ビットコイン口座の比較 PC版イメージ ビットコイン口座の比較 スマホ版イメージ
この記事の概要
bitbankロゴ

bitbankは、どちらかといえば地味な印象かもしれません。派手に宣伝するわけでもなく、芸能人を起用しているわけでもありません。

しかし、知る人ぞ知る、極めて優秀な取引所です。bitbankの実績を見れば明らかです。そこで、bitbankがどのように素晴らしいのか、確認しましょう。

bitbankのスマホアプリの評価が圧倒的1位

最初に、スマホアプリの評判を見ましょう。Google Playには、ユーザーによる口コミ評価制度があります。その点数を使って、他社と比較します(2019年9月15日時点の評価)。

下の通り、bitbankの評価は4.4です。5点満点ですから、極めて高い評価です。

スマホアプリ人気1位ビットバンク

他の主要取引所・販売所の評価と比較しますと、bitbankがいかに高得点なのかが分かります。

順位 取引業者名 評価(点)
1位 bitbank 4.4
2位 DMM Bitcoin 3.4
3位 ディーカレット 3.3
4位 GMOコイン 3.2
5位 コインチェック 3.0
6位 ビットフライヤー 2.7
6位 Liquid by QUOINE 2.7

1位のbitbankが4.4点、2位のDMM Bitcoinが3.4点ですから、ぶっちぎりの1位という表現でOKでしょう。

ユーザーが付けた得点分布を見ても、ほとんどが5点です。今使っているスマホアプリに少しでも不満な点がある場合、bitbankを試す価値があります。それくらいに高得点です。

口コミを見ると、他社の場合、ログインの時点でトラブルになる例が少なくないようです。入り口でトラブルになると、評価は低くならざるを得ません。

しかし、bitbankの口コミを見ますと、そのような苦情コメントを探すのが大変難しいです。良いコメントが圧倒的です。bitbankのアプリを試す価値がありそうです。

ビットバンクはモナコイン取引の世界シェアが圧倒的1位

どの取引所・販売所でも、ビットコインを取引できます。そして、イーサリアムなど、主要なアルトコインも売買できます。

取引可能な仮想通貨という意味では、各取引所は特色を出すことが難しいです。特色を出せないなら、数多くの取引所の中に埋もれてしまうかもしれません。

では、bitbankで取引可能な仮想通貨の特徴は何か?と言えば、モナコインの売買ができることです。しかも、取引高の世界シェアが圧倒的1位です。

下のグラフは、2019年9月時点の、全世界のモナコイン取引のシェアを示したものです(Monacoin Chartsから引用)。

モナコイン24時間取引比率グラフ(2019年9月)

bitbankでは、モナコイン/円(MONA/JPY)とモナコイン/ビットコイン(MONA/BTC)の2種類で売買できます(モナコイン/円とは、円を使ってモナコインを売買するという意味です)。

モナコイン/円の世界シェアは、85.6%にもなります。

上のグラフは、直近24時間の売買高シェアです。よって、時間とともに変化します。しかし、世界で圧倒的なシェアを占め続けていることに変わりありません。

すなわち、モナコインが欲しければ、bitbankで取引すれば良いということになります。

モナコインを売買したい人は、bitbankに集まります。すなわち、さらに売買が活発(=流動性が大きい)になり、スプレッドも狭くなります。取引するのに好都合です。

なお、ビットバンク(bitbank)がモナコインの売買に向いていることを、別記事「モナコイン取引所のおすすめ4社を比較」でご案内しています。

ビットバンクは売買手数料がマイナス

bitbankの大きな特徴の一つに、「売買手数料がマイナス」というのがあります。下の表は売買手数料です。

なお、bitbankでは、ビットコインキャッシュを【BCC】と表記しています。

  メイカー テイカー
BTC/JPY -0.02% 0.12%
XRP/JPY
LTC/JPY
ETH/BTC
MONA/JPY
MONA/BTC
BCC/JPY
BCC/BTC

すなわち、メイカーとして取引すると、取引金額の0.02%をもらうことができます。

モナコインを100円で買って100円で売る場合、通常なら資産は全く増えません。売買手数料の分だけ、損します。

しかし、bitbankなら手数料をもらえるので、このような取引でも資産は増えます。

メイカーとテイカー

ここで、メイカーとテイカーについて確認しましょう。下は、bitbankの取引板です(見やすいように加工しています)。

bitbankの取引板

ビットコインをいくらで、どの数量だけ買いたい・売りたいという情報が、たくさん並んでいます。

例えば、上の画面の赤枠部分の意味は、「1BTCあたり1,114,001円で、1.4106BTCのビットコインを買いたい」です。これは、顧客が出した注文です。

このように、自分の注文を外部に公表するのがメイカーです。

そして、メイカーの注文を見て、「いいよ、では売ってあげる」という感じで取引するのがテイカーです。

メイカーとテイカーの両方がいて、売買が成立します。しかし、メイカーの重要性が高いことが分かります。メイカーが存在して初めて、テイカーは行動できるからです。

そこで、メイカーに対する手数料を優遇しています。

手数料が欲しい人は、bitbankに集合するという仕組みです。そして、分厚くなった発注状況を見て、テイカーは思う存分取引ができます。

入出金手数料

入金手数料 出金手数料
日本円 無料 540円/756円(3万円以上)
BTC 無料 0.001BTC
LTC 無料 0.001LTC
XRP 無料 0.15XRP
ETH 無料 0.005ETH
MONA 無料 0.001MONA
BCC 無料 0.001BCC

