アルトコインの将来性について

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨全般を指します。その数はどんどん増えており、一般に知られていないものを含めると1,000を超えているかもしれません。これだけ種類があると、将来の大幅値上がりを期待して買おうと思っても選択が大変です。

アルトコインの種類

そこで、アルトコインの種類がどうしてこんなに増え続けているのか、将来、アルトコインの技術が社会に対してどのような価値を与えていくかについて考えてみましょう。投資対象として検討する理由が見えてくるかもしれません。

アルトコインの種類が多い理由

では、なぜアルトコインはこんなに種類があるのでしょうか。アルトコインを開発する人ごとに、開発理由は異なるでしょう。そこで、1つに絞ることはできないですが、予想してみましょう。

理由1:儲かりそう

「儲かりそう」というのは、極めて大きな理由だと思います。ビットコインが世の中に出たのは2009年です。当時、ほとんどの人はビットコインを知りませんでした。すなわち、価格は0円です。

それが、4年~5年後には1BTC価格は余裕で10万円を超えています。下のチャートは【coinmarketcap.com】からの引用です(単位は米ドル)。ビットコイン価格が急上昇した様子が分かります。

ビットコインチャート(2009年~)

よって、人気が出る仮想通貨(アルトコイン)を作り、あらかじめ自分の手元に置いておけば、数年で億万長者になることが可能かもしれません。

「技術と営業力(アルトコインを一般に広める能力)さえあれば、数年後に億万長者になれるかも?」というのは、魅力いっぱいでしょう。しかも、アルトコインを作るにはプログラミング能力が必要です。一般の人にはあまりに難しいです。

理由2:ビットコインのプログラムは全て公開されている

さて、プログラマーがアルトコインを作ろうと思っても、完全にゼロから始めるとすれば、かなり困難でしょう。何をどうして良いのかさっぱり分からないので、文字通り試行錯誤をしなければならないからです。

しかし、幸運なことに、ビットコインのプログラムは全て公開されています。また、思想となる論文も公開されています。

すなわち、論文を読んでプログラムを見れば、どのような作りになっているのか分かります。これからアルトコインを作ろうという人にとっては、これは大きな材料です。

初期段階の試行錯誤を全て飛ばして、新たなアルトコインを開発できます。

このメリットを最大限に生かし、最初に作られたアルトコインはライトコイン(Litecoin)です。ビットコインと全く同じでは存在価値がないかもしれませんが、ライトコインは当時のビットコインでユーザーから出ていた不満を改善する措置をとっています。

なお、ライトコインを参考にして作られたのが、日本発の仮想通貨である【モナコイン(monacoin)】です。

こうして、あるアルトコインの開発が別のアルトコイン開発を誘発し、次第に高性能・高機能な仕組みが作られていきます。

理由3:社会に新しい価値を提供できるかも?

ビットコインは”どの国にも管理されていないお金”という側面に焦点が当たっています。しかし、仮想通貨をお金の面だけに留めておくのはもったいない!と考えるプログラマーは多数いることでしょう。

そこで、様々な分野に応用すべく、ブロックチェーン技術が開発されています。

一般ユーザーから見れば、価格の推移が気になります。そこで、どうしてもアルトコインの資産価値について重視してしまいがちですが、アルトコインの種類によっては、実に様々なことができます。

突き詰めて考えると、登記所の多くの仕事や、市区町村役場の一定の仕事を不要にできるでしょう。それくらいインパクトのあることが可能です。

プログラマーとしては、実にワクワクする挑戦だろうと思います。今まで誰もできなかったことが、今、自分達の開発によって実現可能になろうとしているからです。この純粋な知的好奇心も、開発に拍車をかけていることでしょう。

既存社会の仕組みを壊すきっかけになるか

以上のとおり、ブロックチェーン及びその周辺の開発がすさまじい速度で進展すると、今まであった仕事はどんどんなくなる可能性があります。

先に挙げた市区町村の仕事(特に住民管理関係)は、多くの人員を要しなくなります。

また、クレジットカードを使う場合、販売店側はクレジットカード会社に売上の数%の手数料を支払う必要があります。これがとても大きな負担です。また、個人情報が流出してクレジットカード情報も漏れてしまうと、大変なことになります。

しかし、仮想通貨の発展により、クレジットカードよりも手数料が圧倒的に安く、信頼度も高く、かつ流出にも極めて強いアルトコインが開発されるかもしれません。

こうなると、従来の社会の仕組みが大きく変わる可能性があります。そこでは、今までの仕事を失いたくない人々との摩擦が起きると予想できます。しかし、仮想通貨開発の流れを止めることはできないでしょう。

常に新しいことに好奇心を持ち、自分の仕事がブロックチェーン技術に置き換わってしまっても、世の中で生きていける技術を身に着けること。これが、安定した生活、発展的な生活を送るために必要な事かもしれません。

以上のように、将来性に期待が持たれているアルトコインですが、投資を検討する場合どのような方法があるでしょう?次のページで投資方針(案)や注意点を考えてみましょう。

アルトコインについて

×
BitcoinCash公開トレード
BCCの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
PC・スマホにウォレットを作る
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
ビットコインの送金について
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
最も安心・安全な取引所
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
coincheck貸仮想通貨サービス
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
coincheckの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
QUOINEXの特徴
Krakenの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
QUOINEX口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
リアルタイムチャート
仮想通貨のトレード方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
ビットコインを堅実に増やす方法
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP
メリット・デメリット
FXと仮想通貨の融合トレード
×