ビットコインはビジネスに有効

ビットコインは、ビジネスを展開する企業にとっても朗報です。特に、決済額が少額のビジネスや薄利多売のビジネスに有効です。

現金以外の決済方法の今

現金をやり取りしないで決済する方法には、クレジットカード、Suica、Pasmoやnanacoなど、様々な種類があります。しかし、決済額が少額のビジネスや薄利多売のビジネスにとって、これらを導入するのは苦悩を伴います。

お客さんにとっては、カードを出すだけで支払いができますから、とても便利です。小銭をジャラジャラ出す必要はありませんし、利用額によってはポイントもたまります

しかし、売る側にとっては、「手数料」の問題が大きくのしかかります。

クレジットカードの場合、決済手数料が数%程度(業者により異なる)かかるのです。薄利多売のビジネスから見れば、売上高の数%の手数料は死活問題になりかねません。このことが理由で、今でも現金のみで支払い可能な店舗は少なくありません。

ビットコイン決済を導入すると

ビットコインには上記した状況を劇的に変える力を秘めています。というのは、決済手数料が極めて小さいからです。クレジットカードなどとは比較になりません。

ビットコインならば導入できるというビジネスは多数あると予想できます。より多くの消費者がビットコインを使うようになれば、ビットコインでの支払いOKという店舗が数多く出てくると予想できます。

なお、ビットコインでの支払いについて、(解決済みではありますが)3つ問題点がありますので確認しましょう。それは、以下の通りです。

1.ビットコインでの支払いが承認されるまでに10分程度を要する

日々の買い物の支払いで、ビットコインで決済しようと思ったら「10分お待ちください」と言われてしまったとしましょう。すると、二度とビットコインを使って支払いをしようとは思わないでしょう。

その場ですぐに支払いが完了しなければ利用価値がありません。

2.決済したはずが、分岐のブロックが非承認されることにより決済されなくなる

ブロックの分岐についての詳細は別記事「51%攻撃とは何か?」をご覧ください。ビットコインでは、稀にですが、送金リクエストが非承認されることがあります。すなわち、送金がなかったことにされてしまう場合があります。

代金をビットコインで受け取ったと思っていたのに、後から確認したら非承認でビットコインを受け取れていなかったということがあっては大変です。

3.ビットコインで受け取っても、使い勝手が悪い

お客さんがビットコインで支払っても、事業者としてはビットコインのままでは使い勝手が悪いです。仕入れ業者にビットコインで支払うわけにはいきませんし、給料もそうです。円で支払う必要があります。

ビットコインをいつでも確実に円に交換できれば良いのですが、仕事の合間にビットコインの売買をするわけにはいきません。

・・・しかし、これらの問題点を解決したうえで、事業者向けにビットコインで決済するサービスを提供している会社があります。その会社と契約すれば、即時決済に対応してくれますので、この問題を回避することができます。

すなわち、

「お客さんがビットコインで支払ったら、その場で決済完了。ビットコインのまま保有もできますし、すぐに円に換金して保有することも可能。利用料は安価」

ということです。

ビットコインその他

×
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ビットコインの入手方法
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
入手したビットコインの信頼性
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
取引業者の特徴・比較(総論)
bitflyerの特徴
Krakenの特徴
J-BItsの特徴
bitflyerとKrakenの比較
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
コイン価格は上昇するか?
【2017年】仮想コインの時価総額
【2016年】仮想コインの時価総額
決済サービス
アルトコインの特徴
仮想通貨を「貨幣」認定
金融詐欺にご注意下さい!
×