ビットコイン口座の比較 PC版イメージ ビットコイン口座の比較 スマホ版イメージ
DMM Bitcoinロゴ

2016年から2017年にかけて、数多くの仮想通貨取引所がサービスを開始しました。DMM Bitcoinのサービス開始は2018年ですから、どちらかと言えば後発組です。

先行者利益がないというのは不利ですが、メリットもあります。それは、先行他社の弱い点をあらかじめ研究し、自社システムに反映できる点です。

では、DMM Bitcoinはどのような特徴を持っているでしょうか。確認しましょう。

DMM Bitcoinは、現物取引の注文方法が多彩

DMM Bitcoinは、現物取引の注文方法が多彩です。この「多彩な注文方法」が意味することを考察しましょう。

仮想通貨を売買する手段は、大きく分けて2つになります。現物取引とレバレッジ取引です。

現物取引

仮想通貨そのものを売買する方法です。ある仮想通貨を買えば、その仮想通貨を所有できます。売れば、手元からなくなりますが対価(円)をもらえます。自分の仮想通貨ですから、外部のウォレットに送金できます。

レバレッジ取引

自己資金よりも大きな資金で売買する方法です。この場合、仮想通貨そのものを所有できません。よって、外部ウォレットに送金できません。価格の上下動で利潤を追求する取引です。

多くの取引所では、レバレッジ取引で多彩な注文方法が使えます。例を挙げますと、成行(なりゆき)、指値、逆指値、OCOなどです。一方、現物売買の場合は、かなり少ないです。成行と指値だけという場合もあります。

成行注文

表示されている価格で今すぐに売買するという方法です。ほぼ必ず売買できます。しかし、価格よりも売買を成立させることを重視するので、発注の瞬間に価格が大きく変動すると、期待と大幅に異なる価格で売買してしまう場合があります。

なお、DMM Bitcoinで使えるのは成行注文でなく「ストリーム注文」です。

ストリーム注文

取引画面に今表示されているその価格で売買できます。

成行注文の場合、私たちが発注して、そのデータが業者に届くまでのほんのわずかな時間に価格が変動することがあります。すなわち、意図した価格と異なる価格で約定する場合があります。

しかし、ストリーム注文は、いま目に見えているその価格で売買できます。成行注文に比べて、ストレスの少ない注文方法です。

成行注文だけ使える場合

価格が特定の位置まで動いたら売買したいと考える場合、成行注文(ストリーム注文)だけだったら、とても大変です。

というのは、売買したい瞬間に取引画面を見ている必要があるからです。

例えば、ある仮想通貨を1万円で買ったとしましょう。2万円になったら売却したいなと考える場合、実際に価格が2万円になったときに売却ボタンをクリックしなければなりません。

私たちは、取引画面を24時間監視できませんから、売却チャンスを逃してしまう場合もあるでしょう。下は、価格の推移と売買チャンスを逃す様子を描いています。成行注文しか使えないと、この例は珍しくないと予想できます。

成行注文(買い)

また、大きな損をしたくないから、5,000円まで損したら売却しようと考えたとします。この場合も、実際に価格が5,000円になったときに売却ボタンを押す必要があります。しばらく放置してから画面を見たら、大損していた!という例があっては大変です。

成行注文(売り)

成行注文しかない場合、上の2つのミスを回避するのは大変なことです。しかし、DMM Bitcoinの場合は、回避できます。なぜなら、現物取引において、指値注文、逆指値注文そしてOCO注文が使えるからです。

指値注文

価格が特定の位置に来たら売買する注文です。あらかじめ発注することができるので、実際にその価格になったときに改めて発注する必要はありません。新規に買いたい場合は、価格が指定位置まで下がったら買います。仮想通貨を持っている場合は、指定位置まで利幅が大きくなったら売ります。

リミット注文

逆指値注文

こちらも、価格が特定の位置に来たら売買する注文です。ただし、指値注文とは反対です。新規に買いたい場合は、価格が指定位置まで「上昇したら」買います。仮想通貨を持っている場合は、指定位置まで「損失が大きくなったら」売ります。

ストップ注文

OCO注文

指値注文と逆指値注文を同時に発注できる方法です。2つの注文を同時に出しますが、どちらか一方の注文が成立したら、もう一方の注文は自動でキャンセルされます。

OCO注文

この3つがあれば、チャートで価格をずっと監視する必要はありません。極めて有効な発注方法です。

レバレッジ取引できる仮想通貨が多彩

もう一つの大きな特徴は、レバレッジ取引ができる仮想通貨の種類が多いということです。他の取引所の場合、レバレッジ取引ができるのはビットコインだけという例があります。しかし、DMM Bitcoinの場合、以下の通貨でレバレッジ取引ができます。

円でレバレッジ取引が可能

ビットコインでレバレッジ取引が可能

イーサリアムでレバレッジ取引が可能

なお、「円でレバレッジ取引が可能」の意味ですが、円を使って売買するということです。例えば、円で支払ってビットコインを買います。逆に、ビットコインを売ったら円をもらいます。BTC/JPYなどと表現します。

「ビットコインでレバレッジ取引が可能」という場合、円の代わりにビットコインを使って売買します。長期保有で眠っているビットコインがあるようでしたら、そのビットコインでトレードに挑戦できます。ETH/BTCという具合に表現します。

現物取引の多彩な注文方法に加えて、レバレッジ取引可能な通貨ペアが極めて多いです。取引の選択肢が少なくて不満を持っている場合は特に、DMM Bitcoinでの取引を検討する価値があるでしょう。

次頁では、ビットコインの他、ライトコイン、リップル、イーサリアムなどの現物取引ができる、bitbank.cc(ビットバンク)を紹介します。マイナス手数料(手数料が貰える)にも注目!

各ビットコイン取引所・販売所の特徴・比較

×
仮想通貨チャート一覧&価格一覧(リアルタイムレート)
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
PC・スマホにウォレットを作る
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
無料配布詐欺に注意!
ビットコインの送金について
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ハードフォークはナゼ起こる?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
最も安心・安全な取引所
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
ビットフライヤーのスマホアプリ
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
DMM Bitcoinの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
QUOINEXの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
DMM Bitcoin口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
SBI(SBIVC)口座の作り方
BTCボックス口座の作り方
QUOINEX口座の作り方
仮想通貨取引で有利な銀行口座
ビットコインの相場分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
bitFlyerの高機能チャート
ビットコイン相場予想のやり方
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
仮想通貨の積立投資-Zaifコイン
積立投資のデメリットと対策
貸仮想通貨サービス|GMOコイン
信用取引で低リスクな裁量取引
ビットコインを堅実に増やす方法
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと現物取引の価格差について
FX先物取引とは
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
激変!仮想通貨のシェア【2018年版】
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP