ビットコインのチャート分析 PC版イメージ ビットコインのチャート分析 スマホ版イメージ

とても優秀なbitFlyerのチャート

ビットコイン取引の必須アイテム…それはチャートでしょう。チャートをリアルタイムで読んで、今が買い時なのか売り時なのかを考えます。では、どこで高性能チャートを見られるでしょうか。各取引所でチャートが使えますが、ビットフライヤー(bitFlyer)のチャートはとても優秀です。

そこで、ビットフライヤーのチャートの使い方をざっくりと確認しましょう。下はビットコインの日足チャートで、移動平均線とMACDを同時に表示しています。

リアルタイムチャート(移動平均線とMACD)

チャートの表示方法

bitFlyer Lightningチャート設定(ログイン)

ビットフライヤーにログインしたら、左側のメニューから「bitFlyer Lightning」をクリックします。

すると、下の画面が出てきます。様々な情報がぎゅっと詰まっていますが、チャートは赤枠で囲った部分です。もっと大きく、使い勝手を良くしてみましょう。

bitFlyer Lightningチャートのデフォルト画面

その前に、この記事での説明が分かりやすくなるように、画面の色遣いを変えてみます。上の画面の左側にある「三」をクリックしてください。下の画像の矢印部分です。

すると、メニューが表示されますので「設定」をクリックしましょう。

bitFlyer Lightningチャートのメニュー画面

その後、下の方にスクロールしますと、「テーマ」が出てきます。いくつものパターンがありますが、ここでは「Material」を選択します(どれを選んでも構いません。皆様が見やすいと思うものを選びましょう)。

bitFlyer LightningチャートのMaterial設定画面

すると、全体的に色が変わります。再び左上の「三」をクリックし、メニューから「トレード」を選択して元の画面に戻りましょう。

下の画像は、Materialを選択した場合の全体像です。黒を基調とする場合と、かなり印象が違います。次に、チャートを大画面で表示します。

bitFlyer LightningチャートのMaterial設定後画面

画面右上にあるグラフのアイコンをクリックします。下の画像において、赤丸で囲っている部分です。

すると、新しくウィンドウが立ち上がり、画面いっぱいにチャートが出てきます。ブラウザ全体に表示されるだけでも、かなり使いやすいです。

なお、上の画面上部に赤枠を2つ追加しました。左側をクリックすると、時間軸を設定できます。1分足から週足まで、13種類の足から選ぶことができます。

選べる時間軸

1分、3分、5分、15分、30分、1時間、2時間、4時間、6時間、12時間、1日、3日、1週間。

bitFlyer Lightningチャートの時間軸設定画面

また、右上の四角部分をクリックすると、チャートに表示したいインジケーターを選択できます。下の画像はその一部だけ表示しています。MACD、RSI、SMA(単純移動平均線)など、株式投資でおなじみのインジケーターを多数揃えています。

bitFlyer Lightningチャートのインジケーター選択画面

インジケーターの設定

インジケーターの設定について、上の赤枠部分を例にして確認しましょう。

(1)左側にSMAとありますが、これはインジケーターの名前です。これをチャートに追加したい場合は、名前の左側のチェックボックスをクリックします。

(2)中ほどの数字(15、50)は、変数を表します。意味が良く分からない場合は、このままで良いでしょう。

(3)右から2番目の「?」をクリックすると、そのインジケーターの説明のページに移動します。ただし、英語で書かれています。

(4)一番右の「既定」をクリックすると、変数の数字を元の値に戻せます。

下のチャートは、SMAとMACDを選択した場合の画面です。株式投資やFXと比べても遜色のない、素晴らしいリアルタイムチャートが表示されます。

bitFlyer Lightningチャートのリアルタイムチャート設定完了画面

このチャートを使って、皆様独自のトレード手法を開発してみましょう!

ビットコインは何を頼りにトレードするか?

×
BitcoinCash公開トレード
BCCの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
PC・スマホにウォレットを作る
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
ビットコインの送金について
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
最も安心・安全な取引所
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
coincheck貸仮想通貨サービス
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
coincheckの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
QUOINEXの特徴
Krakenの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
QUOINEX口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
リアルタイムチャート
仮想通貨のトレード方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
ビットコインを堅実に増やす方法
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP
メリット・デメリット
FXと仮想通貨の融合トレード
×