ライトコイン(litecoin)の特徴

ライトコインlogo

ライトコインは、ビットコインの次に作られた仮想通貨です。そして、ビットコインを参考にして「マイナーチェンジ」して作られました。そこで、ビットコインは「金(ゴールド)」、ライトコインは「銀(シルバー)」として例えられることがあります。

ロゴも銀色(灰色?)を基調としたデザインとなっています。

では、ライトコインの特徴は何でしょうか。私たちユーザーにとって大切な点を2つ確認しましょう。

特徴1:ブロックチェーンが作られる時間

ビットコインは、1つのブロックチェーンが作られるのに10分前後を要します。このため、どれだけ素早く送金しようとしても、最低で10分かかります。一方、ライトコインは2分半で1つのブロックチェーンができるように計算されています。

すなわち、ライトコインはビットコインの4倍速です。送金手続きにストレスがありません。

なお、ブロックチェーンによる送金の仕組みにつきましては、別記事「ビットコインの送金の仕組み」でご確認ください。

特徴2:仮想通貨の総発行枚数

ビットコインの総発行枚数は2,100万枚に設計されています。ブロックチェーンが作られるたびに、少しずつ発行枚数が増えていく仕組みです。ライトコインは、総発行枚数が4倍の8,400万枚に設計されています。

ブロックチェーンが4倍速で増えていきますので、それに合わせて発行枚数を増やしたということになります。

以上のことから、「ライトコインはビットコインよりも価格が安いだろう」ということが分かります。なぜなら、ライトコインの総発行枚数の方が多いからです。総発行枚数が多ければ、その分だけ単位あたり(1ビットコイン、1ライトコイン)の価格は下がっていきます。

すなわち、ビットコインの価格が高騰する場合、ライトコインが有力な代替投資先として選択肢となります。

Segwitを採用した2番目の仮想通貨

なお、ビットコインは金、ライトコインは銀にたとえられますが、開発者は別です。よって、それぞれ独自の発展を遂げています。その一つが、「セグウィット(Segwit)」です。Segwitを簡潔に説明するならば、「1つのブロックチェーンで送金できる件数を増やせる」技術です。

ライトコインは、これを採用した2つめの仮想通貨です。

では、世界で初めてSegwitを採用した仮想通貨は何でしょう?それは、日本発の仮想通貨「モナコイン(MONA)」です。別記事「モナコインの特徴」で解説していますので、ご確認ください。

なお、このSegwitにはもう一つの役割があります。それは、仮想通貨の脆弱性「トランザクション展性」を無効にするという効果です。

トランザクション展性とは

トランザクション展性を簡潔に確認しましょう。仮想通貨を送るとき、送金する人や受け取る人などの情報(トランザクション)をブロックチェーンに記載します。その情報にはIDも含まれます。このIDを第三者が勝手に書き換えることができます。

よって、第三者がIDだけを勝手に書き換えた場合、支払い情報が二重に発生しうることになります。

しかし、二重払いは大変だ!…というわけではありません。これがブロックチェーン技術の素晴らしいところで、不正に操作されたトランザクションは、ブロックチェーンに記載されることなく消滅します。

ただし、この消滅には、しばらく時間がかかります。ブロックチェーンが1つできるのに要する時間は10分前後ですが、この悪意あるトランザクションを除外するのに30分~1時間くらいかかるでしょうか。

よって、どの取引所も、仮想通貨を受信したのち、複数のブロックチェーンが作られて安全を確かめてから、ユーザーが使用可能な状態にしています。

少し話が長くなりました。ライトコインには、以上で説明しましたトランザクション展性の脆弱性がありません。脆弱性はないほうが断然良いです。

ライトコインの人気は?

ライトコインは、ビットコインよりも安いので売買しやすく、また、ビットコインにある脆弱性が存在しないというメリットがあることを確認しました。そして、実際に売買しようとする場合、もう一つ確認したいです。それは、「人気」です。

いくら素晴らしい仮想通貨であっても、人気がなければ自由に売買できません。人気がない場合、売買可能な取引所もわずかしかないでしょう。

そこで、2017年5月29日時点の時価総額を、coinmarketcapで確認しましょう。

ライトコイン時価総額

時価総額で第6位に位置しています。ビットコインに次ぐ歴史の長さに加えて、取引可能な取引所が世界中にあることも、この位置につけている要因でしょう。

ライトコインを売買できる取引所

世界中の多くの取引所で売買可能なライトコインですが、日本の取引所で取扱っているところは少ないです。そして、ユーザーである私たちとしては、安全な取引所で売買したいです。この「安全」という場合、2種類あるでしょう。

2番目についてですが、海外にある取引所だと難しい面があるでしょう。英語で交渉したり、日本とは異なる法制度だったり。取引所が対応しない場合、私たちにはどうしようもないかもしれません。海外は遠すぎます。

この点、日本の取引所の方が安全です。仮想通貨法を順守している取引所ならば安心感がありますし、トラブルがあっても、国民生活センターや弁護士等に支援を求めることができます。

この観点から見ると、コインチェック(coincheck)が有力な取引所として検討できます。数多くのアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)を扱っていますので、ライトコインの取引が可能です。

アルトコインについて

×
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
PC・スマホにウォレットを作る
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
メリット・デメリット
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
coincheck定期預入サービス
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
coincheckの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
Z.comコインの特徴
Krakenの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
Z.comコイン口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
リアルタイムチャート
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
外為FXとビットコイン投資
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
コイン価格は上昇するか?
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP
アルトコインについて
アルトコインの種類と将来性
アルトコインの投資方法
イーサリアムの手数料比較
イーサリアム購入(CC編)
イーサリアム購入(BF編)
仮想通貨で通販~Bitcoinmall
モナコイン(monacoin)とは
イーサリアム プロジェクト
ライトコインの特徴、人気度
ビットコインのセキュリティ
仮想通貨の二大リスクと対処法
ブロックチェーンの技術発展と未来
ビットコインの時価総額と株式
仮想通貨のリスク軽減なるか?
仮想通貨を「貨幣」認定
金融詐欺にご注意下さい!
ビットコインの高利回り投資
ビットコインETFの現状
コインチェックを訪問
お問い合わせ・運営者情報
×