ビットコインのチャート分析 PC版イメージ ビットコインのチャート分析 スマホ版イメージ

ペナント(三角保ち合い)

ビットコインのチャート分析では、ペナント(三角保ち合い)も有効に機能するように見えます。そこで、ペナントについて確認しましょう。

ペナントとは?

ペナントは三角保ち合い(さんかくもちあい)とも呼ばれます。そのチャート形状を下の図で確認しましょう。

青の曲線がビットコイン価格の推移を示します。そして、赤色の補助線を2本引いています。上側が上値抵抗線、下側が下値支持線です(上値抵抗線と下値支持線の考察につきましては、別記事「ビットコインのチャート分析2:上値抵抗線・下値支持線」をご覧ください)。

三角保ち合い(ペナント)説明図

上値抵抗線と下値支持線の間の距離が次第に狭くなって、最終的には交差している様子が分かります。この2本の補助線の間をビットコイン価格が推移しますから、値動きがだんだん小さくなっています。

そして、二つの補助線が交差するあたりで、一気に上方向または下方向に価格が動くというのが、ペナントの特徴と言われます。上の図では、上方向に進む様子を描いています。

なお、実際のトレードにおいては、2本の補助線が交差する点よりも前に価格が上または下に大きく動きだすことがあります。このため、「2本の補助線が交差する点またはその少し前あたりで大きく動きだす可能性がある」くらいに認識しておきましょう。

ビットコイン相場でペナントは有効か?

では、ビットコイン相場でも、ペナントのチャート分析手法は有効に機能するでしょうか。DMM Bitcoinの日足チャートで確認しましょう。

2017年6月~7月

下のチャートで、2つの補助線が徐々に近づいていることが分かります。教科書的には、2つの補助線が交差するあたりで価格が大きく動くのですが、下の例では、そうなる前に下方向に進んでいることが分かります。

ビットコインチャートの三角保ち合い(BTC/JPY)2017年6月~7月

2017年7月~8月

下の例は、ペナントの形が分かりやすいです。ここでは、補助線が交差するあたりまで価格が横ばいで推移していることが分かります。その後、一気の上昇が実現しています。

ビットコインチャートの三角保ち合い(BTC/JPY)2017年7月~8月

ペナントができると、徐々に値動きが小さくなります。そして、ペナントが終了して上または下に動き出すと、今までとは違って大きく一気に動いている様子が分かります。今までの小さな値動きに慣れていると、突然の値動きでびっくりしてしまうかもしれません。

ペナントが見つかったら、突然の大きな値動きに警戒するとともに、トレードチャンスを探してみましょう。

上値抵抗線、下値支持線そしてペナントはいつもセットで考えることが可能です。また、上のチャートは日足ですが、もっと短い時間軸でも有効に機能する可能性があります。そこで、皆様自身でチャートを眺めてみてください。

ペナントを探す際の留意事項

お、実際にペナントを探してみると、慣れないうちは難しく感じるかもしれません。例えば、下のチャートの赤丸部分の扱いです。

チャートが、部分的に下方向に突き抜けています。この青線を「ヒゲ」と言います。補助線を引いてペナントを探す際、このように部分的に補助線をはみ出してしまっても構いません。

どの程度はみ出しても良いのか、あるいは、はみ出さない方が良いのか。これを断定的に書くのは難しいです。実際にチャートに線を引いてみて、コツをつかんでください。

なお、上のチャートで、ヒゲ部分もはみ出さないようにペナントを描くと、下のようになります。とても美しいペナントになります。補助線の引き方によって、チャートの見え方が全く変わってくることが分かります。

ペナントのトレード例

では、ペナントを使ったトレード例を考察しましょう。下のチャートをご覧ください。右端部分でペナントが終了し、価格が大きく上昇している様子が分かります。

価格が上昇しているので買いですが、どこで買いましょうか。それは上の図の右端A点でしょう。本来はD点あたりで買いたいです。しかし、D点だと、その後に上昇するか下落するか分かりません。上昇を確認してから買います。

次に、どこで利食いするか考えましょう。実際には、どこで利食いしても構わないです。しかし、最大目標値の目途が欲しいです。目標値の考え方には複数ありますが、ここでは1つご案内します。

目標値の出し方(例):

ここで算出した目標値まで、必ず到達するというわけではありません。しかし、最大目標値の目安として使えるでしょう。

なお、損切りの位置も確認しましょう。上の図でいえば、点Dを下回ったら損切りです。

利食いする場合に得られる額(期待利益)と、損切りする場合に失う額を比較します。期待利益の方が大きければ、トレードチャンスと考えられます。仮に勝率が5割であっても、利幅の方が大きければ、トレードを繰り返すと合計でプラスになると期待できるからです。

次のページでは、取引するうえで欠かせない必須アイテム「リアルタイムチャート」の設定方法を、ビットフライヤーの「bitFlyer Lightning」を例にとって紹介します。

ビットコインは何を頼りにトレードするか?

×
ビットポイントトレード手法
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類・作り方
ビットコインの保管方法
PC・スマホにウォレットを作る
ビットコイン紛失事例(2件)
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
無料配布詐欺に注意!
ビットコインの送金について
送金のしくみ
公開鍵、秘密鍵、アドレス
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ハードフォークはナゼ起こる?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
ビットフライヤーのスマホアプリ
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
DMM Bitcoinの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
Liquidの特徴
BitTradeの特徴
SBI VCの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
DMM Bitcoin口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
SBI(SBIVC)口座の作り方
BTCボックス口座の作り方
Liquid口座の作り方
仮想通貨取引で有利な銀行口座
仮想通貨のチャート分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し-基本~実践
上値抵抗線・下値支持線
三角保ち合い(ペナント)
bitFlyerの高機能チャート
「相場の見通し」の作り方
フラッシュクラッシュ
DMM Bitcoinの比較チャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
貸仮想通貨サービス|GMOコイン
信用取引で低リスクな裁量取引
ビットコインを堅実に増やす方法
ビットコインの自動売買~QUOREA
板情報で取引【BITPoint】
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと現物取引の価格差について
FX先物取引とは
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
激変!仮想通貨のシェア【2018年版】
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP