ビットコイン口座の比較 PC版イメージ ビットコイン口座の比較 スマホ版イメージ

メリットが大きい業者は?

ビットコインを始めとする仮想通貨への関心が、日増しに高まっています。すると、ビットコインの取引ができる業者も数多く出てきます。では、どの業者に口座を持つと私たちにとって最もメリットが大きいでしょうか。

取引所や販売所を選択するための基準はいくつもあるでしょう。例えば、下の項目です。

自分が最も重要と思う部分から、順に比較していきましょう。

ビットコインは新しい分野です。このため、これから取引所や販売所を運営する業者もどんどん出てくるでしょう。また、業者は日本国内だけでなく、世界中に広がっています。ビットコインは世界共通ですから、日本に限定する必要はありません。

とはいえ、海外業者と取引してトラブルが発生する場合、自分が預けたお金やビットコインを取り戻すのは大変かもしれません。というのは、海外業者の本拠地は海外にあります。犯罪的な状況でも、日本の法律や警察はなかなか威力を発揮できないと予想できます。

そこで、ここでは本拠地が国内にある取引所や販売所(または、日本に拠点を持っている業者)について情報をお届けします。

ビットコイン口座・業者の特徴

ここでは、ビットコインを取り扱う業者や口座の特徴をまとめてご案内します。ビットコインのサービスは、取引所や販売所を運営する業者によって大きく異なることが分かります。

各社は、生き残りや発展のために、サービスを今後も改良していくことでしょう。すなわち、私たちにとって良い方向に動いていくはずです。そこで、各口座の特徴を時々確認しましょう。意外な発見があるかもしれません。

ビットコイン口座の比較

ここでは、ビットコインを取引できる口座について比較していきます。私たちにとって最も有利な口座はどこでしょうか?

全てにおいて完璧でNo.1だという業者があれば、話は簡単です。そこで口座を作ればOKです。しかし、各社とも努力していますので、口座それぞれにメリットがあります。そこで、何を最も重要視したいか?によって、選択する業者が変わってくるでしょう。

口座を開設してみよう

お気に入りの口座が見つかったら、さっそく口座を作ってみましょう。「ちょっと気になるな」という程度でも、とりあえず作ってみましょう。というのは、多くの場合、メールアドレスさえあれば口座を作れるからです。

住所や氏名の入力なしで口座を作れる場合が多数ですから、気軽に試すことができます。

また、各口座は、システムメンテナンス中やトラブル発生時は取引できません。しかし、そのような状況でも相場はお構いなしに動いていきます。そこで、口座を少なくとも2つ持つべきでしょう。

一つの口座で取引ができない状況でも、もう一つの口座で取引できるようにするためです。

各ビットコイン取引所・販売所の特徴・比較

×
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ビットコインの入手方法
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
入手したビットコインの信頼性
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
取引業者の特徴・比較(総論)
bitflyerの特徴
Krakenの特徴
J-BItsの特徴
bitflyerとKrakenの比較
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
コイン価格は上昇するか?
【2017年】仮想コインの時価総額
【2016年】仮想コインの時価総額
決済サービス
アルトコインの特徴
仮想通貨を「貨幣」認定
金融詐欺にご注意下さい!
×