ビットコイン口座の比較 PC版イメージ ビットコイン口座の比較 スマホ版イメージ

レバレッジ取引(BTCFX)について

bitbank Tradeロゴ

bitbankTrade(ビットバンクトレード)の最大の特徴は、レバレッジ取引(BTCFX)にあります。なぜなら、ビットバンクトレードでは現物取引ができず、完全にレバレッジ取引に特化しているからです。

特化しているだけあって、他の取引所にはないレアな特徴を備えています。そこで、BTCFXの特徴を確認してきましょう。

なお、「自分は現物で買って保有したいんだけど」という場合は、ビットバンク(bitbank.cc)で取引しましょう。手数料がマイナスですから、取引するたびに収入が増えます。

スワップポイント(金利)支払いが不要!

bitbankTrade(ビットバンクトレード)のレバレッジ取引「BTCFX」を使うと、他の取引所と同様にレバレッジを利かせた取引ができます。そこで心配なのが、スワップポイント(金利)です。

一般的には、取引を開始してから時間が経過すると、定期的に金利を支払う必要があります。取引開始後、4時間に1回という取引所もあれば、1日に1回という取引所もあります。いずれも、安い金利ではありません。

しかし、bitbankTradeの場合は違います。金利支払いは不要です。

これは、他の取引所と異なり、BTCFXは先物という制度を採用しているためです。他の取引所と異なる先物の仕組みにつきましては、別記事「レバレッジ取引(FX、先物、信用)の条件比較」でご確認ください。

取引が分かりやすい

下の画像をご覧ください。板情報で、bitbankTradeからの引用です。ここに、極めて特徴的な点が2つあります。

bitbankTradeの板情報

特徴1:買い数量、売り数量ともに分かりやすい

他の取引所の場合、ビットコインそのものを取引します。このため、例えば売り数量が「1.0053204」といった感じで表示されてしまい、数字が分かりづらいです。

一方、bitbankTrade(ビットバンクトレード)のBTCFXでは、「枚」という単位を使います。

1枚は常に100米ドルです。すなわち、「100米ドル分のビットコインをどれだけ売買する?」という取引です。このため、上の板情報の通り、買い数量も売り数量も整数が並んでいます(上の画像で、赤の四角部分)。とても分かりやすいです。

しかも、買いや売りの数量を棒グラフで同時に示してくれます。これだと、数字を見て考えなくても、直感的な売買が可能になります。その分だけ短い時間での売買判断が可能になります。

特徴2:取引が活発である

bitbankTradeのBTCFXは、とても取引が活発です。すなわち、買いたいときに買えて、売りたいときに売れます。これはとても重要な特徴です。取引があまり活発でない取引所で取引しますと、売り注文が少なくて十分に買えない!という事態が起こるかもしれません。

では、なぜBTCFXの取引は活発なのでしょうか。

それは、bitbankTradeで口座を開設すると、OKCoinで取引することになるからです。つまり、bitabankTradeはOKCoinの窓口の役割を果たしています。

先物取引には限月(げんげつ)がある

bitbankTrade(ビットバンクトレード)のレバレッジ取引は先物ですが、先物には限月(げんげつ)と呼ばれる仕組みがあります。下の画像をご覧ください。赤枠で囲った部分が限月です。

bitbankTradeの限月表示

枠の中を見ますと、3つの項目があります。

「BTCFX」というのは、レバレッジ取引であることを示しています。その後ろの4桁の数字ですが、日付を示しています。0504は5月4日、0511は5月11日です。

例えば、0504のタブを選択し、そこで取引を開始すると、5月4日(金)17:00に取引が終了する先物で取引することになります。その時刻の前に反対売買するなどして決済するか、期限までそのまま保有して「清算値」と呼ばれる数字を使って決済します。

なお、期限まで保有する場合は、限月到来時にシステムが自動で決済してくれますので、改めて売買注文を入力する必要はありません。

「今取引を開始したら、限月までに価格は上昇するだろう」と思えば、買って放置すればOKです。決済は全く気にしなくても、システムが自動で手続きしてくれます。これは、メリットが大きいです。

