ビットコイン口座の比較 PC版イメージ ビットコイン口座の比較 スマホ版イメージ

仮想通貨の将来性とリスク

ビットコインを始めとする仮想通貨は、大きな将来性を持っているでしょう。トレードでも大きな成功を期待できるかもしれません。しかし、事件に巻き込まれてしまい、ビットコインが失われるリスクがあります。

例えば、Mt.Gox(マウントゴックス)やflexcoin(フレックスコイン)の事件です。

私たちは、同じ失敗を繰り返したくありません。繰り返すとはすなわち、ビットコインが失われてしまって回復不可能ということです。

そこで、取引所を運営する各業者は、私たちのビットコインを守るためにどのような取り組みをしているのか、比較しましょう。

比較対象の取引所

現時点では、以下の4つの取引所の調査結果をご案内します。その他の取引所についても、順次追加していく予定です。

分別管理

分別管理とは、会社のお金と顧客のお金を別の銀行口座に分けて管理している、ということです。これについては、「帳簿上で完璧に分別管理しているから口座は1つでいいんだ」という考え方もあるでしょう。

しかし、会社の経営が火の車になったとき、とりあえず支払いをしなければ・・・となって負債を減らしていった結果、気づいたら顧客資産がなくなっていた!という事態になっては大変です。

調査の結果、以下の通りでした。

分別管理:全社で分別管理しています。

当サイトで調査した業者(取引所)については、分別管理をしていましたので大丈夫です。

コールドウォレット

flexcoinの事件では、ホットストレージのビットコインを全て盗まれてしまいました。ホットストレージとは、インターネット上で顧客のビットコインを保管することです。

ハッカー集団は、インターネット上を自由に動き回ってビットコインを盗もうとします。そこで、コールドウォレット(インターネットに接続していないウォレット)で保管する必要があります。

コールドウォレットならば、安全度が高いからです。

コールドウォレット: 全社が導入しています。

ここでも、全社がコールドウォレットを導入しているという結果でした。coincheckに至っては、顧客所有の仮想通貨の97%以上をコールドウォレットで保管するという徹底ぶりです。

その他の施策

以上、基本的かつ極めて重要な2点について考察してきました。しかし、これだけにとどまらず、各社はさらに工夫を凝らしてリスクを減らしています。そこで、各社の取り組みの一部をピックアップしてご案内しましょう。

bitFlyer

バックアッププラン

bitFlyerは、業務で使用する銀行口座以外にも、通常は使わないバックアップの銀行口座に資金を置いています。何かの事件等に巻き込まれてしまい、業務で使用している銀行口座が使用できなくなる場合に備えた措置です。

バックアップの銀行口座を持っておけば、業務自体は停止せざるを得なくても、資金を顧客に返すことができます。

ハッキング等の犯罪を防止するために努力しつつ、残念ながら事件に巻き込まれてしまった場合についても考えるという二段構えです。

J-Bits

ビットコイン管理権限を社内で分散

J-Bitsは、内部犯罪に留意しています。社員を信用しながら仕事したいところですが、社員による資金盗難事件が時折ニュースになっています。

そこで、そもそも社員による犯罪ができないようにしています。ビットコインの管理権限を各部署に分散し、全ての部署がOKを出さないとビットコインを払い出しできません。こうすれば、社内犯罪を未然に防ぐことができます。

bitbankTrade

マルチシグによる内部犯罪防止

こちらも、管理権限を分散する方法です。一般的には、ウォレットに対応するプライベートキーは一つです。これをいくつかに分解します。そして、一定数以上のプライベートキーが使用されるときだけ、ビットコインの払い出しが可能になります。これがマルチシグです。

この方法を使うと、プライベートキーの一部が外部に漏れてしまってもビットコインは盗まれませんので安心です。

coincheck

二段階認証

外部からの不正アクセスに対抗する方法です。一般的にはIDとパスワードを使って何らかのサービスを使います。しかし、IDとパスワードが外部に漏れてしまうと弱いです。第三者に侵入されてしまいます。

そこで、サービスを使うための認証をもう一つ追加するのが二段階認証です。この方法を使うことにより、より強固なセキュリティを実現します。

各ビットコイン取引所・販売所の特徴・比較

×
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ビットコインの入手方法
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
入手したビットコインの信頼性
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
取引業者の特徴・比較(総論)
bitflyerの特徴
Krakenの特徴
J-BItsの特徴
bitflyerとKrakenの比較
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
コイン価格は上昇するか?
【2017年】仮想コインの時価総額
【2016年】仮想コインの時価総額
決済サービス
アルトコインの特徴
仮想通貨を「貨幣」認定
金融詐欺にご注意下さい!
×