ビットコイン入手 PCイメージ ビットコイン入手 スマホ版イメージ

仮想通貨(Bitcoin)を手に入れよう!

ビットコインを手に入れる方法は、主に5つです。

業者からビットコインを買う

ビットコインのサービスを提供している業者では、保管などの業務のほかに販売もしています(販売所と呼ぶこともあります)。このサービスを使うとビットコインを買うことができます。

取引所で買う場合に比べて多少割高になる場合もあるようですが、提示された価格で買えるのが魅力です。取引所で買う場合には、希望の価格で買えなかったり、必要な量だけ買えなかったりすることがあります。

取引所で買う

取引所とは、ビットコインを買いたい・売りたいという人が集まって売買をする場所のことです。「取引所」という名前がついていますが、現実のどこかに住所があるのではなく、インターネット上の話です。

イメージとしては、株式の売買に近いでしょうか。下のキャプチャは、BTCBOXホームページからの引用です。このキャプチャを例にしますと、1ビットコイン(1BTC)当たりの価格が45,548円で0.1472BTCが売りに出されていることが分かります。

この価格で買ってもいいなと思えば、買います。

Bitcoinオーダーブック

なお、ビットコインの単位はビットコインです。名称と単位が全く同じなので混乱するかもしれませんが、慣れれば大丈夫です。単位としてのビットコインはBTCと書くことがあります。

また、この値動きを利用して稼げるかもしれません。これはまさに相場そのものですから。

日本国内の代表的なビットコイン取引所

国内のビットコイン取引所の代表格は、ビットフライヤー(bitFlyer)です。月間取引高が450億、資本金が約40億(2014年1月9日現在)という財務基盤は、数値上で評価するのであれば群を抜いています。

また、最低取引金額が0.001BTC(単位)ですから、ビットコイン価格が130,000円/BTCという現在(2017年1月5日)、130円でビットコインを入手できます。

誰かから送ってもらう

例えば、売り上げをビットコインで受け取る場合があります。

業者はビットコインで代金を受け取っても、それを使って別の支払いに充てることは難しいです。そこで、ビットコインで代金を受け取ったら、すぐに円に換えてもらうというサービスを利用しているようです(決済サービス)。

ビットコインで受け取るメリットは、主に2つでしょう。

なお、売り上げをビットコインで受け取るということは、支払う側はビットコインで支払うということです。

まだ数は少ないですが、ビットコインで支払いができる店舗が日本にもあります。実際にビットコインで支払っている人がどれくらいいるのか不明ですが、ビットコインが広く普及すれば、さらに多くの店舗でビットコイン支払いが可能になるでしょう。

マイニング

マイニングとは「採掘」とも呼ばれるものです。ビットコインの取引の正確さを確認するために、ビットコインに参加しているコンピュータの余力を使って計算作業をします。

最初に計算を完了(マイニング)したコンピュータに、報酬としてビットコインが新規発行される仕組みです。

しかし、ビットコインが注目されて価値が上昇するにつれて、資金力のある人が巨大なマイニング専用コンピュータを導入するようになりました。このため、個人でマイニングするのは事実上不可能な状態です。

では、個人でマイニングに参加することは全く不可能かと言えば、そうでもありません。大勢でチームを組んで参加するのです。これを「マイニングプール」と言います。

マイニングプールにつきましては、別記事「正解のノンスを当てるためのチーム『マイニングプール』とは?」をご覧ください。

無料ゲーム等で稼ぐ

お小遣いを稼ぐサイトを探してみると、かなりの数が見つかるでしょう。これらのサイトでポイントを獲得して、電子マネーやサービスに交換するときに、選択肢の一つとしてビットコインがあります。

さて、実際にビットコインを購入する場合、いくらから買えるのでしょうか?また、取引単位はどのようなルールになっているのでしょうか。次のページで確認しましょう。

ビットコインの入手方法

×
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
PC・スマホにウォレットを作る
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
入手したビットコインの信頼性
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
coincheckの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
Krakenの特徴
bitFlyerとKrakenの比較
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Zaif口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
コイン価格は上昇するか?
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP
アルトコインの特徴
ビットコインの時価総額と株式
仮想通貨のリスク軽減なるか?
仮想通貨を「貨幣」認定
金融詐欺にご注意下さい!
ビットコインの高利回り投資
ビットコインETFの現状
×