ビットコイン口座の比較 PC版イメージ ビットコイン口座の比較 スマホ版イメージ

上場企業が運営する取引所

ビットコインを始めとする仮想通貨は、新しい事業分野です。よって、新規にサービスを始める取引所の信頼度に関し、不安を持つ方がいらっしゃるかもしれません。この点、ビットポイント(BITPoint)は上場企業が運営するサービスですから、信頼度が高いです。

BITPointロゴ

もちろん、上場企業だから絶対安心だというわけではありません。しかし、上場企業は情報公開のレベルが高く、常に投資家の厳しい監視を受けています。よって、私たちユーザーから見て安心感につながります。

現物取引の売買手数料が無料

ビットポイントでは、ビットコインとイーサリアムの現物を取引できます。その取引手数料が無料です。どの取引所で買っても同じ仮想通貨を買えますので、手数料は無料の方がいいです。

ビットコインを売って、外貨で保有できる

ビットコインを持っているとして、それを売るとき、円だけでなく米ドルやユーロでも受取可能です。ただし、外貨で入出金できません。入出金は円だけです。では、ビットコインを売って外貨を持つメリットには、何があるでしょうか。

メリット:為替レート変動

例えば、現在の米ドル/円(USD/JPY)は円高であり、将来は大幅に米ドルが強くなる(円安になる)と予想したとしましょう。そして、手持ちのビットコインを売りたいとします。この場合、ビットコインを売って米ドルで保有するのが合理的かもしれません。

というのは、将来再びビットコインを買うとき、円よりも価値が上昇した米ドルで買うほうが、より多くのビットコインを買えるだろうからです。あるいは、円に換えれば利益となります。

これが成功するかどうかは、相場予測次第となりますが、検討する価値があるでしょう。

2種類のレバレッジ取引ができる

ビットポイントでは、レバレッジ取引について2種類のサービスを展開しています。すなわち、「レバレッジ取引」と「ビットポイントFX取引」です。この2つは何が同じで、何が異なるでしょうか。

数多くの類似点と相違点がありますので、主なものをご案内します。

類似点:レバレッジを利かせられる

レバレッジを使った取引ができます。レバレッジを利かせるとは自己資金よりも大きな取引ができるということです。成功する場合もそうでない場合も、手元資金の割に大きな結果となり得ますので、資金管理が重要になります。

なお、レバレッジ取引の詳細につきましては、別記事「ビットコインでFX(証拠金取引)はできるのか?」でご確認ください。FXを例にして解説しています。

次に、相違点を2つ確認しましょう。

相違点1:取引のツール

「レバレッジ取引」と「ビットポイントFX取引」では、使用するツールが異なります。レバレッジ取引は、ビットポイントが作ったツールで取引します。一方、FX取引では、「MT4」を使います。

MT4とは、外国為替証拠金取引(FX)において、世界中で使用されている自動売買ツールです。自動売買ツールですが、裁量取引(自分で価格の上下動を考えて取引する方法)もできます。

ビットポイントMT4

MT4を使えば、こんなことができます。

自動売買プログラム(EA)を作るのは大変ですが、FXの世界で蓄積されたEAが数多くあります。その中から、ビットコインに適したものを探して取引すれば、プログラムが自動売買を繰り返してくれます。

ビットコインに適したEAを探すには、バックテストをします。バックテストは、MT4に標準装備された機能です。

相違点2:取引の相手方

そして、「レバレッジ取引」と「ビットポイントFX取引」では、取引の相手方が異なります。

取引所とは取引の場所を提供するところであり、そこで売買するのは顧客です。ビットポイントのレバレッジ取引も同様ですが、FX取引の場合は、取引の相手方が異なります。

すると、FX取引の場合、顧客が勝てばビットポイント運営会社が損をしてしまいます。これでは事業を継続できません。そこで、一般的に「カバー取引」をすることによって、業者が損失を被ることを回避するとともに、業者と顧客の利益相反を回避しています。

カバー取引につきましては、別記事「ビットコインのレバレッジ取引とは」の用語をご覧ください。

この2つの取引サービスを提供することにより、どちらかの取引が活発でないときでも、もう一方のサービスを利用してもらうことにより、顧客が不自由なく取引できるようになっています。

各ビットコイン取引所・販売所の特徴・比較

×
BitcoinCash公開トレード
BCCの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
PC・スマホにウォレットを作る
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
ビットコインの送金について
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
最も安心・安全な取引所
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
coincheck貸仮想通貨サービス
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
coincheckの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
QUOINEXの特徴
Krakenの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
QUOINEX口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
リアルタイムチャート
仮想通貨のトレード方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
ビットコインを堅実に増やす方法
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP
メリット・デメリット
FXと仮想通貨の融合トレード
×