ビットコインの販売所・取引所 PC版イメージ ビットコインの販売所・取引所 スマホ版イメージ

ビットコインのリスク、信頼度とMt.Goxの問題

Mt.Goxに限らず、ビットコインを使用したサービスを展開している会社のいくつかで、問題や事件が発生しています。このサイトでは、”flexcoinがハッキング被害に遭って事業を停止した”という、ビットコインのリスクの一つの事例として記事を紹介しています。

Mt.Gox事件も、これに似た性質を持っています。すなわち、ビットコインに致命的な欠陥があったのではなく、ビットコインを使ったサービス提供会社に問題があったということです。

下の図は、これをイメージしたものです。ビットコインのシステムの上で各社がサービスを展開していますが、サービス提供会社が問題を起こしたのであって、ビットコインには何らの影響がないことを示しています。

マウントゴックス破綻イメージ

Mt.Goxの問題はビットコインの信頼度に影響を与えない

このことは、Mt.Gox事件が明るみに出た後もビットコインは正常に取引され続けたことからも明らかです。

例えていうならば、ある銀行がATMシステムに異常を起こしてしまい、預金を出金することも入金することもできなくなったとします。これをもって「日本の通貨システムは欠陥だった」と結論づけることはできません。

問題があるのは異常を起こした銀行のシステムであって、日本の通貨システムではありません。この問題が発生しても、円に対する信頼が揺らぐことはありません。

これと同じようなものです。

flexcoinでは、ハッキングによってビットコインが盗まれました。Mt.Goxも、当初は同じような説明をしていました(のちに、これは事実と異なるだろうことが分かってきています)。

flexcoinの事件で分かることは、「ビットコインには価値がある」ということです。ハッキングしてビットコインを盗み出すには技術が必要ですが、警察に逮捕されるというリスクがあります。

ハッキングした人(またはグループ)は、その危険を冒してでもビットコインを欲しがったということです。

Mt.Goxでは何が起こったのか

Mt.Goxについては詳細不明ですが、どうやら、社長が不正をしてビットコインを私的に流用したか価値を水増ししていたか、といったあたりが真相のようです。Mt.Gox内で何が起こっていたのか、社長本人以外は知りうる立場になかった模様です。

このため、Mt.Gox事件は起こるべくして起こってしまったということになります。

この事件が発覚した際には、400億円ともいわれる被害額の大きさも手伝って、大々的に報道されました。しかし、後になって振り返ると、わずか数行で書けてしまうほどの内容です。

今では(債権者以外にとっては)既に過去の話となってしまい、Mt.Gox事件の今後の推移がビットコインの将来像に影響を与える可能性は小さい模様です。

回避が難しいビットコインのリスク

この事件を教訓として、私たちはビットコインをはじめとする仮想通貨のリスクに対して、何をすべきでしょうか。

顧客は、Mt.Goxに対してビットコインを送金し、Mt.Gox内でビットコインを保管していました。形式的には、顧客はビットコインを「預けた」「保管した」ということになるでしょう。

しかし、ビットコインのシステムから考えると、Mt.Goxに送金したということは、「ビットコインに関する全ての管理権限を譲渡した」と同じ効果を持ちます。

すなわち、Mt.Goxが、預けたビットコインに対してどのようなことをしようとも、Mt.Goxが虚偽の情報提供を続ければ、顧客は真実を知ることができないということになります。

このリスクは、現状ではどの会社(取引所・販売所)でも同様のことがいえます。また、ビットコインばかりではなく、他の仮想通貨であっても、回避が難しいリスクです。

今後、同様の事件が発生しないという保証はありません。そこで、この種の事件に巻き込まれないよう、利用する会社の選択が極めて重要だということが分かります。

取引所や販売所を慎重に選ぶことが、ビットコインや他の仮想通貨を取引する場合の、リスクを回避する手段の一つであることを知っておきましょう。

次のページでは、「どの取引所でビットコインを取引するか」について、いくつか提案しています。下のリンクの関連ページでは、「詐欺に遭わないために」という記事を紹介しています。

ビットコイン取引所

×
仮想通貨チャート一覧&価格一覧(リアルタイムレート)
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類・作り方
ビットコインの保管方法
PC・スマホにウォレットを作る
ビットコイン紛失事例(2件)
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
無料配布詐欺に注意!
ビットコインの送金について
送金のしくみ
公開鍵、秘密鍵、アドレス
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ハードフォークはナゼ起こる?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
ビットフライヤーのスマホアプリ
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
DMM Bitcoinの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
QUOINEXの特徴
BitTradeの特徴
SBI VCの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
DMM Bitcoin口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
SBI(SBIVC)口座の作り方
BTCボックス口座の作り方
QUOINEX口座の作り方
仮想通貨取引で有利な銀行口座
仮想通貨のチャート分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し-基本~実践
上値抵抗線・下値支持線
三角保ち合い(ペナント)
bitFlyerの高機能チャート
「相場の見通し」の作り方
フラッシュクラッシュ
DMM Bitcoinの比較チャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
ビットコイン積立【ZAIF】
貸仮想通貨サービス|GMOコイン
信用取引で低リスクな裁量取引
ビットコインを堅実に増やす方法
ビットコインの自動売買~QUOREA
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと現物取引の価格差について
FX先物取引とは
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
激変!仮想通貨のシェア【2018年版】
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP