ビットコインの送金のしくみ PCイメージ ビットコインの送金のしくみ スマホ版イメージ

同時に正解のノンスが複数見つかったらどうする?

正当なブロックを見つけるための作業、すなわちプルーフ・オブ・ワークでは、高性能コンピュータが数多く投入されています。すると、ほぼ同時に、複数のコンピュータ(ノード)が正解を発見することもあるでしょう。

すると、それぞれのノードが「自分が勝者だ!」と主張してP2P内に正解のノンスとブロックを広めようとします。

正式なブロックの採用方法

この場合、ビットコインでは以下の方法で正式なブロックを決定します。

分岐した後、ノードはどちらの側についてプルーフ・オブ・ワークをするのか自由に決定できます。すると、勝算が高いと予想する分岐に人気が集まるでしょう。負ける側の分岐について勝利しても、勝ったという事実そのものが取り消されてしまって無意味だからです。

こうして、より長くブロックチェーンを作った側が生き残るという方法を採用しています。

ブロックチェーンの採用図

51%攻撃とは

ここで、不正を働こうとする人にチャンス(?)があります。次の方法です。

検証されたブロックの承認には、ノードが参加して計算した総量の過半数が必要です。ということは、正当なブロックチェーンの作成を妨害するには、不正な計算をする側が全体の51%の計算量を保持すれば良いことになります。

この方法による攻撃を51%攻撃、または51%アタックと呼びます。しかし、全世界で計算に参加しているノードの計算力はすさまじく大きいため、51%攻撃を実行するのは極めて大変な作業だと分かります。

51%攻撃は骨折り損・・

51%攻撃が成功してそれが世間に明らかになると、ビットコインの信用が一気に失われ、ビットコインの価格が暴落する可能性があります。価値が暴落すると、巨大な計算力を投入して不正にビットコインを得たのに、結果として損になってしまいます。

このため、51%攻撃を仕掛ける誘因は大きくないと予想できます。

ただし、51%を仕掛けることは不可能か?という問いに対しては、「可能である」という回答が見え隠れします。

ビットコインの送金の仕組み

×
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ビットコインの入手方法
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
入手したビットコインの信頼性
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
取引業者の特徴・比較(総論)
bitflyerの特徴
Krakenの特徴
J-BItsの特徴
bitflyerとKrakenの比較
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
コイン価格は上昇するか?
【2017年】仮想コインの時価総額
【2016年】仮想コインの時価総額
決済サービス
アルトコインの特徴
仮想通貨を「貨幣」認定
金融詐欺にご注意下さい!
×