サービス一覧 PC版イメージ サービス一覧 スマホ版イメージ
ビットフライヤー法人向けサービス

ECサイトの悩み

色々な製品やサービスを販売するECサイトは、日本中に数多くあります。思うように売上が上がって成功しているサイト、なかなか売上が伸びなくて停滞しているサイト、様々でしょう。

ECサイトが抱える問題や悩みには、どんなものがあるでしょうか。代表的な例を確認しましょう。

悩み1:競争相手が多数で安値競争

ECサイトは、店舗を持たなくて良いのでコストを抑えられます。しかし、それは他のECサイトも同じです。他サイトの商品との価格比較も簡単ですから、より多く売ろうと思えば、他サイトよりも安くしなければなりません。

しかし、安値競争をしていると、利益が大きく目減りしてしまいます。また、巨大な相手が安値競争を仕掛けて来たら大変です。

悩み2:ECサイトに訪問してもらう方法

安値競争しなくて良い商品やサービスを販売しているとしても、悩みはあります。それは、訪問者の確保です。

ユーザーに商品等を見てもらわなければ、一つも売れません。テレビのコマーシャルだったら、視聴者に商品を強制的に見てもらえます。しかし、ECサイトの場合は違います。ユーザーが自分からECサイトを訪問してくれないと、誰も商品等を見てくれません。

ビットコイン保有者の悩み

次に、ビットコイン保有者の悩みを確認しましょう。ビットコインを保有する目的は何でしょうか。代表的な例を列挙してみましょう。

ビットコインはお金と同じように使えます。しかし、実際にはトレードや資産保全としての利用価値が大半でしょう。というのは、ビットコインで買い物ができる店舗が十分に多いとは言えないからです。

ビットコインの価値を十分に使えない状態が続いています。

ビットコインでトレードするから買い物はいいや、という場合であっても、今は現金がちょっと苦しいから、ビットコインで買えたらいいな・・・でも、ビットコインを取引所で売って現金化して、銀行に送金してもらうのは面倒だ!

という場合もあるでしょう。

販売代金をビットコインで受け取る

以上見てきたとおり、ECサイトとビットコイン保有者の両方に悩みがあるでしょう。しかし、この悩みを一気に解決できる方法があります。

ビットコインでの支払いを認める

ECサイトがビットコインでの支払いを認めれば、状況はかなり変わる可能性があります。

ECサイトの視点:

ビットコイン保有者の視点

以上の通り、ECサイトとビットコイン保有者双方にメリットがあります。そこで、ECサイトを運営している場合、ビットコイン支払いを受け入れるのは十分に選択肢になるでしょう。

ビットコイン支払いシステムを作る方法

では、どのようにしてビットコイン支払いを受け入れれば良いでしょうか。自分でシステムを作ることは困難です。こういう時、ビットコイン取扱業者の出番です。ビットフライヤーの法人向けサービス(bitWire SHOP)を利用できます。

bitWire SHOPとは

bitWire SHOPとは、現金やクレジットカードなどの支払いに加えて、ビットコインでの支払いを可能にするサービスです。bitWire SHOPの特徴は以下の通りです。

特徴1:手数料が安い

クレジットカード決済手数料はとても高額ですが、bitWire SHOPならば「売上金額×~1%」で済みます。概ね1%以下でしょう。

特徴2:素早い現金化

受け取ったビットコインを円に両替して、最短翌日に決済口座に振り込まれます。

特徴3:価格変動リスク回避

ビットコインは価格変動が大きいのが特徴です。しかし、ビットコインを受け取ると同時に自動でビットコインを売却する設定を利用可能です。この場合、価格変動リスクがなくなります。

特徴4:審査が簡単

決済システム導入にあたって、ビットフライヤーの審査があります。しかし、この審査は簡単です。

bitWire SHOPは、ビットコインでの支払いシステムとして優れているでしょう。ビットコインで支払って商品やサービスを買いたいと思う人々に訴えるものがあります。

しかし、もう一つ問題があります。それは、彼らに自分のECサイトに来てもらう必要があることです。その努力はECサイト自身でする必要がありますが、ビットフライヤーの強力な集客システムを利用することができます。

ビットフライヤーのウェブサイトで販売

ビットフライヤーは、通販コーナーを持っています。下の画像は、ビットフライヤーのホームページのトップ画面です。赤枠で囲った部分が通販です(「ビットコインをつかう」部分)。

ビットフライヤー通販

また、ビットフライヤーのログイン後画面を見ますと、メニューに「ビットコインをつかう」があります(赤枠部分)。

ビットコインを使い方(bitflyer)

すなわち、ビットフライヤーを使うユーザーすべてが潜在的な顧客になります。ビットコインを使う人は徐々に増えているでしょうが、日本国民全体から見れば、まだ少数でしょう。その少数の潜在顧客を探すのは大変です。

しかし、ビットフライヤーで販売すれば、ビットコインを持っている多数のユーザーに直接的に訴えることができます。

これは極めて強力でしょう。

ビットフライヤーの通販コーナー「ビットコインをつかう」で販売するには、問い合わせフォームからビットフライヤーに照会します。

口座を持っていないと先に進まないでしょうから、あらかじめ口座を作り、ビットコインの取引など使用感を確かめてから問い合わせるべきでしょう。ビットフライヤーから見て、どこの誰だかわからない照会よりも、口座保有者からの照会の方が対応しやすいはずですし。

ビットコインその他

×
ビットポイントトレード手法
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類・作り方
ビットコインの保管方法
PC・スマホにウォレットを作る
ビットコイン紛失事例(2件)
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
無料配布詐欺に注意!
ビットコインの送金について
送金のしくみ
公開鍵、秘密鍵、アドレス
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ハードフォークはナゼ起こる?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
ビットフライヤーのスマホアプリ
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
DMM Bitcoinの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
Liquidの特徴
BitTradeの特徴
SBI VCの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
DMM Bitcoin口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
SBI(SBIVC)口座の作り方
BTCボックス口座の作り方
Liquid口座の作り方
仮想通貨取引で有利な銀行口座
仮想通貨のチャート分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し-基本~実践
上値抵抗線・下値支持線
三角保ち合い(ペナント)
bitFlyerの高機能チャート
「相場の見通し」の作り方
フラッシュクラッシュ
DMM Bitcoinの比較チャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
貸仮想通貨サービス|GMOコイン
信用取引で低リスクな裁量取引
ビットコインを堅実に増やす方法
ビットコインの自動売買~QUOREA
板情報で取引【BITPoint】
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと現物取引の価格差について
FX先物取引とは
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
激変!仮想通貨のシェア【2018年版】
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP