ビットコインのチャート分析 PC版イメージ ビットコインのチャート分析 スマホ版イメージ

何を頼りにトレードするか?

取引所やビットコインFXなどで利益を狙おうと考えたとしましょう。その場合、何を頼りにトレードしましょうか。

1.直感

自分の直感を信じるトレードはドキドキして楽しいです。「いけー!上がれー!」という具合です。しかし、直感なので、それを頼りに自分の資金を危険にさらすのはあまりお勧めできません。

ビットコインを始めとする仮想通貨の相場と自分の感性がピッタリという場合、直感に頼るトレードで大成功できるかもしれません。しかし、そうでない場合は、残念な結果になるかもしれません。

そこで、別の何かを探してみましょう。

2.ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは、投資対象の本当の価値を見極めてトレードしようとする方法です。

例えば、日経平均株価を投資対象とする場合、「現在のGDP成長率、金利や消費動向を考えると、今の株価は安すぎて不当だ。よって、ここは買いで勝負!」という具合です。

しかし、ビットコインの場合はファンダメンタルズ分析が困難です。というのは、ビットコインはただのプログラムなので、企業の業績に相当するものがありません。発行体もありませんから、発行体の業績を元にトレードすることもできません。

そこで、トレードするための別の方法を探しましょう。

3.チャート分析

チャートとは、過去の値動きをグラフにしたものです。価格がつくものでしたら、チャートを作ることができます。よって、ビットコインを始めとする仮想通貨にもチャートがあります。

ということは、チャート分析をすることによって将来の価格上昇や下落をある程度予想できるかもしれません。

しかし、ビットコインにチャート分析は通用するでしょうか。「チャート分析の結果に基づいてトレードしてみたら、散々な結果だった!」ということがあってはいけません。そこで、過去のビットコインのチャートを確認してみましょう。

チャート分析の方法

このサイトでチャート分析をいくつか試みます。そして、チャート分析には様々な方法がありますから、分かりやすいものを例にしてみましょう。その結果得られるトレード手法が有効だとわかれば、その分析に基づいてトレードできます。

なお、あるチャート分析手法は有効でないと分かった場合も、それは大切な知識となります。「ある分析手法は使えない」というデータを得られるからです。そのチャート分析方法は捨て去り、有効な手法を探しましょう。

また、様々なチャート分析手法を検討した結果、どんなチャート分析も全然使えないと分かったとしましょう。その場合は、さらに別のトレード手法やトレード対象を考えることになります。例えば、こんなところです。

自分なりのトレードパターンを見つけて、相場の荒波を乗り越えていきましょう。

次頁では、チャート分析の一つである「半値戻し」がビットコインにおいても有効であるかについて確認していきます。

ビットコインは何を頼りにトレードするか?

×
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ビットコインの入手方法
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
入手したビットコインの信頼性
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
取引業者の特徴・比較(総論)
bitflyerの特徴
Krakenの特徴
J-BItsの特徴
bitflyerとKrakenの比較
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
コイン価格は上昇するか?
【2017年】仮想コインの時価総額
【2016年】仮想コインの時価総額
決済サービス
アルトコインの特徴
仮想通貨を「貨幣」認定
金融詐欺にご注意下さい!
×