ビットバンクのビットコイン貸付サービス

ビットバンクで仮想通貨を貸す

ビットコインを所有していると、不満な点があるかもしれません。それは、所有しているだけでは数量が全く増えないということです。

ビットコインを所有する場合、価格の上昇を待ちます。期待する価格まで上昇したら、売却です。

この状況を変えるサービスが、bitbankにあります。

ビットコインを貸して資産を増やす

自分が持っているビットコインをbitbankに貸して、利用料として最大で年率5%のビットコインをもらうことができます。

ビットコインをbitbankに貸している間は、ビットコインは自分の手元にありません。よって、売却したり送金したりできません。しかし、bitbankに貸す見返りに、下表の手数料を得られます。

申込数量と利用料率(税込)/年
申込数量 利用料率
1≦申込数量<5 3%
5≦申込数量<10 4%
10≦申込数量 5%

最終的には、bitbankで取り扱っているすべての仮想通貨で、このサービスが使えるようになる予定です。

(bitbankの取扱通貨:ビットコイン、リップル、ライトコイン、イーサリアム、モナコイン、ビットコインキャッシュ)

ビットコインを長期保有していて、しばらく売却予定等がない場合、bitbankに貸すのが有力な選択肢でしょう。

ビットバンクの取引可能な通貨ペアに特色あり

bitbankで取引可能な通貨ペアは、以下の通りです。

モナコインに強いというのは、先ほど確認しました。その他、ビットコインで売買できる通貨ペアが多いことが分かります。

ライトコインとイーサリアムについては、ビットコインだけで売買します(円で売買できません)。

一般的な他の取引所では、円で売買できるけれどビットコインではできない、という例が多いでしょう。このあたりに、bitbankの独自路線を見出すことができます。

ライトコイン/ビットコイン(LTC/BTC)のトレード例

ここで、bitbankで取引できる通貨ペアの一つ、ライトコイン/ビットコイン(LTC/BTC)のトレード例をご案内しましょう。

一般的に、仮想通貨で資産増加を狙う場合、「買って、値上がりを待つ」が基本です。しかし、この方法は意外に難しいです。

結局、トレードできずに終わったり、損してしまったりしがちです。では、あらかじめ底値と高値の目途が分かっていたらどうでしょう?

下のチャートは、週足です。一定の価格まで上昇したら、下落しやすい値動きでした。同様に、一定レベルまで下落したら、反転上昇しやすい値動きでした。すなわち、値動きがレンジになっています。

これを狙います。

LTC/BTC週足チャート

ただし、今後も同様の値動きをするかどうか、それは分かりません。そこで、週足チャートの動きを待ちます。

週足チャートが、下値目途の位置から上昇に転じたら、日足や1時間足などで、上昇を狙って取引します。すなわち、LTC/BTCの買いです。BTCを売ってLTCを保有します。

逆に、週足チャートが上値目途から下落に転じたら、日足や1時間足などで、下落を狙って取引します。LTC/BTCの売りですので、LTCを売ってBTCを保有します。

上昇しか狙えないというトレードに比べると、柔軟性や発展性が高いトレードができます。bitbankならではのトレードだと言えるでしょう。

ビットバンクは高レベルのセキュリティ

最後に、セキュリティを確認しましょう。

仮想通貨の世界では、取引所・販売所を巡るトラブルがいくつも発生してきました。具体的には、大規模な仮想通貨盗難や、大きなシステムトラブルなどです。

しかし、少なくとも筆者が知る限り、bitbankにはそのような大規模なトラブルが発生していません。

それは、顧客の信頼につながります。この信頼が、冒頭でご案内しましたスマホアプリの高評価につながっている可能性があります。

bitbankでは、顧客資産の仮想通貨を、全てコールドウォレットで保管しています。

コールドウォレットとは、インターネットから隔離されたウォレットのことです。すなわち、インターネット経由の攻撃に対して、抜群の防御力を誇ります。

コールドウォレットの適用状況

仮想通貨の種類 対応 未対応
ビットコイン
ライトコイン
リップル
モナコイン
ビットコインキャッシュ
イーサリアム

その他、仮想通貨を簡単に外部に送信できない仕組みを採用しています。他社も同様の対策を取っているでしょうが、bitbankは、今までの実績があります。

今後も、顧客の信頼を集め続けることでしょう。

ビットバンク(bitbank)まとめ

以上、bitbankをご紹介しました。

bitbankは、メリットが数多くあることが分かります。多くの方にとって、使い勝手の良い取引所です。

各ビットコイン取引所・販売所の特徴・比較

×
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類・作り方
ビットコインの保管方法
PC・スマホにウォレットを作る
ビットコイン紛失事例(2件)
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコインの購入方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
無料配布詐欺に注意!
ビットコインの送金について
送金のしくみ
公開鍵、秘密鍵、アドレス
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ハードフォークはナゼ起こる?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
ビットフライヤーのスマホアプリ
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
Coincheckの特徴
DMM Bitcoinの特徴
bitbankの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
DeCurretの特徴
Liquidの特徴
SBI VCの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
ビットコインのスプレッドとは
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
DMM Bitcoin口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
bitbank口座の作り方
Coincheck口座の作り方
DeCurret口座の作り方
Liquid口座の作り方
BTCボックス口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitFlyer口座の作り方
仮想通貨取引で有利な銀行口座
仮想通貨のチャート分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し-基本~実践
上値抵抗線・下値支持線
三角保ち合い(ペナント)
bitFlyerの高機能チャート
「相場の見通し」の作り方
フラッシュクラッシュ
DMM Bitcoinの比較チャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
貸仮想通貨サービス|GMOコイン
仮想通貨を貸付して利息をもらう
信用取引で低リスクな裁量取引
ビットコインを堅実に増やす方法
ビットコインの自動売買~QUOREA
板情報で取引【BITPoint】
ビットコインのスキャルピング手法
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと現物取引の価格差について
FX先物取引とは
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
激変!仮想通貨のシェア【2018年版】
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
Coincheckでんき
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP