ビットコインの販売所・取引所 PC版イメージ ビットコインの販売所・取引所 スマホ版イメージ

ビットコイン利用時の類似用語(単語)

ビットコインを使おうとすると、似たような3つの単語に出会うかもしれません。すなわち、販売所、取引所、交換所です。この3つはどのように異なるのでしょうか。

販売所

販売所とは、ビットコインを販売する場所という意味です。「場所」と書いてしまうと、どこかに店舗があって、そこで対面販売するようなイメージがあります。しかし、ビットコインですから、実店舗ではありません。インターネット上の話です。

では、販売所で買う人は私たちだとして、売る人は誰でしょうか。それは、その販売所を運営している企業です。

また、「販売所」という名前から連想しますと、ビットコインを買うことをイメージできます。しかし、手持ちのビットコインを売って円に換えることもできます。

取引所や交換所と比較して、販売所の特徴は以下の通りです。

取引所、交換所

取引所や交換所と呼ばれるものは、同じことを意味しています。そこで、以下、取引所と交換所をまとめて「取引所」と呼びます。

取引所でのビットコインのやり取りは、株式の売買に似ています。すなわち、ビットコインを買いたい、売りたいという人が注文を出し、売買で価格が一致するときに取引が成立するという方式です。

販売所と比較して以下の違いがあります。

販売所と取引所では上記した違いや特徴がありますが、どちらが良い・悪いということはなく、どちらにもメリットとデメリットがあります。

皆様のご都合に合わせて選択しましょう。

販売所と取引所の価格差

では、販売所と取引所では、どれくらいの価格差があるでしょうか。

下のキャプチャは、bitFlyerのホームページから引用して加工したものです。左側が取引所の売買価格、そして、右の背景が黒くなっているものはbitFlyer FXの取引画面です。

bitFlyer FX取引所の売買価格

販売所の取引価格

販売所で売買する場合、キャプチャをとったときには以下の価格で取引できました。これは1BTCあたりの価格です(BTCはビットコインの単位です)。

仮に、1BTCを買った直後に1BTCを売る場合、162円だけ損します。この差をスプレッドといいます。この差が業者の収益の源泉になります。

取引所の取引価格

全く同じ時刻において、取引所の価格は以下の通りでした。

販売所と比較すると明らかですが、「取引所は、販売所よりも安く買えるし、高く売れる」ことが分かります。スプレッドはわずか5円しかありません。

以上から、販売所で取引する価値は全くないようにも見えます。しかし、そうではありません。というのは、取引所では売買可能数量が限定的です。上のキャプチャで確認しますと、以下の通りです。

すなわち、48,481円で買えるといっても、それは4.14242989BTCに限った話です。それよりもたくさん買おうと思えば、48,481円よりも高いお金を支払う必要があります。

販売所での取引の場合、もっと多額でも大丈夫です。このため、まとまった取引で確実に売買したい場合は、販売所の利用が選択肢になります。

販売所と取引所を使いこなす方法

「自分は取引所でトレードするだけだから、販売所は不要だよ」という場合もあるでしょう。しかし、もしもの場合に備えて、販売所で取引できると知っておくと良い場合があります。

というのは、ビットコインは価格変動率が極めて高いからです。

下のチャートをご覧ください。ビットフライヤー(bitFlyer)ホームページから引用したものに数字等を加えたものです。

bitFlyer取引所レート

価格の天井は15万円台、そして、その後の下落で12万円台になった様子を描いています。率にして20%もの大幅下落です。では、これだけの下落はどの期間で達成されたのでしょうか。

横軸は時間を示します。そこで、確認しますと・・・

20%もの急落がわずか7時間前後で実現してしまいました。これは大変な値動きです。上のチャートは下落の場合で書いていますが、上昇局面でも、大きく上昇することがあります。

ここで、「取引所だけ」でビットコインを売買している場合を想像してみましょう。今、ビットコインを持っていて、価格が暴落を始めたとします。さらに下落すると考えた場合、ここで売却したほうが有利です。

そこで、取引所で売却しようとします。・・・しかし、思ったように売却できないかもしれません。

というのは、そのようなときには他の人も売りたいはずです。わざわざ暴落を狙って買いたいという人は少数派でしょう。すると、売却注文を出しても買い手がいないから売買不成立だったり、とんでもない安値で売却してしまったり、という問題が起きかねません。

こういうとき、普段なら使い道がないように見える「販売所」が選択肢として浮上します。販売所で売却すれば良いのです。

以上の想定は、今後ずっと実現しないかもしれません。しかし、それでも良いと思います。「もしもの場合には、いつでも売却できる手段を持っている」という安心感こそが大切です。

これは、価格が急騰するときも同様です。

価格が飛ぶように上昇するとき、大勢が買いたいと思うでしょう。そして、売りたいという人は少ないかもしれません。というのは、わざわざ今の価格で売らなくても、高くなってから売れば良いからです。

すると、取引所では買いたくても買えないという現象が出てくるかもしれません。こういう場合にも、販売所の利用を検討できるでしょう。

以上のことから、販売所と取引所の両方の機能を持っている会社で取引すると、安心感が大きいです。ビットフライヤー(bitFlyer)は、販売所と取引所の二つで取引可能です。

ビットコイン取引所

×
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ビットコインの入手方法
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
入手したビットコインの信頼性
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
取引業者の特徴・比較(総論)
bitflyerの特徴
Krakenの特徴
J-BItsの特徴
bitflyerとKrakenの比較
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
コイン価格は上昇するか?
【2017年】仮想コインの時価総額
【2016年】仮想コインの時価総額
決済サービス
アルトコインの特徴
仮想通貨を「貨幣」認定
金融詐欺にご注意下さい!
×