ビットコインの販売所・取引所 PC版イメージ ビットコインの販売所・取引所 スマホ版イメージ

ビットコインでトレードができる!

ビットコインの大きな特徴は、その取引の匿名性・透明性でしょう。しかし、「トレードができる」ことも大きな特徴だといえます。

すなわち、株取引やFX(外国為替証拠金取引)のように、価格の上下動を狙って利益を狙えるのです。そこで、ビットコインのトレードにつき、株やFXなどと異なる点に焦点を当てながら考察しましょう。

取引数量がまだ少ない

ビットコインは、株式のように広く一般に知れ渡っているとは言えません。ニュースなどで報道されるようになった仮想通貨やブロックチェーン技術ですが、多数の人にとっては、まだ身近な存在だとは言えないでしょう。

株式投資とは歴史が違いますので、この点は仕方がありません。ビットコインの認知度が高まるのを待つしかありません。

これが、トレードにも影響を与えています。

すなわち、「取引参加者がまだ多くない」ということです。このため、取引したいときに希望の数量を売買することが難しい場面があります。

また、多額のビットコインを持っている人が一度に売ったり、大金を投入して一気にビットコインを買おうという人が現れたりするときには、価格が激しく変動しやすいでしょう。この点に注意が必要です。

しかし、この「価格が激しく変動しやすい」ことが、ビットコインの大きな魅力です。

取引手数料が「マイナス」の場合がある

取引参加者がまだ多くないということに関連します。株式投資など、一般的にはトレードをすると売買手数料を支払うでしょう。手数料無料キャンペーンなどを開催することがあるとしても、基本的には手数料を支払います。

しかし、ビットコインのトレードでは、手数料がマイナスの場合があります。すなわち、「売買するとビットコインをもらえる」ということです。この仕組みは以下の通りです。

トレードでビットコインをもらえるしくみ

ビットコインは、株式取引のように「板情報」があります。例として、Zaif(ザイフ)のホームページから板情報を引用しました。
Zaif(ザイフ)板情報

この表の見方は以下の通りです。

例えば、赤色の一番上は「1306955 0.0350」ですが、これは、「1BTCあたり1,306,955円で、0.0350BTCの買い注文が出ています」という意味です。

この価格で売ってもいいなと思えば、売ることができます。というのは、その価格で買いたいと注文している人がいるからです。

このように、あらかじめ取引希望を明示しておく注文方法を指値注文(さしねちゅうもん)といいます。

一方、「今買いたいから買います、今売りたいから売ります」という注文方法を成行注文(なりゆきちゅうもん)といいます。成行注文は、板情報に載っている取引希望者と取引しますので、売買の希望が板情報に出てきません。

板情報に指値注文が数多く並んでいれば、成行で取引したい人は売買しやすいでしょう。一方、指値で注文を出している人は、誰かがその値段で売買していいよ、と言ってくれるまでじっと待たなければなりません。

makerとtaker

そこで、Zaif(ザイフ)は、ビットコイン取引について特徴的な取引方法を採用しています。

取引手数料がマイナスということは、取引すると手数料をもらえます。そして、注文板に注文を掲載する場合、もらえる手数料の大きさを5倍にしています。

多くのユーザーに取引してほしい、という意向が良く分かります。価格変動だけでなく、取引手数料でも有利にしたいという場合、Zaif(ザイフ)が有力な選択肢となるでしょう。

長期保有のビットコイントレード

株式投資の場合、買って長期的に持つという手法があります。長期間保有すれば、配当や株主優待がもらえるためです。株価が上昇すれば値上がり益も狙えます。また、債券や投資信託なども同様です。値上がり益を狙えますし、定期的な配当も期待できます。

しかし、ビットコインを持っていても配当はありません。これはお金と似ています。現金を財布に入れていても資金が増えないのと同じです。そこで、長期的視野を持ち、ビットコインの現物をずっと持ち続けて価格の上昇を待つというトレード方法が考えられます。

スワップポイントに注意

また、FXでビットコインを長期間保有するのは難しいかもしれません。というのは、スワップポイントがマイナスだからです。スワップポイントとは金利のようなものです。

このため、FXでビットコインを長期間保有すると、マイナス金利で損しながら価格の上昇(または下落)を待つということになります。

これはかなり厳しいトレードです。

短期勝負のビットコイントレード

そこで、短期間の勝負として、ビットコインのトレードを考えることもできます。ビットコインの価格変動はとても大きいので、短期トレードで勝負するにはとても良い対象と言えるでしょう。

例えば、今は暇だけれど1時間後には予定があるという場合を考えましょう。何をしましょうか。

スマホでゲームをしても良いですし、テレビを見ても良いでしょう。そして、選択肢の中にビットコインのトレードを入れるのはいかがでしょうか。

必ず取引すべきというわけではありません。チャートやニュースを見て、今だったらチャンスかなと思えば取引すればOKです。ビットコインは価格変動率がとても大きいですから、小さな金額で短い時間だけ取引しても楽しめるでしょう。

あるいは、特定の時間には特定の値動きをするという「クセ」があるかもしれません。それを調べることができれば最高です。その特定の時間に勝負すれば、好成績を期待できます。

取引所ごとにビットコイン価格が少し異なる

ビットコインの取引所は世界中に数多くあります。それらは独立した企業によって運営されていて、お互いにビットコインの価格を調整しているわけではありません。価格は、取引所参加者の売買によって決められます。

そこで、現在の取引価格を複数の取引所で調べてみると、以下のことが分かります。

株式とFX(外国為替証拠金取引)の場合を例にしながら、この仕組みはどうなっているのかを考えてみましょう。

株式の取引価格

日本には証券会社が数多くありますが、取引そのものは基本的に証券取引所で行われます。日本の場合、東京証券取引所(東証)が有名です。よって、証券会社は取引の窓口としての機能を担います。

このため、どの証券会社経由でも同じ価格で株式の売買ができます。

FXの取引価格

FXの場合、基本的に株式のような集中取引所がありません。このため、個々の業者と顧客の間で取引されます。これを相対取引(あいたいとりひき)と言います。よって、業者ごとに為替レートは少しずつ異なります。

しかし、業者はインターバンク市場の為替レートを元にして顧客に為替レートを提示しますので、業者間のレート差はとても小さくなります。

ビットコインの取引価格

ビットコインの場合、株式取引のような集中取引所はありません。また、外国為替証拠金取引(FX)のように、業者と顧客が直接取引するのが主流だとも言えません。独立した業者が独自に取引所を運営していて、そこで顧客同士が自由に売ったり買ったりします。株式取引とFX取引の両方の性質を持っているといえるでしょう。

では、なぜ取引所間の価格に大きな差が出ないのでしょうか。例で考えましょう。

A取引所とB取引所があったとします。A取引所のビットコインの価格はB取引所の2倍だったとします。このとき、どうしましょうか。

稼ごうと思えば、B取引所でビットコインを買って、A取引所でそのビットコインを売ればOKです。相場を読まなくても自動的に稼ぐことができます。A取引所とB取引所の間でビットコインを移動させる必要がありますが、ビットコインの送金は簡単ですし、10分程度で完了します。

このように考えて実行する人が大勢出てくるでしょう。

その結果、A取引所ではビットコインの売りが優勢になって価格が下がります。一方、B取引所では買いが優勢になって価格が上がります。こうして、取引所間の価格差が縮まっていきます。最終的には、二つの取引所で価格は同じくらいになります。

A取引所とB取引所は別々に動いていますので、価格が完全に一致することはないかもしれません。また、流動性(取引量)が十分でなければ、価格が一致しないかもしれません。

しかし、大幅にかけ離れた価格がつきにくいのは、以上の理由によります。人々の欲望が価格を一致させているといえるでしょう。

なお、突発的に取引所間の価格差が大きくなることがあります。その場合、安い取引所で買って高い取引所で売れば、差額を収益にできます。

次のページでは、ビットコインの過去の値動きを確認しながら、価格変動が大きい理由を考えてみます。

ビットコイン取引所

×
仮想通貨チャート一覧&価格一覧(リアルタイムレート)
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類・作り方
ビットコインの保管方法
PC・スマホにウォレットを作る
ビットコイン紛失事例(2件)
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
無料配布詐欺に注意!
ビットコインの送金について
送金のしくみ
公開鍵、秘密鍵、アドレス
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ハードフォークはナゼ起こる?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
ビットフライヤーのスマホアプリ
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
DMM Bitcoinの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
QUOINEXの特徴
BitTradeの特徴
SBI VCの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
DMM Bitcoin口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
SBI(SBIVC)口座の作り方
BTCボックス口座の作り方
QUOINEX口座の作り方
仮想通貨取引で有利な銀行口座
仮想通貨のチャート分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し-基本~実践
上値抵抗線・下値支持線
三角保ち合い(ペナント)
bitFlyerの高機能チャート
「相場の見通し」の作り方
フラッシュクラッシュ
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
ビットコイン積立【ZAIF】
貸仮想通貨サービス|GMOコイン
信用取引で低リスクな裁量取引
ビットコインを堅実に増やす方法
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと現物取引の価格差について
FX先物取引とは
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
激変!仮想通貨のシェア【2018年版】
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP