リップルlogo

リップルを売買できる取引所・販売所は多数

この記事の概要

リップル(XRP)は、世界的に人気を集めている仮想通貨です。下は、仮想通貨の時価総額順位です(CoinMarketCapからの引用)。

仮想通貨は数千種類ありますが、リップルは常に上位を確保してきました。いかに人気を集めているかが分かります。

仮想通貨の時価総額順位(2019年9月)

日本でも例外でなく、大きな人気を集めています。そこで、リップルを売買できる取引所・販売所の比較をしましょう。

取引所と販売所の区別については、別記事「ビットコインの販売所、取引所、交換所、交換会社の違い」で解説しています。

違いを簡潔に確認しますと、販売所は、顧客と販売所運営者が直接取引します。取引所は、顧客同士が売買します。よって、取引画面の見栄えも変わってきます。

リップル(XRP)の販売所比較【現物取引】 

リップル(XRP)は、多くの販売所で取引できます。ここでは、主な販売所について比較します。

販売所 XRP/JPY XRP/BTC
ディーカレット(DeCurret)
GMOコイン
DMM Bitcoin
コインチェック(coincheck)
SBIVC

ビットコイン(BTC)でリップル(XRP)を売買できる

XRP/JPYとは、円を使って売買できるという意味です。同様に、XRP/BTCとは、ビットコインを使ってリップルを売買できるという意味です。

仮想通貨を所有している場合、リップルだけ持っているという人は、多数派でないでしょう。

逆に、今までビットコインだけ持っていて、新規でリップルにも参入しようという例はいくらでもあるのでは?と予想できます。

そのような場合に、対BTC取引もできると、利便性が高いです。下の流れを見れば、明らかです。

取引回数が少ない分だけ、スプレッドのコストを回避できます。販売所でリップルとビットコインのやり取りをしたい場合、ディーカレットが候補になります。

ディーカレットなら、円でもビットコインでもリップルを売買できます。

取引手数料とスプレッド

では、販売所でリップル(XRP)を売買する際の、コストについて比較しましょう。具体的には、取引手数料とスプレッドです。

販売所 取引手数料
ディーカレット(DeCurret) 無料
GMOコイン 無料
DMM Bitcoin無料
コインチェック(coincheck) 無料
SBIVC 無料

リップル(XRP)の手数料は、5社とも全て無料という結果でした。では、各社はどうやって収入を得ているのか?ですが、スプレッドが収益の源泉です。

スプレッドとは、買値と売値の差額です。この差額の中に、実質的な手数料が含まれています。

下の表は、2019年9月15日15時50分ごろの価格です。各取引所のスプレッドは固定ではありませんので、参考値としてご覧ください。

販売所 売値 買値 スプレッド
ディーカレット(DeCurret) 29.1円 27.7円 1.4円
GMOコイン 29.871円 27.071円 2.8円
DMM Bitcoin29.291円 27.722円 1.569円
コインチェック(coincheck) 29.522円 27.485円 2.037円
SBIVC 28.7円 28.3円 0.4円

上の表の見方ですが、「売値」の価格で買うことができます。「買値」の価格で売ることができます。そして、売値と買値の差額が、スプレッドです。

スプレッドの中に、実質的な売買手数料が含まれます。すなわち、スプレッドは狭い方が良いです。コストの面から考えると、SBIVCが最有力です。

リップル(XRP)の販売所比較【レバレッジ取引】

次に、販売所のレバレッジ取引を比較しましょう。

販売所でリップル(XRP)を取引する場合、レバレッジ取引を使う方が多いと予想できます。といいますのは、レバレッジ取引は、現物取引よりも狭いスプレッドで、資金効率が良い取引ができるからです。

そこで、レバレッジ取引について比較しましょう。

販売所 XRP/JPY XRP/BTC
ディーカレット(DeCurret)
GMOコイン
DMM Bitcoin
コインチェック(coincheck) (サービス休止中)
SBIVC サービスなし

DMM Bitcoinなら対BTC取引(XRP/BTC)も可能

ここでの大きな特徴は、DMM Bitcoinを使うと、対BTC取引(XRP/BTC)でもレバレッジ取引ができる点です。

XRP/JPYの値動きが思わしくない場合、XRP/BTCでも取引を狙えるのが、DMM Bitcoinのメリットです。DMM Bitcoinは、10以上の通貨ペアで売買可能であり、国内最高水準なのが強みです。

なお、コインチェックは、2019年9月時点でレバレッジ取引を休止中です。

取引手数料とスプレッド

次に、レバレッジ取引の取引手数料とスプレッドを比較しましょう。

販売所 取引手数料
ディーカレット(DeCurret) 無料
GMOコイン 無料
DMM Bitcoin無料
コインチェック(coincheck) 無料
SBIVC 無料

現物取引と同じく、取引手数料は全て無料となりました。そこで、リップル(XRP)のスプレッドを比較しましょう。

下の表は、2019年9月15日11時頃のものです。各取引所のスプレッドは固定ではありませんので、参考値としてご覧ください。

販売所 売値 買値 スプレッド
ディーカレット(DeCurret) 28.300円 28.462円 0.162円
GMOコイン 28.343円 28.403円 0.060円
DMM Bitcoin28.238円 28.522円 0.284円
コインチェック(coincheck) (レバレッジ取引を休止中)

レバレッジ取引のスプレッドは現物の1/10

スプレッドは、現物取引と大きく異なることが分かります。ざっくりとみて、10分の1くらいというイメージです。

レバレッジ取引は、基本的に短期勝負です。そこで、スプレッドが広いと、利食いが難しくなります。各販売所の競争もあり、これほどまでにスプレッドが狭くなっているのでしょう。

レバレッジ手数料

レバレッジ取引に特有なコストが、レバレッジ手数料です。

これは、特定の時刻にポジションを持っている場合、ポジション保有高に比例して手数料が必要になるシステムです。

リップル(XRP)のレバレッジ手数料は、以下の通りです。

販売所 買い 売り 発生時刻
ディーカレット(DeCurret) 0.04% 0.04% 23:55
GMOコイン 0.04% 0.04% 06:00
DMM Bitcoin0.04% 0.04% 07:00
コインチェック(coincheck) 0.05% 0.04%

もう少し詳しく

この表の読み方ですが、例えば、リップルを100万円分買って持っているとします。すると、毎日400円(0.04%の場合)のコストが発生するという意味です。

概ね、どの販売所も同じくらいです。コインチェックが少し高いです。

また、表に「発生時刻」があります。この時刻にポジションを持っていると、レバレッジ手数料が発生します。

逆に言えば、この時刻にポジションを持っていなければ、どれだけでも無料で取引できます。

また、ポジションを持っているだけで、これだけのコストがかかります。1日や2日では大した金額にはなりません。しかし、長期間になると負担が重くなります。

よって、レバレッジ取引は短期勝負となります。

以上、リップル(XRP)販売所の比較をしました。次に、取引所の比較をしましょう。そして最後に、全体の比較をします。

リップル(XRP)の取引所比較【現物取引】

取引所の比較に移ります。販売所と取引所の違いを簡潔に確認しますと、以下の通りです。

すなわち、取引所の場合、スプレッドは常に変動します。そして、顧客が活発に取引しますと、スプレッドが極めて狭くなります。

これが、取引所のメリットです。

リップル(XRP)を現物で売買できる主な取引所は、以下の通りです。

取引所 XRP/JPY XRP/BTC
GMOコイン
ビットバンク(bitbank)
SBIVC

今回比較している中では、リップル(XRP)を現物で売買できる取引所は、3社しかありません。GMOコイン、ビットバンク(bitbank)そしてSBIVCです。この3取引所のうち、取引が活発なのはビットバンク(bitbank)です。

リップル取引所の売買高ランキング

下の画像は、リップルの取引高をランキングしたものです(XRP Chartsから引用)。右下の赤枠が、ビットバンク(bitbank)です。全世界の取引所売買高ランキングで8位にあります。

リップル(XRP)取引所売買高ランキング

取引高が多いと、大きな数量でも売買したいときに取引できるようになります。また、スプレッドも狭くなります。

リップルの現物取引をしたい場合は、ビットバンク(bitbank)が最有力と言えそうです。

リップル(XRP)の取引所比較【レバレッジ取引】

取引所でリップル(XRP)のレバレッジ取引ができるのは、以下の通りです。

取引所 XRP/JPY XRP/BTC
GMOコイン
ビットバンク(bitbank) サービスなし
SBIVC サービスなし

今回比較している取引所中では、リップル(XRP)のレバレッジ取引ができるのは、GMOコインが唯一です。唯一ということは、業者間の競争がありません。すなわち、手数料等を高くすることもできますが、GMOコインは高くしていません。

販売所の取引と同じ料金体系を採用しています。

また、スプレッドを見ますと、販売所よりも狭く推移しています。下の画像では、スプレッドは0.085円です。

リップルの板情報(GMOコイン取引所)

スプレッドは時とともに変化しますが、概ねいつでも狭いです。すなわち、レバレッジ取引をするなら、GMOコインの取引所が有利だと言えそうです。

まとめ:どこでリップル(XRP)を売買するのがお得か

以上、販売所と取引所に分けて、リップルの取引条件を比較しました。その結果、どこで取引するのが価格面で最も有利なのか?が見えてきました。

日本円で現物取引する場合

bitbankロゴ

リップルの現物を円で売買するなら、ビットバンク(bitbank)が優勢です。世界の取引高ランキングでトップ10に入る盛況ぶりです。膨大な流動性があり、ストレスなく取引できると期待できます。

ビットコインで現物取引する場合

DeCurretロゴ

リップルの現物をビットコインで売買するなら、ディーカレットが優勢です。円を経由しない取引で、効率性を高められます。

日本円でレバレッジ取引する場合

GMOコインロゴ

円でレバレッジ取引するなら、GMOコインが優勢です。取引所と販売所の両方で取引できるうえに、レバレッジがとても狭いです。

ビットコインでレバレッジ取引する場合

DMM Bitcoinロゴ

ビットコインでレバレッジ取引するなら、DMM Bitcoinが優勢です。独自サービスで、他社との差別化がはっきりしています。

取引パターンは4つありますが、すべてで異なる業者が出てきました。自分が取引したいのは、どのパターンの取引なのか?を考えながら選択することになります。

リップル(ripple)について

×
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類・作り方
ビットコインの保管方法
PC・スマホにウォレットを作る
ビットコイン紛失事例(2件)
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコインの購入方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
無料配布詐欺に注意!
ビットコインの送金について
送金のしくみ
公開鍵、秘密鍵、アドレス
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ハードフォークはナゼ起こる?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
ビットフライヤーのスマホアプリ
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
coincheckの特徴
DMM Bitcoinの特徴
bitbankの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
DeCurretの特徴
Liquidの特徴
SBI VCの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
ビットコインのスプレッドとは
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
DMM Bitcoin口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
bitbank口座の作り方
coincheck口座の作り方
DeCurret口座の作り方
Liquid口座の作り方
BTCボックス口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitFlyer口座の作り方
仮想通貨取引で有利な銀行口座
仮想通貨のチャート分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し-基本~実践
上値抵抗線・下値支持線
三角保ち合い(ペナント)
bitFlyerの高機能チャート
「相場の見通し」の作り方
フラッシュクラッシュ
DMM Bitcoinの比較チャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
貸仮想通貨サービス|GMOコイン
仮想通貨を貸付して利息をもらう
信用取引で低リスクな裁量取引
ビットコインを堅実に増やす方法
ビットコインの自動売買~QUOREA
板情報で取引【BITPoint】
ビットコインのスキャルピング手法
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと現物取引の価格差について
FX先物取引とは
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
激変!仮想通貨のシェア【2018年版】
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
coincheckでんき
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP