ビットコイン入手 PCイメージ ビットコイン入手 スマホ版イメージ

WEB広告視聴でビットコインをもらう方法

無料でビットコインをもらえるサイトは複数ありますが、今回はその中のひとつをご紹介しましょう。

紹介するサイトは、広告を見ることによってビットコインを無料でもらえます。広告主がお金を支払って広告掲載し、その広告料の一部を私たちがもらうという仕組みです。すべて英語ですが、難しい内容ではありません。

設定の仕方や注意事項を順に確認しましょう。

ビットコインアドレスはお持ちですか?

ビットコインアドレスは、報酬のビットコインを送ってもらうために必要です。ウォレット(口座)を作れば自動で取得可能です。まだウォレットをお持ちでない方は、最初にウォレットを作ってビットコインアドレスを控えておきましょう。

どこで作っても良いのですが、ビットフライヤー(bitFlyer)やコインチェック(coincheck)などで簡単に作れます。

ビットコインを無料でもらう設定方法

最初に、下のサイトに移動します。
Bits For Clicks

すると、下の画面が出てきます。画面右側に青い四角があります。その中に「Get started today」(今日から始めよう)とありますので、そこをクリックします。

Bits For Clicksトップページ画像

すると、登録画面に移動します。住所や氏名を入力する必要はありません。これがビットコインの良いところです。

入力項目を順に確認しましょう。

Username:登録名を書きます。適当な名前で構いませんがアルファベットを使いましょう。
E-mail Address:自分のメールアドレスを入力します。
Password:何か適当にパスワードを入力してください。
Password Confirmation:もう一度、パスワードを入力します。
Birth Year:生まれ年を入力します(例:2000)。パスワードの再発行で使います。
Bitcoin Address:ビットコインアドレスを入力します。間違えないようにしましょう。
Verification Code:すぐ右に書いてある文字列を入力します。

最後に、チェックボックスをクリックして、「Sign Up」(登録)をクリックします。

Bits For Clickst登録画像

すると、先ほど登録したメールアドレスにメールが届きます。その中にURLが書いてありますので、そのページを開きましょう。これで登録完了です。

Bits For Clickst登録完了画像

自分の登録内容を確認するには、サイトのグローバルナビゲーションを見ましょう。先ほど自分が登録した名前が表示されています。(「Advertise」の横)。そこをクリックします。

Bits For Clickst登録内容移動画像

すると、下の通り登録内容が表示されます。

Bits For Clickst登録内容確認画像

この表示の説明は以下の通りです。

Username:登録した名前
Email:登録したEmail
BTC Address:ビットコインアドレス。自由に変更できます。
Member Since:登録年月日
Ads Viewed:視聴した広告の数
Balance:残高

上の画像では、残高が0.05817mBTCとなっています。0.15mBTC以上になったら引き出し可能です。

広告の視聴方法

では、広告の視聴方法を確認しましょう。ウェブサイトのグローバルナビゲーション部分に、「View Ads」とあります。そこをクリックしましょう。

Bits For Clickst広告の視聴方法

クリックすると、視聴可能な広告一覧がズラッと出てきます。下の画像では、赤と青の枠で囲いました。赤は視聴可能な広告、青は視聴済みの広告です。視聴済みの広告はもうクリックしてはいけません。クリックすると口座が凍結される可能性があります。

Bits For Clickstクリック画面

赤枠で囲った広告の一つに、「Skyllex」があります。その欄の右を見ますと、こう書いてあります。

「15 seconds → 0.00094 mBTC」

これは、広告配信時間は15秒で、報酬は0.00094 mBTCですよという意味です。0.00094 mBTCとはすなわち94 Satoshiです。広告1つの報酬は小さいですが、毎日多くの広告を見られます。足し算していくと、結構な額になるでしょう。

見たい広告を決めたら、その広告の名前をクリックします。すると、下の画像が順次出てきます。これは、ロボットでなくて人間がこの操作をしているんですよ、という確認作業です。

画像は数分割されていて、「この画像を選んで下さい」という主旨の指示があります。下の例は「道路標識の画像を全て選択」と表示されていますのでクリックします。

確認作業が終了すると、チェックボックスにチェックマークが入りますので、確認したら「Verify」をクリックします。

ロボットチェック画面

この手続きが終わると、広告が配信されます。このサイトは人気が高いようで、接続する時間帯によっては広告配信に時間がかかります。のんびり待ちましょう。

そして、広告配信が始まると、画面左上に下の画像が出てきます。赤で囲った部分は残り時間です。これがゼロになるまで待ちます。ただぼんやり待つのではなく、広告を眺めましょう。ほとんどがビットコインに関する広告です。

広告閲覧時間表示

時間が経過すると、下のように変化します。「Close」をクリックしましょう。これで、報酬が自分のものになります。

広告閲覧終了合図

広告を繰り返し視聴して、報酬が0.15 mBTC以上になったら引き出し可能です。下の画像の赤枠部分「Cashout」をクリックして報酬をいただきましょう。

Cashout画面

Bits For Clicksサイトの使用上の注意

このサイトの使用上の注意としましては、「引き出し可能額になったら引き出ししましょう」ということです。このサイトの運営期間は比較的長いようですが、いつ運営が終了するか分かりません。このサイトに限らず、引き出し可能額になったら引き出すと安心でしょう。

また、このサイトに書いてある注意事項から、特に重要だと思われる部分をご案内します。

これらの注意事項に気を付けながら、無料でビットコインをもらいましょう。

ビットコインの入手方法

×
BitcoinCash公開トレード
BCCの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
PC・スマホにウォレットを作る
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
ビットコインの送金について
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
最も安心・安全な取引所
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
coincheck貸仮想通貨サービス
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
coincheckの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
QUOINEXの特徴
Krakenの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
QUOINEX口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
リアルタイムチャート
仮想通貨のトレード方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
ビットコインを堅実に増やす方法
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP
メリット・デメリット
FXと仮想通貨の融合トレード
×