ビットコイン口座の比較 PC版イメージ ビットコイン口座の比較 スマホ版イメージ

QUOINEXだからできる取引の方法

QUOINEXロゴ

コインエクスチェンジ(QUOINEX)の特徴を使ったトレード手法を考えてみましょう。その前に、QUOINEXの特徴とは、何でしょうか。

上の4点はいずれもQUOINEXの特徴であり、素晴らしいです。しかし今回は、さらに別の特徴を使いましょう。すなわち、「14種類の通貨ペアで取引できる」です。

14種類の通貨ペアとは?

では、14種類の通貨ペアとは、どういう意味でしょうか。それは、「ビットコインやイーサリアムを、日本円だけでなく様々な通貨で売買できる」ということです。

ビットコインを売買できる通貨(全10通貨)

円、米ドル、ユーロ、豪ドル、シンガポールドル、香港ドル、人民元、インドネシアルピア、フィリピンペソ、インドルピー

イーサリアムを売買できる通貨(全4通貨)

円、米ドル、ユーロ、ビットコイン

しかし、ここで問題が。QUOINEX(コインエクスチェンジ)は、日本円以外で入出金できません。日本円以外で入出金できないのに外貨で売買できるとは、どういうことでしょうか。それは、以下の通りにすれば、外貨で売買できるようになります。

では、外貨で取引できるというこの性質を使って、どのようなトレード手法ができるでしょうか。検討してみましょう。

ビットコインのチャートを比較

ここで、ビットコインの日足チャートを眺めてみましょう。いずれも、QUOINEX(コインエクスチェンジ)からの引用です。

最初に、BTC/JPY(ビットコイン/円)のチャートです。BTC/JPYとは、ビットコインの売買をするのに円を使う場合を表します。

QUOINEXチャート(BTC/JPY)

次に、BTC/USD(ビットコイン/米ドル)を確認しましょう。BTC/JPYと比較しますと、チャート形状は似ていますが同じでないことが分かります。

QUOINEXチャート(BTC/USD)

そこで、円や米ドルなどのチャートを眺めて、最も値動きが分かりやすいと思う通貨でビットコインを売買できます。

これが、QUOINEXを使った独特のトレード手法の一つ目です。そして、もう一つ、外貨を使った特徴的なトレード手法があります。

マイナー通貨でビットコインを売買

ビットコイン売買は、円や米ドルでは盛んですが、ユーロなどでは少ないです。そこで、BTC/EUR(ビットコイン/ユーロ)のチャートを確認しましょう。以下の通りです。売買が盛んでないので、円や米ドルの場合と比べて、チャートの形がかなり違うことが分かります。

これを利用したトレード案があります。

QUOINEXチャート(BTC/EUR)

ビットコイン価格が上昇する場合、BTC/JPY、BTC/USD、BTC/EURのいずれでも価格が上昇するでしょう(上昇の勢いや高値の数字は異なるかもしれませんが)。

ということは、下のチャートのような場面ではどうでしょう?

QUOINEXチャート(BTC/EURの出遅れ)

点Aの時点で、BTC/EURはあまり価格が上昇していません。しかし、BTC/JPYやBTC/USDは価格がどんどん上昇していました。BTC/EURだけが安値で放置されていたことになります。いわゆる「出遅れ」です。

ビットコイン価格は上昇しているのに、ユーロで表現した場合だけビットコイン価格が下落するというのは、通常時は想定しづらいです。

実際に、その後のBTC/EURは上昇しました。チャート内の赤矢印の通りです。

逆に、ビットコインの価格が点Bにあるとき、BTC/JPYやBTC/USDでは既に価格が下落トレンドにありました。BTC/EURだけが高値で放置されていたことになります。すると、将来の価格は下落することが予想できます。

上のチャートを見ますと、実際に価格が下落していることが分かります。

以上のことから、「取引が活発な相場に比べて価格変動が出遅れている場合、最終的には出遅れを取り戻す方向に動く傾向がある」と言えるでしょう。

ただし、いつもそうだと断定することはできませんので、この取引について、事前にチャートで確認しましょう。

出遅れを狙うトレード手法の注意点

なお、このトレード手法を使う場合の注意点があります。それは、ユーロなどでは取引高が少ないということです。すなわち、「将来値上がりしそうだから、ここで大きな数量を買ってみよう」と思っても、その大きな買いに見合うだけの売りがない可能性があります。

その状態で無理に買おうとすると、自分の買い注文によってビットコイン価格が上昇してしまう可能性があります。

それでは、出遅れを狙うトレードが機能しづらいです。

そこで、大きな数量を買いたい場合は一気に買わず、少しずつ繰り返し買うようにしましょう。そうすれば、チャート形状に大きな影響を与えることなく買える確率が高くなります。

売却する場合も同様です。一気に売ろうとすると、その売りに対して買い注文が少なすぎる可能性があります。その場合、自分の売りによって価格が暴落しかねません。少しずつ売るのがコツでしょう。

この「外貨取引の人気度の違いを利用したトレード」は、他の取引所では難しいです。QUOINEX(コインエクスチェンジ)で取引する場合、マイナー通貨のチャートも確認しましょう。

各ビットコイン取引所・販売所の特徴・比較

×
BitcoinCash公開トレード
BCCの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
PC・スマホにウォレットを作る
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
ビットコインの送金について
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
最も安心・安全な取引所
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
coincheck貸仮想通貨サービス
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
coincheckの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
QUOINEXの特徴
Krakenの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
QUOINEX口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
リアルタイムチャート
仮想通貨のトレード方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
ビットコインを堅実に増やす方法
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP
メリット・デメリット
FXと仮想通貨の融合トレード
×