ビットコイン口座の比較 PC版イメージ ビットコイン口座の比較 スマホ版イメージ

coincheck(コインチェック)のユニークなサービス

coincheckロゴ

コインチェック(coincheck)には、取引や資産運用を目的に利用できるサービス以外にも、実生活に役立つ興味深い特徴があります。そこで、その特徴を確認しましょう。

電気料金の支払いを変更して、ビットコインをもらえる

「coincheckでんき」を使うと、ただ毎日生活するだけでビットコインをもらったり、電気代をビットコインで支払ったりできます。下のプランから1つ選びます(下の画像は、coincheckから引用です)。

coincheckでんきプラン

プラン1:ビットコイン付与プラン

円で支払い、電気代の1%~7%をビットコインで還元してもらいます。

プラン2:ビットコイン決済プラン

毎月の電気代をビットコインで支払います。代金が1%~7%お得になります。

供給エリア

現在の適用地域は、下図の通りです。北は北海道、南は九州まで、日本の多くの地域でご利用いただけます。

coincheckでんき供給エリア

電気料金の割引率

供給エリアにおける、具体的な割引率・付与率は以下の通りです。

北海道電力・東北電力・九州電力圏内

契約アンペア(A) 割引率・付与率
北海道電力 東北電力 九州電力
30A 1%
40A 4% 3% 2%
50A 6% 4% 4%
60A 7% 5% 5%

東京電力圏内、中部電力圏内

契約アンペア(A) 割引率・付与率
従量電灯B 40A 4%
従量電灯B 50A 5%
従量電灯B 60A 6%
従量電灯C 6%

関西電力・中国電力圏内

契約アンペア(A) 割引率・付与率
関西電力 中国電力
平均使用量300kWh以上 5%
平均使用量350kWh以上 5%

ビットコインを買いたいけれど、価格変動が大きくて買いチャンスが分からないし、自分のお金を支払って買いたくないし・・・という場合は少なくないでしょう。「coincheckでんき」を使えば、電気代金の一部がビットコインで手元に戻ってきます。

元々は電気代として支払って終了なのに、ビットコインとして戻ってくるのです。とてもお得といえるでしょう。

取引できる仮想通貨の種類が多く、使い勝手も良い

仮想通貨と言えばビットコインというイメージが強いかもしれません。しかし、世の中には極めて多くの仮想通貨があり、コインチェックでは以下の12種類の取扱いがあります。

coincheckの取扱仮想通貨

見逃せない特徴としては、上の仮想通貨すべてを円で購入可能だということです。他の取引所等の場合、ビットコインと交換で取引できても円と交換できないという例があります。しかし、coincheckは円と交換できます。

(1)円→ビットコイン→アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)
(2)円→アルトコイン

上の(1)と(2)のどちらが良いでしょう?という話です。(1)は面倒です。買いたい仮想通貨を直接買いたいです。こういうとき、coincheckは有利です。

また、誰かから仮想通貨を受け取ったり、仮想通貨を送金したりしたい場合、下の通貨について取扱い可能です。

すなわち、coincheckは数多くの仮想通貨で受取りや送金が可能なので、使い勝手が良いということになります。

仮想通貨の値上がりを期待して

将来の値上がりを期待して、これらの仮想通貨を少しずつ買うという戦略も考えられます。買った仮想通貨のうち、いくつかは成功できないでしょう。しかし、1つの仮想通貨で良いので爆発的に価格が上昇すれば、大成功ということになります。

なお、この戦略は魅力的に見えますが、宝くじ的な意味合いがあります。仮に買うとしても、少しずつにした方が安全でしょう。

コインチェックにビットコインを貸して稼ぐ

ビットコインで稼ごうを思うとき、値上がり益を狙うのが一般的かもしれません。しかし、価格下落リスクがあります。そこで、コインチェックにビットコインを貸して手数料をもらうという方法があります。有力な選択肢として検討できるでしょう。

詳細については、別記事「ビットコイン貸付で利息がもらえる」でご確認ください。

売上代金をビットコインでもらう

インターネット上には店舗が無数にあり、全てがライバルだと言っても過言でないでしょう。そこで、差別化を図る一環として、ビットコインでの支払いを認めるという方法があります。

ただし、ビットコインの支払いOKにしても、どれほどの人がビットコインで支払うか分かりません。固定費用をかけるわけにはいかないでしょう。

その点、coincheckは安心です。基本利用料無料で、coincheck経由の売上に対してのみ、決済手数料として1%が必要です。それだけですから、クレジットカード等と比べて圧倒的に経費が少ないです。

また、売上で得たビットコインは自動で円に交換されますので安心です。価格変動リスクを過度に心配しなくても大丈夫でしょう。

なお、このシステムを使うための審査は不要です。コードを貼るだけでOKです。極めて簡単ですので、「成果がでるかどうか不明だけれど、とりあえずやってみようか」という軽い気持ちで導入できます。

ECサイトを運営している皆様にとって、見逃せないチャンスかもしれません。

次頁では、ビットコインの他、ライトコイン、イーサリアムの現物取引ができる、bitbank.cc(ビットバンク)を紹介します。マイナス手数料(手数料が貰える)にも注目!

各ビットコイン取引所・販売所の特徴・比較

×
BitcoinCash公開トレード
BCCの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
PC・スマホにウォレットを作る
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
ビットコインの送金について
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
最も安心・安全な取引所
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
coincheck貸仮想通貨サービス
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
coincheckの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
QUOINEXの特徴
Krakenの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
QUOINEX口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
リアルタイムチャート
仮想通貨のトレード方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
ビットコインを堅実に増やす方法
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP
メリット・デメリット
FXと仮想通貨の融合トレード
×