仮想通貨の世界は発展がすさまじく、以前常識だったことが1年後には通用しなくなる場合もあるでしょう。そこで、「仮想通貨と言えばビットコイン」と言っても過言でなかった2017年から、2018年はどのように変化したでしょうか。

仮想通貨の時価総額の面で確認しましょう。なお、この記事の時価総額データはcoinmarketcap.comからの引用です。

2017年の仮想通貨の時価総額

最初に、2017年初めの状況を確認しましょう。時価総額が10万米ドルを超える仮想通貨において、ビットコインの占める割合がどれくらいあったか?です。

仮想通貨の時価総額シェア円グラフ(2017年2月)

さすがビットコインです。圧倒的なシェアを占めています。仮想通貨全体の85%を占めています。第2位にイーサリアムがあります。第3位以下は「その他」という扱いでも問題ないでしょう。

それくらい、ビットコインは圧倒的でした。なお、2017年の仮想通貨シェア詳細につきましては、別記事「【2017年】ビットコインの時価総額と市場規模」でご確認ください。

2018年の仮想通貨の時価総額

では、2018年1月16日時点の時価総額シェアを確認しましょう。2017年と同じく、時価総額が10万米ドルを超える仮想通貨を対象とします。

仮想通貨の時価総額シェア円グラフ(2018年1月)

1年前(2017年1月)に85%のシェアを占めていたビットコインですが、わずか1年後には26%にまで低下してしまいました。

ただし、ビットコインの時価総額が減少したわけではありません。アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)が大躍進したことが原因です。

ビットコインは、マイニングで10分ごとに新しいビットコインが産出されます。すなわち、10分ごとにビットコインの総数は増え続けています。

また、下のチャートでご覧いただけますとおり、ビットコイン価格は大きく上昇しました。すなわち、時価総額はとても大きくなりました(チャートは、Zaifから引用)。

BTC/JPY日足チャート(2018年1月)

ビットコインは、決して衰退したわけではありません。アルトコインの勢いがすさまじかったということになります。

アルトコインの種類が激増

実際、アルトコインの数は1年間で大きく増えました。時価総額が10万米ドル以上の仮想通貨の数を比較しますと、以下の通りです。

10万ドルに満たない仮想通貨も加えますと、1年で1,000種類くらい増えているかもしれません。すなわち、毎日3つくらいの新仮想通貨が誕生していることになります。

その中には、全く人気が出ずにハズレの仮想通貨もあるでしょう。しかし、多くの人気を集めたアタリの仮想通貨もあるでしょう。アタリの仮想通貨が増えた結果、ビットコインの時価総額シェアが小さくなったと考えられます。

仮想通貨を作れる技術者から見れば、新仮想通貨にチャレンジしない理由はありません。自分の技術だけで、もしかしたら数年後には億万長者になれるかもしれないのです。

よって、今後も仮想通貨の種類は増えていくと予想できます。

時価総額上位10位を確認

ここで、2018年1月16日時点の、時価総額上位10傑を確認しましょう。下の円グラフの通りです。

仮想通貨の上位10個時価総額シェア円グラフ(2018年1月)

2017年1月時点では存在していなかったか、あるいは注目度が小さかった仮想通貨がいくつもあります。2位は依然としてイーサリアムですが、日によっては、3位のリップルが2位になることもあります。

それくらい、順位変動が大きいです。

1位のビットコインと2位のイーサリアムを比較しますと、その差は20%くらいです。1年前は比較できないくらい圧倒的な差があったことを考えますと、2019年1月には、もしかしたらビットコインは1位の座を明け渡しているかもしれません。

もしかして、上位10個の円グラフから転落するかもしれません。さすがに、10位から転落というのは書き過ぎの感があります。しかし、仮想通貨の世界では、何があってもおかしくないと思わせるくらいのダイナミックな動きがみられます。

今後も、仮想通貨の成り行きから目が離せません。

ビットコインのデータ

×
ビットポイントキャンペーン
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類・作り方
ビットコインの保管方法
PC・スマホにウォレットを作る
ビットコイン紛失事例(2件)
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
無料配布詐欺に注意!
ビットコインの送金について
送金のしくみ
公開鍵、秘密鍵、アドレス
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ハードフォークはナゼ起こる?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
ビットフライヤーのスマホアプリ
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
DMM Bitcoinの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
Liquidの特徴
BitTradeの特徴
SBI VCの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
DMM Bitcoin口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
SBI(SBIVC)口座の作り方
BTCボックス口座の作り方
Liquid口座の作り方
仮想通貨取引で有利な銀行口座
仮想通貨のチャート分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し-基本~実践
上値抵抗線・下値支持線
三角保ち合い(ペナント)
bitFlyerの高機能チャート
「相場の見通し」の作り方
フラッシュクラッシュ
DMM Bitcoinの比較チャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
貸仮想通貨サービス|GMOコイン
信用取引で低リスクな裁量取引
ビットコインを堅実に増やす方法
ビットコインの自動売買~QUOREA
板情報で取引【BITPoint】
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと現物取引の価格差について
FX先物取引とは
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
激変!仮想通貨のシェア【2018年版】
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP