投資対象として有望なアルトコイン

アルトコインの種類イメージ

仮想通貨と言えばビットコインが有名ですが、その他にも多くの仮想通貨があります。ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと言いますが、投資対象として有望なアルトコインを探してみましょう。

アルトコインの特徴

最初に、アルトコインの特徴をざっくりと確認しましょう。ビットコインでなく敢えてアルトコインに投資しようというのですから、ビットコインとの比較で考えると分かりやすいでしょう。

特徴1:価格水準が低い

ビットコインの価格に比べ、アルトコインは一般的に価格が安いです。「仮想通貨と言えばビットコイン」というくらいですから、後発組のアルトコインの方が高機能だとしても、知名度で圧倒的に劣ってしまいます。

一般の人に知られていなければ、買いたいという人も少ないでしょう。すなわち、ビットコインに比べて、アルトコインの価格水準はどうしても低くなりがちです。

特徴2:流動性が小さい

上の特徴1に関連しますが、買いたいという人が少ないとはすなわち、積極的に売買しようという人が少ないことを意味します。すると、流動性が小さくなり、自由に売買できない場合があるでしょう。

そこで、アルトコインに投資する場合は、この流動性の小ささを考慮する必要があります。

特徴3:取引所の数が少ない

以上の通り、取引する人が少なければ、そのアルトコインを採用する取引所の数は少ないでしょう。取引所は売買手数料を得て活動していますから、取引が活発でない仮想通貨を上場させても、コストばかりかかって損してしまうからです。

アルトコインを買う場合は、「どの取引所で買えるか?」を確認する必要があります。

アルトコインの取引所については、別記事「ビットコイン取引所・販売所比較【取引できる仮想通貨の種類】」にて一覧にまとめていますので、ご確認ください。

アルトコインへの投資方針

以上、アルトコインの特徴を3つ確認しました。この特徴を踏まえたうえで投資方針を考えてみましょう。

投資方針案1:短期売買でなく、長期投資がよさそう

流動性が小さいということは、買った次の瞬間に売ろうとしても、売る相手がいない可能性があります。あるいは、買ってもいいよという人がいても、その価格はひどく低い水準かもしれません。

そこで、ひとたび買ったら、長期間持ち続けることが基本戦略となるでしょう。長期間持ち続けて、価格が数倍~10倍以上に跳ね上がるのを待つのです。

ただし、仮想通貨の世界で「長期」という場合、株式投資とはかなり様相が異なるかもしれません。株式投資の場合、長期と言えば少なくとも1年以上、長ければ10年以上という場合もあるでしょう。

しかし、仮想通貨の場合、1年間は「超長期」になるかもしれません。実際のチャートを見ながら考察しましょう。モナコインの週足チャートです。

データ提供元:bitbank
最新データに更新する

チャートの左側を見ますと、価格はゼロ近辺を動いているように見えます。この時期、価格は最高でも100円弱くらいでした。そして、多くの期間で10円未満でした。

しかし、2017年10月から、突如として価格が上昇している様子が分かります。最大で2,000円台の水準になりました。すなわち、わずか数か月で価格が何十倍にもなったということです。

これだけ価格上昇が大きいと、その後の下落も大きくなります。2018年初めに大きく下落しました。その後の様子はチャートの通りです。実にダイナミックな動きをしていると分かります。

そこで、価格が安いうちに買って、その後の上昇を期待することになります。

投資方針案2:複数のアルトコインを買う

しかし、価格が安い時に買うというのは、実に難しいです。というのは、今の価格が高いか安いかというのは、将来になって振り返ってみて分かることだからです。

「今が買いチャンス」と思って買ってみたら、実は高値だった、という場合もあるでしょう。そこで、工夫が必要になります。

工夫とは、何種類ものアルトコインを買うことです。買ったうちのいくつかは外れで価格が下落してしまっても、別のアルトコイン価格が大幅上昇すれば、トータルでOKという計算です。

アルトコインの投資リスク

さて、上のチャートの上昇部分を見ると、、アルトコインの将来性と有望さに今すぐ投資したくなるかもしれません。しかし、注意事項がありますので確認しましょう。

注意1:値動きが大きいリスク

上のチャート形状で明らかですが、価格の上昇力が大きいということは、下落方向にもその力が発揮されてしまうかもしれません。そこで、アルトコインを買うときの金額は小さくすると、安全度が高くなるでしょう。

そのアルトコインの価格が大幅に下落しても、「まあ仕方ないな」とあきらめられるくらいの額が良いでしょう。

注意2:取引所で売買できなくなるリスク

買いたいアルトコインがあったとして、そのアルトコインは特定の1つの取引所だけで取引可能だったとしましょう。

取引所で売買できるから問題はないのですが、その取引所が何らかの理由で閉鎖されたり、そのアルトコインの取り扱いを終了したりする場合に大変です。取引所がなければ、事実上売買できません。売りが殺到して、大暴落する可能性があるでしょう。

よって、可能ならば、複数の取引所で売買可能な仮想通貨を選びたいです。

アルトコインを売買できる取引所

では最後に、アルトコインを売買できる取引所はどこか?です。世界を見渡しますと、実に数多くの取引所があります。しかし、日本の法律を順守する取引所で売買すると安全度が高いでしょう。

その観点から見ますと、複数のアルトコインを売買できる取引所として、以下を挙げることができます。

ザイフ(Zaif)

Zaifの特徴につきましては、「Zaif(ザイフ)の特徴|取引で仮想通貨をもらえる!?」で詳細にご案内していますので、ご覧ください。Zaifは、モナコインや数多くのトークンの売買ができることが特徴です。

参考までに、モナコイン(monacoin)は、純国産のアルトコインです。Zaifで取引できる仮想通貨の一覧は、以下の通りです。

主要仮想通貨

ロゴ 呼称 記号
bitcoinロゴ ビットコイン BTC
Nemロゴ ネム XEM
Monacoinロゴ モナコイン MONA
BitcoinCashロゴ ビットコインキャッシュ BCH
Ethereumロゴ イーサリアム ETH

トークン

ロゴ 呼称 記号
ZAIFロゴ ザイフ ZAIF
XCPロゴ カウンターパーティ XCP
BCYロゴ ビットクリスタル BCY
STORJロゴ SJCX(現在はSTORJとして流通) SJCX
FSCCロゴ フィスココイン FSCC
PEPECASHロゴ ペペキャッシュ PEPECASH
CICCロゴ カイカ CICC
NCXCロゴ ネクスコイン NCXC
ゼン JPYZ
CMSロゴ コムサ CMS

なお、トークンとは「他の仮想通貨のシステム上で稼働している仮想通貨」という意味です。

例えば、カウンターパーティトークン(XCP)は、ビットコインのブロックに、追加で情報を掲載することによって作られています。よって、ビットコインの便利な点も不都合な点も、すべてXCPに当てはまります。

また、XCPには「XCP上に、自分で自由にトークンを作ることができる」という特徴があります。

下のトークンは、すべてXCPの仕組みで作られたものです。

・ZAIFトークン
・ビットクリスタル
・SJCX(その後、イーサリアムに引っ越してSTORJとして稼働中)
・フィスココイン
・ペペキャッシュ
・カイカコイン
・ネクスコイン

よって、読者の皆様も、「自分だけのトークン」を作ることができます。作った後にどうやって流通させる?という問題がありますが、トークンを作ること自体は、難しくありません。

次のページでは、知名度の高いアルトコインの1種である「イーサリアム」の取引手数料について、各取引所間で比較を行ってみます。

アルトコインについて

×
ビットポイントトレード手法
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類・作り方
ビットコインの保管方法
PC・スマホにウォレットを作る
ビットコイン紛失事例(2件)
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
無料配布詐欺に注意!
ビットコインの送金について
送金のしくみ
公開鍵、秘密鍵、アドレス
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ハードフォークはナゼ起こる?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
ビットフライヤーのスマホアプリ
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
DMM Bitcoinの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
Liquidの特徴
BitTradeの特徴
SBI VCの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
DMM Bitcoin口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
SBI(SBIVC)口座の作り方
BTCボックス口座の作り方
Liquid口座の作り方
仮想通貨取引で有利な銀行口座
仮想通貨のチャート分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し-基本~実践
上値抵抗線・下値支持線
三角保ち合い(ペナント)
bitFlyerの高機能チャート
「相場の見通し」の作り方
フラッシュクラッシュ
DMM Bitcoinの比較チャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
貸仮想通貨サービス|GMOコイン
信用取引で低リスクな裁量取引
ビットコインを堅実に増やす方法
ビットコインの自動売買~QUOREA
板情報で取引【BITPoint】
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと現物取引の価格差について
FX先物取引とは
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
激変!仮想通貨のシェア【2018年版】
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP