実に増やす方法
ビットコインの自動売買~QUOREA
板情報で取引【BITPoint】
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと現物取引の価格差について
FX先物取引とは
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
激変!仮想通貨のシェア【2018年版】
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP