国産の仮想通貨「モナコイン(monacoin)」

モナコインlogo

国産の仮想通貨として、「モナコイン(monacoin)は一定の地位を占めています。そこで、その概要を確認しましょう。

モナコインは、2013年末に公開された日本産の仮想通貨です。そのプログラムはLitecoin(ライトコイン)とほぼ同じでしたが、バージョンアップを繰り返して独自の姿に変化しています。

モナコインの仕様

モナコインの仕様を簡潔にまとめますと、以下の通りです。

1.平均ブロック作成間隔:およそ90秒

ビットコインはおよそ10分でブロックが作られますから、とても高い頻度でブロックが作られていることが分かります。

2.発行総数:1億512万枚

ビットコインの場合は2,100万枚です。モナコインはブロック生成速度が速いため、発行総数も大きくなっています。

3.採掘(マイニング)の方法

ビットコインと同じく、Proof of Works(プルーフ・オブ・ワーク)を採用しています。よって、マイニングで稼ぐには、コンピュータの能力が高ければ良いということになります。

なお、マイニングの仕組みにつきましては、別記事「ビットコインの採掘(マイニング)とブロック認証」をご覧ください。

仮想通貨全体におけるモナコインの位置づけ

では、国産の仮想通貨として名声を得ているモナコインは、仮想通貨全体から見てどの位置にいるでしょうか。coinmarketcap.comで時価総額を確認しましょう(2017年3月28日時点)。

モナコインの位置づけ

時価総額は全体の89番目です。かなり低い順位かもしれませんが、仮想通貨の種類は数えきれないほどあります。その中で89位ですから、頑張っているといえるかもしれません。しかし、日本産の仮想通貨は数が少ないですから、もっと頑張ってほしいところです。

モナコイン相場を振り返る

次に、モナコインの長期的な相場を振り返りましょう。引用元はmona-coin.comです。

モナコインの相場

2014年1月からのチャートです。

大きく盛り上がるときもあれば、急速に値を下げた場面もあったことが分かります。ここしばらくは10円未満で安定している様子が分かります。

モナコインの売買で成功を収めようと考える場合、短期売買するのは流動性の問題があるかもしれません。そこで、買って長期に保有し、時折やってくる急上昇を狙って利食いするという案が考えられます。

モナコインの使い道

さて、一定の名声を得ていながらも時価総額が小さいモナコインです。そこで、当初は「採掘をするゲーム」「掲示板でユーザーがお互いにあげるチップ」として使われていました。なお、このチップですが、2017年3月現在も稼働しています。

Ask Mona(アスク・モナ)です。ここで投稿すれば、チップとしてモナコインがもらえるかもしれません(もちろん、モナコインをあげることもできます)。

その後、大きなトラブルなく稼働し続け、取引が比較的活発な状態が続くと、次第にモナコインに対する信頼が生まれてきます。そして2017年3月、「ビットコインとモナコインでのみ支払い可能な通販サイト」が誕生しました。

詳細は別記事「ビットコインが使える通販サイト(ビットコインモール)」でご確認ください。円の支払いが不可でモナコインの支払いが可という状態にまで、モナコインは発展しています。

世界初のSegWit(セグウィット)採用通貨

SegWit(セグウィット)とは何だ?という話ですが、簡単に書けば、同時に多数の送金処理ができるシステムです。ビットコインは送金要請が多くなりすぎて処理がもたつくようになり、このSegWitを導入するかどうかで紛糾してきました。

そうしている間に、モナコインはSegWitを採用する世界初の仮想通貨となりました。すなわち、多数の送金処理ができるというメリットとともに、世界中の仮想通貨ファンの注目を集める効果もあるでしょう。

世界の注目を集めれば、モナコインはメジャーな仮想通貨として認知される可能性もあります。

なお、下のチャートはZaif(ザイフ)からの引用です。モナコインの日足チャートですが、価格が大きく上昇している様子が分かります。

モナコインのチャート(2017年5月19日)

モナコインの買い方

さて、こうなると、モナコインを使って様々な商品が買えるというだけでなく、将来の価格上昇にも期待したくなります。では、どこでモナコインを買えば良いでしょうか。

2017年4月、日本で仮想通貨に関する法制度が施行されました。これは私たち顧客を守るための大切な仕組みです。そこで、この仕組みを順守する会社で取引したいです。

この観点からモナコインを取引できる会社はZaif(ザイフ)です。取引所のシェアを見ましても、Zaifが圧倒的に大きいです。このため、モナコインを買いたい場合はZaifが有力な選択肢となるでしょう。

アルトコインについて

×
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
PC・スマホにウォレットを作る
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
メリット・デメリット
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
最も安心・安全な取引所
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
coincheck定期預入サービス
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
coincheckの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
QUOINEXの特徴
Krakenの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
QUOINEX口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
リアルタイムチャート
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP
アルトコインについて
アルトコインの種類と将来性
アルトコインの投資方法
イーサリアムの仕組み
イーサリアムの手数料比較
イーサリアム購入(CC編)
イーサリアム購入(BF編)
仮想通貨で通販~Bitcoinmall
モナコイン(monacoin)とは
イーサリアム プロジェクト
ライトコインの特徴、人気度
BitcoinCashの価格推移予想
ビットコインの分裂問題
ビットコインの送金手数料
ビットコインのセキュリティ
仮想通貨の二大リスクと対処法
ブロックチェーンの技術発展と未来
ビットコインの時価総額と株式
仮想通貨のリスク軽減なるか?
仮想通貨を「貨幣」認定
金融詐欺にご注意下さい!
ビットコインの高利回り投資
ビットコインETFの現状
コインチェックを訪問
お問い合わせ・運営者情報
×