将来性が高い仮想通貨

「将来性を期待できる仮想通貨」とは、何でしょうか。ズバリ、「価格が上昇する仮想通貨」でしょう。技術的に素晴らしいとか、日常生活に欠かせないものになるといった将来性ももちろん重要です。しかし、大半のユーザーにとって、価格上昇の方が重要です。

そこで、価格という視点から過去の仮想通貨を眺めつつ、将来を考えてみましょう。

仮想通貨ならば何でも価格が上昇した2017年

仮想通貨の価格上昇という点で考えると、2017年は避けて通れない重要な年です。なぜなら、「仮想通貨というだけで価格が異常に高騰した」年だからです。最初に、ビットコイン価格の推移を確認しましょう。

データ提供元:bitFlyer
最新データに更新する

2017年初め、ビットコインは10万円くらいでした。12月には240万円になっています。しかし、ビットコインの性能が24倍向上したから価格が上昇したというわけではないでしょう。

一種の「お祭り」の雰囲気ができあがり、みんなで参加して楽しもう!という感覚が、この価格を作ったのかもしれません。

価値のない仮想通貨も価格が高騰

この流れは、仮想通貨ならば何でも価格が上昇する現象を生み出しました。下のチャートをご覧ください。UETというトークン(仮想通貨)の時価総額推移です(coinmarketcap.comから引用)。

UET/USD長期チャート

チャートの右端、2018年1月に時価総額が急騰しています。およそ100万ドルになっています。しかし、このトークンは文字通り価値がありません。というのは、このトークンを作った人自身が、そのように言っているからです。

UETとは、「Useless Ethereum Token」です。日本語にしますと、「価値のないイーサリアムのトークン」です。UETを所有できますし送受信もできますが、それ以外の価値を見出すのは難しそうです。

このトークンは単に、開発者が儲けたいから作ったというだけです。公式ホームページには、「まじめに言って、このトークンを買ってはいけない。あなたはなぜ、まだこのホームページを読んでいるんだ?」(早くどこかに行きなさい!)とさえ書いてあります。

しかし、最大で100万ドルの価値が付きました。仮想通貨ならば何でも価格が上昇してきたという例です。

仮想通貨の間で競争が始まる

仮想通貨ならば何でも価格が上昇するという時期は、もう終わったのかもしれません。ビットコイン価格は、2018年1月には100万円を大きく割り込みました。240万円を記録してから、わずか1か月後のことです。

歩調を合わせるかのように、他の仮想通貨の価格も軒並み下落しました。ここからは、本質的価値の乏しい仮想通貨が消え、価値のある仮想通貨が生き残る段階に入っているかもしれません。

ここでの「価値」は、価格のことではありません。

私たちの生活を便利にしてくれる、悪意を持った攻撃から耐える、環境負荷が小さくて済む、といった価値です。

こういった仮想通貨には、一定の価格が付くと予想できます。一方、競争から脱落した仮想通貨は、世の中から忘れ去られるかもしれません。

将来性のある仮想通貨

では、将来性のある仮想通貨は何でしょうか。この問いに対して、特定の仮想通貨名を挙げるのは難しいです。なぜなら、当サイト運営者が将来性のある仮想通貨だと思っても、将来時点で、世の中で実際に価値が認められているかどうか分からないからです。

そこで、将来性を考えるにあっての視点をいくつか考察しましょう。

将来性1:新しい仮想通貨ほど、性能が高い

これは、当然かもしれません。ビットコインが世の中に出てきたのは、2009年です。ビットコインのプログラムは公開情報ですから、誰でも分析可能です。すなわち、改良することもできます。

よって、新しく公開された仮想通貨は、ビットコインよりも高性能な可能性が高いと言えるでしょう。

将来性2:クローン仮想通貨は消えるかもしれない

ただし、新しければ良いというものでもありません。例えば、既にある仮想通貨のクローンのような仮想通貨は、たとえ新しくても消えてなくなるかもしれません。

クローンということは、既にある仮想通貨の機能と全く同じか、違いがあってもわずかだということです。そのようなクローン仮想通貨を敢えて使う理由は乏しいでしょう。既に流通している方を使うほうが簡単です。

