ビットコイン入手 PCイメージ ビットコイン入手 スマホ版イメージ

Bitcoinの入手方法のおさらい

最初にビットコインを手に入れる方法をサクッとおさらいしておきましょう。

詳細については、以下のページが参考になります。

さて、ビットコインを購入して手に入れる方法ですが、購入場所は「取引所」または「販売所」が選択肢になります。

販売所と取引所での「購入」の違い

販売所からビットコインを購入するということは、ビットコインの所有者(売り主)は販売所です。取引所でビットコインを購入するということは、ビットコインの所有者(売り主)は、私たちと同じ顧客です。

なお、どちらも「購入」ばかりではなく「売却」が可能です。つまりビットコインの「売買」が可能であることは共通です。

では、どちらで購入する方がお得なのか、確認してみましょう。

下図は、bitFlyer(ビットフライヤー)の販売所と取引所の価格を同時刻において比較したものです。

bitFlyer取引所・販売所の価格比較

ビットコインを販売所で購入する場合、1ビットコイン(BTC)あたり662,708円で買えます(左上の赤枠部分)。一方、取引所で購入すると1BTCあたり627,000円です(右赤枠部分)。取引所で購入したほうが、約35,000円お得です。

販売所でも取引所でも、全く同じビットコインを購入できます。どちらかで買うと何か特典があるという訳ではありません。ということは、安く買えるほうが有利です。取引所で買うことになるでしょう。

一方、参考までに、手持ちのビットコインを売却する場合も同様に確認しましょう。

取引所の方が高く売却できます。どちらで売っても構わないですから、取引所で売った方が断然お得です。

販売所の存在理由

では、販売所の存在理由は何でしょうか。

それは、「売買可能な数量が多い」です。もう一度、上の画像をご覧ください。取引所で購入する方が安いのですが、最も安い価格(627,000円)で買える数量は0.011BTCです。円に直しますと、わずか6,897円しかありません。

それよりも大きな額を買いたければ、2番目に安く売りに出されている価格(627,121円)で購入します。こうして、必要な数量だけ買い上がっていきます。

すなわち、最終的に必要な金額は事前に分かりづらいですし、平均購入価格も同様です。取引所で安く売られている数量の範囲内で購入するならば、取引所が有利です。しかし、ある程度の数量を購入する場合には神経を使うでしょう。

つまり、少し購入して待ち、しばらくして安い売り価格がでたら再び買うという作業を繰り返します。こうすれば、平均購入単価を抑えることが可能でしょう。ただし、この作業をしている間に価格が上昇トレンドになってしまうと、結局購入できずに終わってしまう場合もあるでしょう。

一方、販売所で購入する場合は、この心配がありません。bitFlyerならば、一度に20BTCまで購入できます。販売所で買えば、必要な数量を買う金額を簡単に計算できます。時間を使って少しずつ買うという手間もありません。

最も有利な販売所

ここまでの内容を簡潔にまとめましょう。

取引所

販売所

そこで、「より有利な価格で購入できる販売所はどこか」を考察しましょう。ズバリ、GMOコインでしょう。下の画像は、GMOコインとbitFlyerの販売所の価格を、同じ瞬間に取得したものです。

GMOコインとbitFlyer販売所の価格比較

GMOコインの方が、ビットコインを安く購入できます。同時に、高く売却できます。そこで、ある程度まとまった数量を購入するには、GMOコインが有力な選択肢となります。

では、bitFlyerはどうなのか?ですが、bitFlyerは取引所の流動性が抜群です。すなわち、取引板に出てくる購入注文と売却注文が豊富です。これは、多数の顧客を抱えているからこそ可能です。

そこで、より有利な価格で購入したい場合はbitFlyerの取引所を選び、そこまでは積極でないけれど、ある程度まとまった数量を購入したいならばGMOコインを選ぶ、という区別ができるでしょう。

ビットコインの購入単位

ここで、ビットコインの「通貨単位」を確認しておきましょう。

BTCはビットコインの単位を表します。そして、「1BTC」以下の通貨単位も以下の通り存在します。

ビットコインの通貨単位

各取引所では、最小注文数量(最小注文単位)を「取引ルール」として定めています。主な取引所(販売所)の取り決めは下表の通りです。

取引所(販売所)名 最低取引単位
ビットフライヤー(bitFlyer) 0.001BTC
GMOコイン 0.001BTC
コインチェック(coincheck) 0.005BTC
ビットバンク(bitbank.cc) 0.0001BTC
ビットポイント(BITPoint) 0.0001BTC
ザイフ(Zaif) 0.0001BTC

表を見渡しますと、ビットコインの購入は「意外に少額で買える」ということが分かります。上表を参考に、具体的な金額を計算してみます。

2017年10月現在、ビットコインの価格は「1BTCあたり」60万円~70万円の範囲で推移しています、この辺りで計算してみましょう。

ビットコインの最小購入価格

最小取引単位 最小購入価格
60万円/BTC 70万円/BTC
0.0001BTC 60円 70円
0.001BTC 600円 700円
0.005BTC 3,000円 3,500円

以上のように、ビットコインの購入は、100円あれば可能です。「ビットコインに投資して儲けよう」と考えるには、ちょっと少額過ぎる感がありますが、売買、トレードに慣れようとするにはちょうど良い金額かもしれませんね。

ビットコインの入手方法

×
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
PC・スマホにウォレットを作る
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
ビットコインの送金について
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
最も安心・安全な取引所
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
coincheckの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
QUOINEXの特徴
Krakenの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
QUOINEX口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
リアルタイムチャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
仮想通貨の積立投資-Zaifコイン
積立投資のデメリットと対策
仮想通貨を貸付して利息をもらう
ビットコインを堅実に増やす方法
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP
メリット・デメリット
FXと仮想通貨の融合トレード
×