さらに、自動で決済してくれますから、「含み損になっても、決済したくなくてポジションをずっと持ってしまう」という、いわゆる「塩漬け」の失敗を回避できます。取引をしている間の金利支払いも不要ですし、使い方によっては、かなり強力な取引ツールとなるでしょう。

追証不要

レバレッジ取引の場合、最低限必要な証拠金額を確保したうえで売買します。含み損が広がって証拠金が不足する場合、追加入金して不足を解消しなければならないのが一般的です。これを追証(おいしょう)と言います。

しかし、ビットバンクトレードでは、この追証制度がありません。追加入金不要です。

また、損失額が大きくなりすぎて、口座残高以上に損したとしましょう。この場合、損したうえに借金まで背負うのが一般的です。しかし、ビットバンクトレードでは、口座残高以上に損した分については、支払い不要です。

というのは、ユーザーが利食いした際に、利食い額の0.2%相当額をビットバンクトレードが預かって積み立てます。誰かが口座残高以上に損を出した場合、その積立額から充当するという仕組みです。

だからといって、無茶な取引をしてよいというわけではありませんが、心理的に楽になるでしょう。

bitbankTrade(ビットバンクトレード)口座の作り方

ビットバンクトレードの口座開設方法を確認しましょう。その前に、bitbankTradeのアカウントクラスを確認する必要があるでしょう。

アカウントクラス 本人確認前 本人確認後
取引上限/日 無制限 無制限
入金上限/日 無制限 無制限
出金上限/日 50BTC 500BTC

「本人確認前」と「本人確認後」の違いは、1日あたりの出金上限です。1日あたりの出金が10万円以内に抑えられるのは、少々不便です。そこで、「本人確認後」アカウントを作っておくと良いでしょう。

「本人確認前」のアカウントクラスで口座を作る場合

1.下のリンクをクリックしてbitbankTrade(ビットバンクトレード)のホームページに移動します。

2.下の画面が出てきますので、任意のメールアドレスとパスワードを入力してください。パスワードは適当な文字列で構いませんが、忘れないように気を付けましょう。

bitbankTradeの招待コード

「本人確認後」のアカウントクラスで口座を作る場合

最初に、上の「「本人確認前」のアカウントクラスで口座を作る場合」と同じ方法でbitbankTrade(ビットバンクトレード)の口座を開設します。

そして、ビットバンクは、bitbankTradeのほかにbitbank.ccという取引所も運営しています。Bitbank.ccで本人確認すれば、簡単にbitbankTradeの本人確認も終了するという仕組みです。

別記事「bitbank.ccの口座開設方法はこれを読めばわかる!」にて、bitbank.ccの口座開設とbitbankTradeの本人確認方法(アカウント連携)を解説しています。ぜひご覧ください。

Bitbank.ccでは、ビットコイン、イーサリアムとライトコインの現物取引ができます。

次頁では、ビットコインを取引すると手数料を「もらえる」Zaif(ザイフ)口座を紹介します。

各ビットコイン取引所・販売所の特徴・比較

×
ビットポイントトレード手法
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類・作り方
ビットコインの保管方法
PC・スマホにウォレットを作る
ビットコイン紛失事例(2件)
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
無料配布詐欺に注意!
ビットコインの送金について
送金のしくみ
公開鍵、秘密鍵、アドレス
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ハードフォークはナゼ起こる?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
ビットフライヤーのスマホアプリ
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
DMM Bitcoinの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
Liquidの特徴
BitTradeの特徴
SBI VCの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
DMM Bitcoin口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
SBI(SBIVC)口座の作り方
BTCボックス口座の作り方
Liquid口座の作り方
仮想通貨取引で有利な銀行口座
仮想通貨のチャート分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し-基本~実践
上値抵抗線・下値支持線
三角保ち合い(ペナント)
bitFlyerの高機能チャート
「相場の見通し」の作り方
フラッシュクラッシュ
DMM Bitcoinの比較チャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
貸仮想通貨サービス|GMOコイン
信用取引で低リスクな裁量取引
ビットコインを堅実に増やす方法
ビットコインの自動売買~QUOREA
板情報で取引【BITPoint】
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと現物取引の価格差について
FX先物取引とは
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
激変!仮想通貨のシェア【2018年版】
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP