ビットコインの販売所・取引所 PC版イメージ ビットコインの販売所・取引所 スマホ版イメージ

スマホは持っているけれど、PCは持っていないというユーザーが増えてきました。これに合わせて、取引所各社はスマホアプリを続々と導入しています。

そこで、取引所最大手の一つであるビットフライヤー(bitFlyer)のスマホアプリを探検しましょう。どれくらい使いやすいでしょうか。

ビットフライヤーのスマホアプリ評価

スマホアプリの良い点は、ユーザーの評価を直接見られることです。PCのソフトにはない機能です。まずは、ユーザーの評価から確認しましょう。

bitFlyerスマホアプリの評価

評価とレビュー

「評価とレビュー」を見ますと、4.2です。最高が5点で最低が1点ですから、極めて高評価だと言えます。

ユーザーの希望から言えば、限りなく5点に近いスマホアプリが欲しいでしょう。しかし、それは大変なことです。というのは、ユーザーごとに評価する基準が異なるからです。

ユーザーは様々な希望を持っています。すべての機能をスマホの小さい画面に導入すると、画面がゴチャゴチャして見づらくなるでしょう。また、メニューを増やし過ぎても、分かりづらくなります。そこで、掲載する情報を思い切って厳選し、見やすさを追求します。

しかし、押さえるべき点はしっかりと押さえます。

こうして作った万人向けのアプリで、ユーザー評価が4.2です。素晴らしい評価です。極めて使いやすいスマホアプリという理解で良いでしょう。

ビットフライヤーのスマホアプリの機能

では、ビットフライヤーのスマホアプリで何ができるか?を確認しましょう。スマホですから、難しい操作は必要ありません。感覚的に操作できます。下は、ログイン直後の画面です。

bitFlyerスマホアプリのログイン画面

売買方法

仮想通貨を売買するには、販売所または取引所を選択したうえで、自分が取引したい仮想通貨名をタップします。デフォルト画面では販売所が選択されています。

販売所でビットコインを売買

下の画像で、「販売所」「ビットコイン」をタップします。

bitFlyerスマホアプリの取引画面

すると、販売所の画面に切り替わります。数量を指定して、赤の「買う」または、緑の「売る」をタップしますと売買できます。

bitFlyerスマホアプリの売買状況画面

なお、この画面を横にスライドしますと、全部で4つの画面があることが分かります。「全注文履歴」「チャート」「取引画面」そして「取引履歴」です(上の画像は取引画面です)。操作性が良く、ストレスなく操作できます。

そして下の画像は、「取引所」と「ビットコイン」を選択した場合です。シンプルでありながら、注文板の状況が良く分かる作りになっています。

bitFlyerスマホアプリでの取引所画面

ビットコインのローソク足チャート

スマホアプリを使う場合、気になるのがチャートです。スマホは画面が小さいですから、PCのような細かいチャート表示は難しいです。しかし、あまりに簡潔な表示だと、売買チャンスを確認しづらいです。

ビットフライヤーのスマホアプリのチャートはどうでしょうか。下をご覧ください。

bitFlyerスマホアプリのチャート画面

チャートを見やすくする工夫を確認しましょう。

工夫1:価格表示部分にもローソク足を表示

PCの場合、縦軸の価格表示部分にはローソク足を表示しないのが通常です。しかし、スマホは画面が小さいですから、画面いっぱいにローソク足を表示したいです。そこで、スマホ画面の左端までローソク足を表示しています。

工夫2:インジケーターなし

インジケーターとは、移動平均線やMACDといったものです。あえてインジケーターを表示しないことにより、見やすいチャートを実現しています。

自分の資産状況確認

売買したら、自分が持っている仮想通貨の数量を確認しましょう。また、自分の仮想通貨の評価額も確認したいです。その場合、トップ画面上にある「総資産」部分をタップしましょう(下の画像の赤枠)。

bitFlyerスマホアプリで総資産状況確認

すると、下のように、仮想通貨ごとの保有数量と総資産を確認できます。この画面で仮想通貨の名前部分をタップしますと、その仮想通貨の入出金ができます。

仮想通貨ごとの保有数量と総資産

この画面を見れば、自分の資産状況が一目瞭然です。

上の画面では、総資産185円と寂しい状態です。売買や入出金を繰り返した結果ですが、保有数量がもう少し多い時にスクリーンショットを取れば良かったかな?という感じです(イーサやビットコインキャッシュに、取引を繰り返した名残があります)。

PCユーザーにも使い勝手が良い

自分はPCだけで取引するからアプリは不要だ、という場合もあるでしょう。しかし、上の画像を見ていただければ分かりますとおり、資産状況がとても分かりやすく表現されています。

仮想通貨は、時々大きく変動します。その時に売買したいと思うかもしれません。スマホはいつでもどこでも使えるのが魅力です。とりあえずアプリを入れておくだけでも価値があるでしょう。

ビットコイン取引所

×
ビットポイントキャンペーン
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類・作り方
ビットコインの保管方法
PC・スマホにウォレットを作る
ビットコイン紛失事例(2件)
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
無料配布詐欺に注意!
ビットコインの送金について
送金のしくみ
公開鍵、秘密鍵、アドレス
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ハードフォークはナゼ起こる?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
ビットフライヤーのスマホアプリ
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
DMM Bitcoinの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
Liquidの特徴
BitTradeの特徴
SBI VCの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
DMM Bitcoin口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
SBI(SBIVC)口座の作り方
BTCボックス口座の作り方
Liquid口座の作り方
仮想通貨取引で有利な銀行口座
仮想通貨のチャート分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し-基本~実践
上値抵抗線・下値支持線
三角保ち合い(ペナント)
bitFlyerの高機能チャート
「相場の見通し」の作り方
フラッシュクラッシュ
DMM Bitcoinの比較チャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
貸仮想通貨サービス|GMOコイン
信用取引で低リスクな裁量取引
ビットコインを堅実に増やす方法
ビットコインの自動売買~QUOREA
板情報で取引【BITPoint】
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと現物取引の価格差について
FX先物取引とは
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
激変!仮想通貨のシェア【2018年版】
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP