ビットコインのチャート分析 PC版イメージ ビットコインのチャート分析 スマホ版イメージ

ペナント(三角保ち合い)

ビットコインのチャート分析では、ペナント(三角保ち合い)も有効に機能するように見えます。そこで、ペナントについて確認しましょう。

ペナントとは?

ペナントは三角保ち合い(さんかくもちあい)とも呼ばれます。そのチャート形状を下の図で確認しましょう。

青の曲線がビットコイン価格の推移を示します。そして、赤色の補助線を2本引いています。上側が上値抵抗線、下側が下値支持線です(上値抵抗線と下値支持線の考察につきましては、別記事「ビットコインのチャート分析2:上値抵抗線・下値支持線」をご覧ください)。

三角保ち合い(ペナント)説明図

上値抵抗線と下値支持線の間の距離が次第に狭くなって、最終的には交差している様子が分かります。この2本の補助線の間をビットコイン価格が推移しますから、値動きがだんだん小さくなっています。

そして、二つの補助線が交差するあたりで、一気に上方向または下方向に価格が動くというのが、ペナントの特徴と言われます。上の図では、上方向に進む様子を描いています。

なお、実際のトレードにおいては、2本の補助線が交差する点よりも前に価格が上または下に大きく動きだすことがあります。このため、「2本の補助線が交差する点またはその少し前あたりで大きく動きだす可能性がある」くらいに認識しておきましょう。

ビットコイン相場でペナントは有効か?

では、ビットコイン相場でもペナントのチャート分析手法は有効に機能するでしょうか。下のチャートをご覧ください。縦軸は価格(米ドル)です。(チャートのキャプチャはBlockchain.infoから引用。見やすいように加工しています)。

ビットコインチャートの三角保ち合い(BTC/USD)

上のチャートでは、2015年11月から2016年4月までのおよそ6か月間でペナントを作っています。価格の範囲は300米ドルあたりから450米ドルあたりであり、とても大きなペナントです。

このような大きなペナントもありますが、下のような小さなペナントもあります。

ビットコインチャートのペナント図(BTC/USD)

こちらは2か月間くらいでペナントを作っています。また、ペナントを作った範囲も、先ほどの例と比べますとかなり小さくなっています。

今回引用したチャートは全体的に上昇しています。このため、ペナントができた後のビットコイン価格は上方向に動いています。相場が上方向に動くときのペナントが機能するだろうことが分かりましたので、下落局面でもペナントが有効利用できるのでは?と期待できます。

上値抵抗線、下値支持線そしてペナントはいつもセットで考えることが可能です。また、上のチャートは日足ですが、もっと短い時間軸でも有効に機能する可能性があります。そこで、皆様自身でチャートを眺めてみてください。

ビットコインは何を頼りにトレードするか?

×
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ビットコインの入手方法
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
入手したビットコインの信頼性
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
取引業者の特徴・比較(総論)
bitflyerの特徴
Krakenの特徴
J-BItsの特徴
bitflyerとKrakenの比較
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
コイン価格は上昇するか?
【2017年】仮想コインの時価総額
【2016年】仮想コインの時価総額
決済サービス
アルトコインの特徴
仮想通貨を「貨幣」認定
金融詐欺にご注意下さい!
×