ビットコイン口座の比較 PC版イメージ ビットコイン口座の比較 スマホ版イメージ
この記事の概要

ディーカレット(DeCurret)は、2019年にサービスを開始しました。仮想通貨(暗号資産)交換業としては後発組です。

ディーカレットのロゴ

すなわち、先発組と同じでは、業者間競争に勝つのは大変です。そこで、どのような独自の特徴があるのか、確認しましょう。

ディーカレット【株主と将来展望】

ディーカレット(DeCurret)のウェブサイトを見て気づくのは、その株主の豪華さです。一部を抜粋しますと、以下の通りです。

DeCurretの株主企業

ディーカレットは、東証1部上場企業であるIIJが中心となって作られています。この時点で、安全度や信頼度がとても高いと分かります。

仮想通貨(暗号資産)は、株式などと違った特殊な一面を持っています。事件・事故に遭わないための強力な布陣です。

また、ディーカレットの展望を確認しますと、「様々な価値・デジタル通貨をシンプルに交換できる」サービスを提供する、とあります。

2019年現在、仮想通貨(暗号資産)を使ったサービスや物品の売買は活発とは言えません。しかし、大きな可能性を秘めています。

様々な価値・デジタル通貨をシンプルに交換できる時代が来るとき、ディーカレットを軸にして、株主として名を連ねている企業のサービスを使えるのでは?と予想できます。

しかも、展望にあるように「シンプルに」交換できるはずです。スマホで画面を見せれば、仮想通貨(暗号資産)と交換で多くの大企業のサービスを簡単に受けられる、そういう時代がやってくるかもしれません。

ディーカレットで仮想通貨(暗号資産)の現物取引

では、ディーカレットの取引画面を見ていきましょう。最初は、現物取引です。

現物取引とは、仮想通貨(暗号資産)そのものを取引することです。買った仮想通貨(暗号資産)は、自分のものになります。

下は、ログイン後画面の一部です。現在の残高、売買できる仮想通貨(暗号資産)や現在価格が簡単に分かります。

ディーカレット取引画面

ここで、ビットコインを買うことにしたとしましょう。下は、購入画面です。画面上に、4つのタブがあることが分かります。

シンプル・成行(なりゆき)・指値(さしね)・逆指値です。デフォルトは、成行になっています。

この画面で、買いたいビットコインの数量を入力すれば、時価で簡単に買えます。

ディーカレット ビットコイン購入画面

なお、トレードを経験済みの皆様にとっては、成行などはおなじみです。しかし、「シンプル」とは何だ?という感じでしょう。

そこで、シンプルを選んだ場合の画面を確認しましょう。下の通りです。赤枠を追加しています。

ディーカレット シンプルトレード画面

成行は、ビットコインの数量を基準にして売買します。しかし、それではいくら必要なのか、良く分からないかもしれません。そこで、シンプルの取引画面では、日本円を基準にしています。

赤枠1で、どれだけの円を使って仮想通貨(暗号資産)を買いたいかを決めます。

下の赤枠2では、設定した金額が、入金額に比べてどれくらいの割合なのかを示します。10万円入金していて10万円分買いたいと設定すれば、赤枠2は100%になります。

円を基準にしても、ビットコインを基準にしても、どちらでも売買できるのが特徴です。

ビットコインでアルトコインを売買できる

なお、仮想通貨(暗号資産)はビットコインだけではありません。ディーカレットでは、下の仮想通貨(暗号資産)を売買できます。

もちろん、円で売買できますが、ビットコインを使って売買することもできます。

下の画像の右下を、赤枠で囲みました。「ビットコインペア」とあります。ここをクリックしますと、ビットコインで買える画面に切り替わります。

ディーカレットでアルトコインの売買

下は、原寸大画像です。ビットコインペアのタブが選択されています。そして、ビットコインを使って売買したい仮想通貨(暗号資産)の名前をクリックします。

ビットコインペアのタブ

すると、円で売買する画面と同じ画面(ただし、支払いはビットコインで)に移動します。

ディーカレットのまとめ

当記事で、ディーカレットの機能をご案内しました。全体的に落ち着いたデザインで、かつ、必要な情報が洩れることなく表示されています。

マニュアルを読まなくても直感的に操作できますし、使い勝手がとても良いです。

各ビットコイン取引所・販売所の特徴・比較

×
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類・作り方
ビットコインの保管方法
PC・スマホにウォレットを作る
ビットコイン紛失事例(2件)
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコインの購入方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
無料配布詐欺に注意!
ビットコインの送金について
送金のしくみ
公開鍵、秘密鍵、アドレス
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ハードフォークはナゼ起こる?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
ビットフライヤーのスマホアプリ
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
Coincheckの特徴
DMM Bitcoinの特徴
bitbankの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
DeCurretの特徴
Liquidの特徴
SBI VCの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
ビットコインのスプレッドとは
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
DMM Bitcoin口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
bitbank口座の作り方
Coincheck口座の作り方
DeCurret口座の作り方
Liquid口座の作り方
BTCボックス口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitFlyer口座の作り方
仮想通貨取引で有利な銀行口座
仮想通貨のチャート分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し-基本~実践
上値抵抗線・下値支持線
三角保ち合い(ペナント)
bitFlyerの高機能チャート
「相場の見通し」の作り方
フラッシュクラッシュ
DMM Bitcoinの比較チャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
貸仮想通貨サービス|GMOコイン
仮想通貨を貸付して利息をもらう
信用取引で低リスクな裁量取引
ビットコインを堅実に増やす方法
ビットコインの自動売買~QUOREA
板情報で取引【BITPoint】
ビットコインのスキャルピング手法
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと現物取引の価格差について
FX先物取引とは
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
激変!仮想通貨のシェア【2018年版】
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
Coincheckでんき
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP