ビットコインのチャート分析 PC版イメージ ビットコインのチャート分析 スマホ版イメージ

「半値戻し」とは

ビットコインのチャート分析で「半値戻し」が有効かどうかを確認します。最初に、半値戻しとは何かを確認しましょう。下の図をご覧ください。青の曲線がビットコイン価格の推移だとします。

半値戻し説明図

安値Aからビットコイン価格が上昇して高値Bにきました。その後、価格が下落して点Cまで来た様子が分かります。

ここで、点Aから点Bまでの距離と、点Bから点Cまでの距離を比較しましょう。この時、「上昇した分の半分だけ価格が下落する」ことを半値戻しと言います。

上の図では半値戻しよりも少し大きく下落している様子を描いています。というのは、常に半分だけ下落するというわけではないからです。

少々の誤差はあるという認識でチャート分析しましょう。

また、上の図では「上がった後に半分下がる」という状態ですが、逆に「下がった後に半分上がる」というパターンもあります。上下両方向に使えますので便利です。

ビットコインのチャートで半値戻しを確認

では、ビットコインのチャートで「半値戻し」があるかどうかを確認しましょう。下のチャートをご覧ください。縦軸は価格(米ドル)です。(チャートのキャプチャはBlockchain.infoから引用。見やすいように加工しています)。

ビットコインチャート(BTC/USD)

2015年8月に安値(点A)を記録しています。そして、10月に一気に価格が2倍に上昇して点Bに到達しました。すると、直後に反落して点Cになりました。と思いきや、再び急上昇して点Bの高値を超えているという状態です。

この値動きの大きさがビットコイン相場の魅力です。

この値動きを見ますと、「半値戻しは有効だった」ことが分かります。点Aから点Bまでの距離と、点Bから点Cまでの距離を見ますと、上昇分の半分だけ下落している様子が分かります。

この半値戻しでトレードした場合、わずか数日ほどで最大100米ドルもの利益幅を得られたということになります。

なお、上のチャートでは描いていませんが、さらに2回、半値戻しが出現しています。確認しましょう。点Cに到達した後、再び大きく上昇しています。その後、値動きが停滞したのですが、再びストンと下落しました。その下落幅が上昇幅の半分になっています。

さらに、その後も再び上昇して、また下落しました。この時にも、再び半値戻しが有効だったと分かります。

補助線を入れないチャートを下に掲載しますので、確認してみてください。

ビットコインのチャート説明図

値動きそのものは次第に小さくなっていると分かりますが、何度も半値戻しが実現していると分かります。このパターンを知っているか知らないかにより、トレード成績が大きく変わってくる可能性があります。

半値戻し以外の「戻し」

さて、上の分析では半値戻しを検討しました。チャート分析の世界では、半値以外にも戻しがありますので、参考までに確認しておきましょう。

上昇した幅と比較して0.382だけ戻す、0.618だけ戻すという例もあります。この数字は黄金比と呼ばれています。0.382や0.618でなくて3分の1や3分の2という数字を用いることもあります。

このようにしてみると、戻しには様々な種類があることが分かります。上のチャート分析を見る限りでは、半値戻しが有効だろうと予想できます。その他のパターンについても、皆様自身で検証してみてください。

次頁では、「上値抵抗線・下値支持線」がビットコインにおいても機能するか確認していきます。

ビットコインは何を頼りにトレードするか?

×
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
PC・スマホにウォレットを作る
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
メリット・デメリット
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
最も安心・安全な取引所
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
coincheck定期預入サービス
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
coincheckの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
QUOINEXの特徴
Krakenの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
QUOINEX口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
リアルタイムチャート
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP
アルトコインについて
アルトコインの種類と将来性
アルトコインの投資方法
イーサリアムの仕組み
イーサリアムの手数料比較
イーサリアム購入(CC編)
イーサリアム購入(BF編)
仮想通貨で通販~Bitcoinmall
モナコイン(monacoin)とは
イーサリアム プロジェクト
ライトコインの特徴、人気度
BitcoinCashの価格推移予想
ビットコインの分裂問題
ビットコインの送金手数料
ビットコインのセキュリティ
仮想通貨の二大リスクと対処法
ブロックチェーンの技術発展と未来
ビットコインの時価総額と株式
仮想通貨のリスク軽減なるか?
仮想通貨を「貨幣」認定
金融詐欺にご注意下さい!
ビットコインの高利回り投資
ビットコインETFの現状
コインチェックを訪問
お問い合わせ・運営者情報
×