ビットコイン口座の比較 PC版イメージ ビットコイン口座の比較 スマホ版イメージ

各種手数料

ビットコインを取引できる取引所は数多くあります。私たちはどれかを選んで取引しますが、その選択基準として手数料はかなり大きい要素だと思います。

というのは、ビットコインのトレードをしてプラスになるか損になるか。それはトレードしてみなければ分かりません。しかし、手数料はトレード結果に関わらず必ず支払うものだからです。手数料は少ないほど良いです。

そこで、各種手数料について、取引所を比較しましょう。

読み進めていくと、「ホント!?手数料もらえるって何?」とか「え!?こんなのにも手数料が掛かるの?」という項目も出てきます。

比較対象の取引所

現時点では、以下の6つの取引所について比較しています。他の取引所についても、調査が終了次第追加していきます。

口座作成等に係る手数料(重要度:低)

ビットコインのトレードをするために、最初にすること。それは、口座の開設です。そこで、口座開設手数料や口座維持手数料を確認しましょう。

・口座作成手数料:全取引所で無料
・口座維持手数料:全取引所で無料

比較対象となったすべての取引所で無料でした。私たちは1円も支払う必要はありませんので、とりあえず口座を作って、使い勝手がどのように良いのかを試すことができます。使い勝手というのは、意外に見逃せません。

どこにどのような機能があるのかが分からないような難しいシステムでは、取引する前に疲れてしまいます。ストレスなく使えるのは大切な要素です。

入出金手数料(重要度:低)

口座を作ったら、入金します。そして、最終的には出金します。そこで、入出金にかかる手数料を比較しましょう。

入金については、振込手数料が必要です。なお、「クイック入金」を使うと、振込手続きをした瞬間に取引口座に振込額が反映されます。口座開設後すぐに取引したい場合に便利なシステムです。

入出金手数料比較表

取引所名 クイック入金 出金
bitFlyer 324円 216円~756円
DMM Bitcoin 無料 無料
bitbank.cc 取り扱いなし 540円~756円
BITPonit 無料 324円
GMOコイン 無料 無料
Zaif 実費 350円~756円

入出金は頻繁に繰り返すものではありません。そこで、あまり重視する必要はないでしょう。しかし、できることならコストを支払いたくありません。この点で見ると、GMOコインとDMM Bitcoinが最も有利だといえます。

GMOコインなど複数の取引所でクイック入金ができますから、今すぐ取引したいと思い立ったら即座に入金して取引できます。しかも、手数料無料です。

ビットコインの預入と払出(重要度:低)

ビットコイン取引に特徴的なのは、ビットコインそのものを預け入れたり払い出したりできることです。そこで、ビットコインを出し入れするときの手数料を比較しましょう。

預入・払出手数料比較表

取引所名 預入 払出
bitFlyer 無料 0.0004BTC
DMM Bitcoin 無料 0.0008BTC以上で顧客が設定
bitbank.cc 無料 0.001BTC
BITPonit 無料 無料
GMOコイン 無料 無料
Zaif 無料 0.0001BTC以上で選択

ビットコインの出し入れにかかる費用も、あまり考える必要はないかもしれません。少額です。ただし、GMOコインとBITPointの手数料が無料となっているのが注目できます。GMOコインの場合、日本円も仮想通貨も入出金手数料が無料です。

ビットコインの現物取引(重要度:高)

さて、ビットコインの現物取引手数料を比較しましょう。現物取引とは、株式の現物取引と同じ意味です。株式を100株買いたかったら、100株相当のお金を支払って、株式をもらいます。

ビットコインも同様です。欲しい量のビットコインの金額を支払えば、そのビットコインは自分のものになります。逆に、自分のビットコインを売って、お金を手に入れることもできます。

ビットコイン現物取引手数料比較表(取引所の場合)

取引所名 ビットコイン アルトコイン
bitFlyer 0.01%~0.15% 0.20%
bitbank.cc -0.05%~0.05% -0.05%~0.25%
BITPonit 無料 無料
Zaif 無料 0%~0.3%

取引所の手数料を見ますと、bitbank.ccが目立ちます。マイナスということは、取引したら手数料を「もらえる」ということです。

なお、ビットバンクで手数料をもらえるのは、指値注文の場合です。成行注文の場合は手数料を支払いますが、指値の場合は手数料をもらえます。

下の表は、「板」と呼ばれるものです(bitbank.ccからの引用)。どの価格でどれだけの買いや売りの注文が出ているかを示しています。この「板」に表示される注文が指値注文です。そして、板に出ることなくすぐに売買させる注文が成行注文です。

bitbankの板

さらに、ビットポイントとザイフも見逃せません。というのは、売買手数料が無料だからです。成行でも無料です。

手数料無料キャンペーン

なお、bitbank.ccでは、金融庁に登録できた記念として、全ての通貨ペアで取引手数料無料キャンペーンを展開中です(2019年1月4日まで)。手数料を気にすることなくトレードしましょう。

ビットコイン現物取引手数料比較表(販売所の場合)

取引所名 ビットコイン アルトコイン
bitFlyer 無料 無料
DMM Bitcoin 無料 無料
GMOコイン 無料 無料

販売所の場合、販売手数料はどこでも無料です。ただし、買値と売値の差(スプレッド)は大きい傾向があります。スプレッドが小さい取引を希望する場合は、取引所で売買しましょう。

なお、販売所の場合、まとまった数量でも提示された価格で売買できるというメリットがあります。比較的大きな数量を売買したい場合は、販売所も選択肢に入れましょう。

ビットコイン現物取引に最適な取引所

以上の考察から、ビットコインを現物で買うならば、下の3取引所が有利だということになります。

また、比較的大きな数量の売買をしたい場合は、GMOコインとDMM Bitcoinが有力な選択肢となります。販売所は大きな数量の取引に向いています。

FX取引等(レバレッジ取引)(重要度:高)

さて、次にレバレッジを利かせた取引の手数料について比較しましょう。現物取引は、ビットコインを買うのに必要な資金全額の準備が必要でした。しかし、レバレッジを利かせた取引では、少額で大きな額の取引ができるのが特徴です。

なお、レバレッジを利かせた取引は一般にFXと言われることが多いと思います。しかし、外国為替証拠金取引のFXとは少し性質が異なります。

ここではその説明は省略しまして、手数料を確認しましょう。

レバレッジ取引手数料(新規・決済)比較表

bitFlyer 無料
DMM Bitcoin 無料
BITPonit 実質0.035%
GMOコイン 無料
Zaif(信用取引) 実質0.039%

上の表をご覧いただきますと、レバレッジ取引手数料で最も有利なのはビットフライヤー、GMOコイン、DMM Bitcoinの3つだと分かります。

このレバレッジ取引では、取引手数料のほかにスワップポイント(取扱手数料)の支払いが必要です。ビットフライヤーの場合、このスワップポイントの受払いが確定する時刻は00時00分です。

すなわち、取引を開始してから00時00分よりも前に決済すれば、手数料不要で取引できます。

例:午前7時にbitFlyer Lightning(ビットフライヤーのレバレッジ取引)でレバレッジ取引を開始し、その日の夜20時に決済する場合、取引手数料は完全無料となります。

GMOコインの場合は、ニューヨーククローズの時間を基準にして、レバレッジ手数料が加算されます。

GMOコインが採用するニューヨーククローズ

夏時間のとき午前6時、標準時間のときは午前7時となります。このニューヨーククローズになる前に決済すれば、手数料不要で取引できます。
DMM Bitcoinの場合は、毎朝7時にスワップポイントの支払いが発生します。

お得にレバレッジ取引をしたい場合は、ビットフライヤー、GMOコイン、DMM Bitcoinの3つが候補となるでしょう。

なお、ビットポイント、ザイフの2取引所について、注意が必要です。

ビットポイント

売買手数料は無料ですが、取引開始時に日々の手数料(スワップポイントに相当)を支払う必要があります。

ザイフ

信用取引手数料は無料ですが、借入手数料が0.039%必要です。これは「注文を出した時点」で必要です。よって、確実に売買できる発注をしましょう。でないと、取引が成立していないのに手数料を支払うことになりかねません。

さらに、金利手数料についても比較しましょう。これは、取引を開始してから1日を経過するごとに要する費用です。「BTC買い」はビットコインを買う場合、「BTC売り」はビットコインを売る場合です。

金利(スワップ等)比較表

取引所名 BTC買い BTC売り
bitFlyer 0.04% 0.04%
DMM Bitcoin 0.04% 0.04%
BITPonit 0.035% 0.035%
GMOコイン 0.04% 0.04%
Zaif 0.039% 0.039%

毎日これだけの費用が必要ですから、長期間の保有は向かないでしょう。ビットコインを長期間保有したい場合は、現物を買うほうがお得です。現物を買うと、日々の費用は必要ありません。

次頁は、「取引可能な仮想通貨の比較」です。

各ビットコイン取引所・販売所の特徴・比較

×
ビットポイントトレード手法
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類・作り方
ビットコインの保管方法
PC・スマホにウォレットを作る
ビットコイン紛失事例(2件)
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
無料配布詐欺に注意!
ビットコインの送金について
送金のしくみ
公開鍵、秘密鍵、アドレス
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ハードフォークはナゼ起こる?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
ビットフライヤーのスマホアプリ
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
DMM Bitcoinの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
Liquidの特徴
BitTradeの特徴
SBI VCの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
DMM Bitcoin口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
SBI(SBIVC)口座の作り方
BTCボックス口座の作り方
Liquid口座の作り方
仮想通貨取引で有利な銀行口座
仮想通貨のチャート分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し-基本~実践
上値抵抗線・下値支持線
三角保ち合い(ペナント)
bitFlyerの高機能チャート
「相場の見通し」の作り方
フラッシュクラッシュ
DMM Bitcoinの比較チャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
貸仮想通貨サービス|GMOコイン
信用取引で低リスクな裁量取引
ビットコインを堅実に増やす方法
ビットコインの自動売買~QUOREA
板情報で取引【BITPoint】
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと現物取引の価格差について
FX先物取引とは
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
激変!仮想通貨のシェア【2018年版】
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP