ビットコインの販売所・取引所 PC版イメージ ビットコインの販売所・取引所 スマホ版イメージ

仮想通貨は、取引所から別のウォレットに簡単に自由に送金できます。ということは、取引所のIDとログインパスワードが第三者に漏れてしまう場合、自分の仮想通貨が簡単に盗まれてしまいます。

これを防止するために、多くの取引所で2段階認証(にだんかいにんしょう)を採用しています。これは、IDとパスワードに加えて、その場限りのパスワードを使ってログインなどをする方法です。

2段階認証の方法はいくつかありますが、スマホやタブレットを使ったgoogleの2段階認証が有名です。

ここで、問題です。2段階認証を設定したスマホが壊れてしまった場合、どうしましょうか。そのままではログインできません。当サイト管理人は、2段階認証を設定していたタブレットを踏んで壊してしまい、途方に暮れることになりました。

そこで、破損から2段階認証復活までの方法をご案内します。

スマホが壊れてログインできない場合の対応

2段階認証を設定したスマホやタブレットが壊れてしまうと、ログインできなくなります。2段階認証には6桁の数字を使うことが多いでしょう。そこで、適当に6桁の数字を入力することもできますが、適当な数字を入れているので、やはりログインできません。

適当な数字を入れ続けると、口座がロックされてしまうかもしれません。

この場合、無理しないで取引所に連絡しましょう。取引所が身元確認をした後で、2段階認証を解除してくれます。なお、取引所によって、2段階認証解除に至るまでの方法が少しずつ異なります。

そこで、当サイト管理人の例をご案内します。

1.ビットフライヤーの場合

メールで連絡すると、ビットフライヤーから折り返し電話が来ます。そこで身元確認をすれば、2段階認証が解除されます。なお、電話番号は非通知でかかってきます。「非通知で怪しいから、電話に出るのはやめよう」としないように気を付けましょう。

2.コインチェックの場合

メールで連絡すると、登録メールアドレスに連絡が届きます。そのメールで、「IDセルフィ―」を送るよう指示があります。IDセルフィ―とは、運転免許証などと自分の顔を一緒に撮った写真です。身分証明書の文字が読めるように写真を撮りましょう。

3.GMOコインの場合

メールで連絡すると、登録メールアドレスに連絡が届きます。その内容に従って生年月日等を連絡すると、SMS(メール)による認証に切り替えてくれます。

あらかじめ、スマホ破損に備える

スマホやタブレットが壊れた場合、上でご案内した方法でログインできるようになります。そして、再び2段階認証を設定します。

しかし、この方法ですと、少々面倒臭いかもしれません。また、スマホが壊れて回復するまでに相場が大きく動いても、売ることも買うこともできずに困ってしまいます。そこで、スマホが壊れても大丈夫なように、あらかじめ準備する方法があります。

準備の内容

QRコードを保存しておく。

2段階認証を設定する際、スマホにQRコードを読ませます。そのQRコードをコピーして、どこかに保存します。ただし、仮想通貨取引に使っているスマホやPCに保存すると、セキュリティ面で問題があります。

そこで、別のデバイスに保存しましょう。USBメモリなど、インターネット外での保存が望ましいです。

なお、この方法は、もしもの場合に便利な一方、セキュリティ面で少しだけ心配かもしれません。そこで、セキュリティを重視するなら、保存するのはやめましょう。QRコードを保存しないのが、セキュリティ面で最強です。そして、スマホを壊したり紛失したりしないようにしましょう。

(この記事を参考にしていただいた結果、何かトラブルがあっても、当サイトでは責任を負えません。)

2段階認証を設定したのに、仮想通貨を盗まれた場合

なお、この2段階認証を使うと、セキュリティが格段に高くなります。このため、取引所各社は2段階認証を使うよう、顧客に積極的に推奨しています。

ビットフライヤー(bitFlyer)やコインチェック(coincheck)では、2段階認証を設定していたのに仮想通貨を盗まれてしまった場合、その金額を保証するプログラムまであります。

IDとパスワードに加えてもう一つとなると、何だか面倒臭いと感じるかもしれません。しかし、実際に使ってみると、そんなに面倒ではありません。最初に設定してしまえば、後はストレスなく自然に使えます。ぜひとも、2段階認証を設定しましょう。

ビットコイン取引所

×
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
PC・スマホにウォレットを作る
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
ビットコインの送金について
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
最も安心・安全な取引所
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
coincheckの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
QUOINEXの特徴
Krakenの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
QUOINEX口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
リアルタイムチャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
仮想通貨の積立投資-Zaifコイン
積立投資のデメリットと対策
仮想通貨を貸付して利息をもらう
ビットコインを堅実に増やす方法
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP
メリット・デメリット
FXと仮想通貨の融合トレード
×