ビットコイン入手 PCイメージ ビットコイン入手 スマホ版イメージ

仮想通貨に投資する価値

ビットコインに投資すべきでしょうか。これを考える前に、「投資」という言葉は使う人によって異なりますから、意味をはっきりさせましょう。

ビットコインに投資すべきかどうかとは、すなわち「ビットコインを買って持てば、いつの日かビットコイン価格が上昇して儲かるのか?」という意味だとしましょう。

こう考えるとき、「株を今買えば上昇するだろうか?」「米ドル/円(USD/JPY)を買えば儲かるだろうか?」と同じ質問をしていることに気づきます。この質問に対する回答は「将来のことは分からない」しかないはずです。

しかし、そうは言っても、少額で構わないからビットコインを始めとする仮想通貨に投資する価値があると思います。

ビットコインに投資すべき理由

では、なぜビットコインに投資すべきなのでしょうか。それは、少額でも自分のお金を投入すると、否応なしに投資対象への関心が高まるからです。

ビットコインに関心がない場合、ニュースで仮想通貨が報道されても、全く何も感じないでしょう。しかし、500円のような少額であってもビットコインを持っているならば、情報への反応や興味の示し方が全然違うと思います。

「今日はこんなに上がった!」
「最近は少し停滞気味だな・・・」

ビットコインの価格動向に関心を持つはずです。すると、価格が変動する理由は何だろう?だったり、ビットコインの仕組みはどうなっているのだろう?だったり、さらには、どうして世の中は仮想通貨への関心が高いのだろう?といったことに関心が広がっていきます。

500円の投資で、このように自分の知的世界が広くなるのは素晴らしいことです(ビットコイン価格が上昇して儲かるならば、さらに素晴らしいです)。

この場合、「価格は上昇するかな?」「ビットコインは儲かるのかな?」という意味の投資だったはずが、自分の知的水準を引き上げるという意味の投資として機能しています。仮に損することになっても、500円なので問題ありません。自分の知見が広がることを考えたら、数百円なんて安いものです。

本格的に投資するかどうかについては、知識を身に着けてから決めても全然遅くありません。知識があれば、失敗する確率を減らし、成功する確率を高められると期待できます。

仮想通貨への投資プラン(例)

さて、ここでビットコインのチャートを確認しましょう。ビットフライヤー(bitFlyer)からの引用です。2015年には1ビットコインは2万円くらいでした。それが、2017年初めには15万円になっています。

bitcoinローソク足チャート(2015年~2017年)

このチャートを見ると、「2万円の時に買っていればなあ…」という気分になってしまいます。今買ったら、数年後に10倍になるでしょうか?それは分かりません。すでに大きく値が上がっていますから、上昇は期待できるかもしれませんが、10倍というのは無理があるかもしれません。

そこで、ビットコインに加えて、他の仮想通貨(アルトコイン)に目を向けるという投資プランもあるでしょう。

注目が少ないうちに買っておいて、いつの日かやってくる(だろう)急上昇に期待するという投資です。

例えば、こんな感じです。Dashという通貨です。チャートは「coinmarketcap.com」からの引用です。

dashローソク足チャート(2015年~2017年)

Dash(DASH)

2015年1月1日:1.97米ドル
2017年3月19日:109.82米ドル

2015年1月に2ドル弱だった価格が、2017年3月には110ドル近くになりました。何と、55倍くらいの上昇です。こうなったら最高です。

しかし、残念ながら、その逆もあります。逆の例を見てみましょう。World Gold Coin(WGC)です。

wgcローソク足チャート(2015年~2017年)

World Gold Coin(WGC)

2016年8月1日:0.041548米ドル
2017年4月1日:0.000011米ドル

元々小さい価格だったのですが、価値がほとんどゼロになってしまっています。このような仮想通貨を買ってしまったら残念です。

難しいのは、上昇するか下落するかについて、事前には分からないということです。しかし、仮想通貨は少額から買えるというメリットがあります。このメリットを最大限に活用した投資プラン(案)をご紹介しましょう。

仮想通貨への少額投資プラン(案)

ほとんどの投資先で失敗しても、1つか2つの仮想通貨が大暴騰すればOK!という投資方法です。

1通貨当たりの投入額を1,000円にした場合、10通貨に投資しても1万円です。夢を買うという宝くじ的要素がある投資方法ですが、検討できると思います(その結果については、もちろん運ですので分かりませんが)。

どの取引所で買う?

次に、どの取引所で仮想通貨を買うか?という問題が出てきます。慣れてくれば、海外の取引所で多数の仮想通貨を売買できるようになるでしょう。しかし、少なくとも初心者のうちは、安全な国内の取引所で売買したいです。

日本では2017年4月に仮想通貨に関する法制度が完備され、安全度が高くなっています。

この観点から考えるとき、coincheck(コインチェック)は有力な取引所です。国内業者であり、取引可能な仮想通貨は12種類にもなります。今後も増えると期待できますので、口座を作っておく価値があるでしょう。

coincheckの特徴につきましては、別記事でまとめましたのでご覧ください。

ビットコイン以外の仮想通貨について知りたい

なお、ビットコイン以外の仮想通貨に投資しようにも、いったいどんな仮想通貨があるのか、雲をつかむような話かもしれません。

この、ビットコイン以外の仮想通貨をまとめて「アルトコイン」と言います。アルトとは「別の」という意味です。アルトコインの概要について別記事でまとめていますので、ぜひご覧ください。

ビットコインの入手方法

×
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
PC・スマホにウォレットを作る
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
メリット・デメリット
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
coincheck定期預入サービス
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
coincheckの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
Z.comコインの特徴
Krakenの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
Z.comコイン口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
リアルタイムチャート
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
外為FXとビットコイン投資
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
コイン価格は上昇するか?
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP
アルトコインについて
アルトコインの種類と将来性
アルトコインの投資方法
イーサリアムの手数料比較
イーサリアム購入(CC編)
イーサリアム購入(BF編)
仮想通貨で通販~Bitcoinmall
モナコイン(monacoin)とは
イーサリアム プロジェクト
ライトコインの特徴、人気度
ビットコインのセキュリティ
仮想通貨の二大リスクと対処法
ブロックチェーンの技術発展と未来
ビットコインの時価総額と株式
仮想通貨のリスク軽減なるか?
仮想通貨を「貨幣」認定
金融詐欺にご注意下さい!
ビットコインの高利回り投資
ビットコインETFの現状
コインチェックを訪問
お問い合わせ・運営者情報
×