将来性3:今までにない機能を備えている

他の仮想通貨に存在しない新しい機能を持っている場合、その仮想通貨は脚光を浴びるかもしれません。すなわち、価格の上昇です。

ただし、その機能が世の中で必要とされなければ、どれだけユニークでも価値は出てこないでしょう。これが難しいところです。

将来性4:環境負荷

ビットコインの場合、マイニングというシステムを採用しています。マイニングは素晴らしい機能ですが、一方で環境負荷が問題視されることがあります。全世界で消費される電力量が膨大になるためです。

仮想通貨が世の中に浸透すればするほど、環境負荷への注目も高まることでしょう。現代社会では、環境負荷を考慮しない経済活動は難しくなっています。

将来性5:コンピュータの機能向上

仮想通貨の機能が向上するのと同様に、コンピュータの機能も日々向上しています。すると、極めて複雑な計算も簡単にこなすコンピュータが一般化する日も近いでしょう。具体的には、量子コンピュータなどです。

極めて複雑な計算が簡単に実行できる場合、マイニングにとっては不都合かもしれません。コンピュータの機能向上に合わせて構造を修正できる体制があるかどうか。これも、仮想通貨の将来性を見るために必要かもしれません。

将来性6:開発チームの営業力

玉石混交の仮想通貨ですから、どれが素晴らしいのかユーザーが判断するのは大変です。そこで、仮想通貨を開発しているチームが「営業」をします。自分たちが作った仮想通貨は、こんな点でこんな風に素晴らしいよ!と世の中に宣伝します。

この営業力も、仮想通貨の流通に影響します。例えば、取引所で売買できるようになるかどうかというのは、その仮想通貨の発展において極めて重要でしょう。そこで、取引所で採用してもらうために、開発チームは営業活動をするでしょう。

将来性7:コミュニティの存在

特定の仮想通貨には、数多くのファンがついています。そのファンの動向を見るのも重要かもしれません。価格上昇を期待する人ばかりが集まっている場合、価格が長期的に下落したり停滞したりすると、その人たちは逃げてしまうかもしれません。

一方、価格変動に関わらず、ファンの活動が活発な場合、消費者向けの企業が目を付けるかもしれません。その仮想通貨で支払ってもいいよ、というサービスを始める可能性があります。

その仮想通貨を使っているファンは喜ぶでしょう。

こうして、利便性が高まり利用者が増えていく場合、直近の価格動向は厳しくても、将来展望は明るいかもしれません。

一点買いしないで、分散しよう

こうしてみると、将来性のある仮想通貨を見つけるのは大変なことだと分かってきます。私たちは超能力者ではありませんから、将来を完璧に予見することはできません。

そこで、将来性のある仮想通貨を持ちたいと思う場合、一つだけ選ぶのではなく、複数選ぶべきです。一般に「分散投資」と言われる方法です。

複数に分散すれば、どれかが正解となる確率が高くなります。

また、仮想通貨の種類の分散に加えて、「買う時期の分散」も効果的です。例えば、いくら分散投資しても、2017年12月にまとめて買っていたら、どの仮想通貨も価格が下落してしまい、残念な状態になってしまいます。

そこで、一気に買わないで、時期をずらしながら少しずつ買うという検討ができます。

アルトコインについて

×
ビットポイントキャンペーン
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類・作り方
ビットコインの保管方法
PC・スマホにウォレットを作る
ビットコイン紛失事例(2件)
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
無料配布詐欺に注意!
ビットコインの送金について
送金のしくみ
公開鍵、秘密鍵、アドレス
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ハードフォークはナゼ起こる?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
ビットフライヤーのスマホアプリ
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
DMM Bitcoinの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
Liquidの特徴
BitTradeの特徴
SBI VCの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
DMM Bitcoin口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
SBI(SBIVC)口座の作り方
BTCボックス口座の作り方
Liquid口座の作り方
仮想通貨取引で有利な銀行口座
仮想通貨のチャート分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し-基本~実践
上値抵抗線・下値支持線
三角保ち合い(ペナント)
bitFlyerの高機能チャート
「相場の見通し」の作り方
フラッシュクラッシュ
DMM Bitcoinの比較チャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
ビットコイン積立【ZAIF】
貸仮想通貨サービス|GMOコイン
信用取引で低リスクな裁量取引
ビットコインを堅実に増やす方法
ビットコインの自動売買~QUOREA
板情報で取引【BITPoint】
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと現物取引の価格差について
FX先物取引とは
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
激変!仮想通貨のシェア【2018年版】
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP