ネムlogo

仮想通貨の種類がどんどん増えています。1日に1種類ずつ、いや、もっと早いペースで仮想通貨が増えているような感じさえします。こうなると、まさに玉石混交です。「当たり」の仮想通貨を買えれば良いですが、「ハズレ」を引いてしまう可能性も出てきます。

では、仮想通貨NEM(ネム)の将来性はどうでしょうか。当たりでしょうか。特徴とあわせて確認しましょう。

NEM(ネム)の特徴:中心メンバー

NEMの将来性を予想するために、最初に開発の中心メンバーを概観しましょう。優秀なプログラマーがいれば、優秀なプログラムが作られていると予想できます。また、ユーザーへの影響力が大きい有力者がいれば、より多くのユーザーの支持を得られると予想できます。

下の画像は、NEMの公式ページからの引用です。Council Members(評議会委員)として、筆頭に日本人の名前があります。Takao Asayama氏です。

中心メンバーとして日本人の名前があるところが、大きな特徴です。

NEMの評議会委員

朝山貴生って誰?

このアサヤマ・タカオ(朝山貴生)さんって誰?ですが、テックビューロの代表です。テックビューロは取引所のZaif(ザイフ)を運営している会社です。

仮想通貨の種類は、既に1,000を余裕で超えています。そんな中、NEMに日本の有力取引所の代表者が入っているというのは、とても重要です。というのは、少なくともZaifでは、NEMの使用が強力に推進されるだろうと予想できるからです。

すなわち、「ハズレ」の可能性がその分だけ小さくなります。

ZaifにおけるNEMの推進例

では、実際にZaifやテックビューロでは、どのようにNEMを使用しているでしょうか。複数ありますので、確認しましょう。

NEM使用例1:取引所(Zaif)への上場

最も基本的な、そして最も重要な施策です。仮に、取引所でNEMが売買できないとしても、NEMは世界のどこかで生き続けます。しかし、取引所で売買できなければ、私たちはNEMを得る手段が限られてしまいます。知名度も低いままでしょう。

しかし、ZaifでNEMの売買ができます。これは、NEMの発展にとって極めて重要なことです。

なお、NEMのシステムで流通している仮想通貨の名前をXEM(ゼム)と言います。NEMとXEMはかなり似ていますが、混同してしまっても大丈夫です。すぐに慣れます。下の画像は、Zaifからの引用です。取引可能な通貨の中に、XEMが入っていることが分かります(赤枠部分)。

zaifの主要取扱仮想通貨

上の赤枠を見ますと、XEM/JPYとXEM/BTCの2つが書いてあります。この意味は、以下の通りです。

手元で使い道がなくて遊んでいるビットコインがあるならば、それを使ってXEMを買うことができます。

NEM使用例2:COMSA(コムサ)トークン

COMSA(コムサ)とは、テックビューロが実施しているプロジェクトであり、ICOです。ICOとは、新規にトークン(仮想通貨の一種)を発行して、多くの人から資金を集める仕組みです。

こうして集めた資金を使って、新規事業を実施します。

各企業は、仮想通貨と親和性の高い優良なプロジェクト案を持っていても、それを実現するにはハードルが高いです。どうやって資金を集めよう?ノウハウは?という感じです。そのプロジェクト案を実現するためのシステムがCOMSAです。

このコムサですが、NEMのシステムを利用して作られています。NEMはただの仮想通貨ではなく、新たな仮想通貨(トークン)を作り出す基盤としても機能しています。また、COMSAトークンは、Zaifで売買することもできます。

すなわち、COMSAの将来性に期待する場合、Zaifで買うことができます。

ネムの特徴:ビットコインとの違い

以上の将来性を持つNEMですが、その特徴を簡潔に確認しましょう。ビットコインよりも後に開発された仮想通貨ですから、NEMの機能はビットコインよりも優秀です。

違い1:消費電力

ビットコインのマイニングの問題点は、その消費電力量です。中規模の国家1つ分くらいの電力が、マイニングに投入されています。電力は、環境に少なからず負荷を与えながら生産されています。それがマイニングに大量投入されるというのは、穏やかな話ではありません。

この点、NEMはマイニングと似た仕組みを持っていますが、消費電力が圧倒的に少ないです。環境への負荷を考慮しなくて済みます。

違い2:全ての通貨が採掘済み

NEMは、既に全数量が発行済みです。よって、マイニングで新規に作り出すという仕組みではありません。このため、仮想通貨の数量が増えていってインフレになるという心配がありません。

ただし、既に全数量が発行済みというのは、問題がないわけではありません。例えば、大量保有者が、所有しているNEMの存在を遺族に知らせずに亡くなる場合、そのNEMはもう使われることはありません。

何らかの事件や事故で事実上失われる例が積み重なると、使用可能なXEMが減ってしまいます。この懸念はありますが、XEMの発行数量は極めて多いです。また、この問題が顕在化する場合は、プログラムの修正で乗り切るだろうと予想できます。

(なお、事実上の流通量減少は、価格高騰という結果を招きやすくなります。よって、XEM保有者にとっては、100%悪い話だという訳ではありません。)

違い3:送金速度

ビットコインの最大の問題の一つが、その送金能力です。世界中から集まる送金要請に応えることができず、送金待ちが生じる場合があります。

しかし、NEMの場合、1秒間に数千件の送金が可能です。送金で混雑が発生してしまう可能性は小さいと言えるでしょう。

ネムの特徴:危機管理能力

2018年1月、仮想通貨取引所コインチェックから、大量のネムが盗まれました。これを受けて日本中が大騒ぎとなったのですが、この際のネム財団(ネムを管理運営する団体)の行動を見れば、ネムの特徴が分かります。

仮想通貨に限らず何でもそうでしょうが、本当の実力は、危機発生時の対応をみれば分かります。ネムは信頼できるでしょうか。確認しましょう。

ネム財団の特徴1:コインチェックが発表する前に情報提供

仮想通貨が盗まれたのでは?と日本が大騒ぎになっている中、コインチェックはなかなか情報を公開しませんでした。このため、ユーザーに不安と不満が高まる一方でした。

そんな中、ネム財団はコインチェックよりも先に情報発信しました。ユーザーは、これを頼りに行動することができました。

ネムを管理するネム財団は、必要な情報をいち早く調査し、かつ、それをユーザーに提供できる体制を持っているということです。

ネム財団の特徴2:盗難にあったネムに対する施策実施

ネムは情報提供に努める一方で、有力なプログラマーを任命し、盗難にあったネムの監視等を始めました。ネム財団に非は一切ありません。しかし、対応責任者を迅速に任命し、任命された人は直ちに行動を開始しました。

ネム財団は、危機発生時に対応できる人的資源を持っていることを示しています。

ネム財団の特徴3:ハードフォークをしない

ハードフォークすれば、ネムが盗まれたことを「なかったことにする」という劇的な効果を得られます。しかし、ネム財団はハードフォークしませんでした。なぜなら、ネム財団に非はなく、仮想通貨ネムにも不具合がないためでした。

仮に、ハードフォークしたとしましょう。この場合、将来に同じような事件事故が起きるたびにハードフォークするのでしょうか。

それでは、世界中のユーザーや取引所の負担が大きいです。

負担が大きい仮想通貨ならば、別の仮想通貨を使ったほうが良いと判断されてしまうかもしれません。この場合、ネムは先細りとなってしまいます。

ハードフォークしなかったのは、盗難されたユーザーにとって痛い決断です。しかし、ネムの安定性や将来性にとって必要な措置だったのかもしれません。

NEMの購入(投資)について

以上、NEMの現状や将来性を確認してきました。NEMの将来に期待しよう!という場合、Zaifで購入可能です。買って長期に保有するのも良いでしょうし、値動きに期待して短期売買するのも良いでしょう。

相場の価格は上下動しますので、無理のない範囲で取引しましょう。

アルトコインについて

×
仮想通貨チャート一覧&価格一覧(リアルタイムレート)
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類・作り方
ビットコインの保管方法
PC・スマホにウォレットを作る
ビットコイン紛失事例(2件)
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
無料配布詐欺に注意!
ビットコインの送金について
送金のしくみ
公開鍵、秘密鍵、アドレス
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ハードフォークはナゼ起こる?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
ビットフライヤーのスマホアプリ
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
DMM Bitcoinの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
QUOINEXの特徴
BitTradeの特徴
SBI VCの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
DMM Bitcoin口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
SBI(SBIVC)口座の作り方
BTCボックス口座の作り方
QUOINEX口座の作り方
仮想通貨取引で有利な銀行口座
仮想通貨のチャート分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し-基本~実践
上値抵抗線・下値支持線
三角保ち合い(ペナント)
bitFlyerの高機能チャート
「相場の見通し」の作り方
フラッシュクラッシュ
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
ビットコイン積立【ZAIF】
貸仮想通貨サービス|GMOコイン
信用取引で低リスクな裁量取引
ビットコインを堅実に増やす方法
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと現物取引の価格差について
FX先物取引とは
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
激変!仮想通貨のシェア【2018年版】
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP