ビットコインの送金のしくみ PCイメージ ビットコインの送金のしくみ スマホ版イメージ

ビットコインを手に入れるには、取引所で買うのが最も簡単です。しかし、お金が必要です。そこで、マイニング(採掘)をしてみたいと考えるのは自然な発想です。

ところが、ビットコインで効率的にマイニングするには、電力の安い外国に大きな工場を作るくらいの規模が必要になっています。日本の電力料金では高すぎます。しかし、この説明では実感として分かりづらいです。

そこで、自宅PCを使ってマイニングしてみました。どれくらいマイニングできるでしょうか。

ビットコインをマイニングする方法

マイニングイメージ図

実際にマイニングするには、本格的な知識が必要です。そして、その勉強をするのは大変です。そこで、簡単にマイニングできる方法で実験してみました。

無料でビットコインを配布しているサイトの一つに、「free bitcoin」があります。記事「無料のビットコインをクリックで手に入れよう!」でご案内しているサイトと同様、無料でビットコインを配布しています。

free bitcoinでは、自宅PCのCPUを使って、ビットコインのマイニングができます。free bitcoinのマイニングのページを開きますと、以下の通り出てきます。

マイニングの手順

マイニングの手順

上の画像で、「スレッド数」の部分を1、CPU使用率を100%にしました。スレッドとは、同時に作業可能な数を示します。あるCPUのスレッド数が4ならば、同時に4つの計算を実行できます。

上の設定は、CPUのスレッド1つをマイニングに割り当てて、能力の最大値(100%)で採掘するという意味です。

上の画像の最も下にある「START MINING」をクリックすれば、自動でマイニングします。この設定で1時間マイニングしました。実行した計算量に比例して、報酬をもらえる仕組みです。

マイニングした結果

さて、1時間マイニングした結果、以下の通りでした。赤枠の一番下、「TOTAL MINING INCOME」部分が、獲得できたビットコインの大きさを示します。

マイニング結果

獲得ビットコイン数量:0.00000000 BTC

すなわち、1時間マイニングして得られたビットコインはありません。ゼロです。ちなみに、マイニングで使ったCPUの性能は、インテルCore i5-4460です。このマイニングをしたのは2017年9月ですが、その時点でこのCPUは新しくありません。しかし、古くもありません。業務用として十分に機能します。

結果として、マイニングでは全く役に立たなかったということが分かります。単にマイニング時間が短すぎたのかもしれませんが、このCPUでは、そもそも性能が低すぎます。その理由を、次の項目で確認しましょう。

マイニングに必要な性能は?

では、ビットコインのマイニングに必要な性能はどれくらいでしょうか。これを調べるために、もう一度上の画像を確認しましょう。赤枠の一番上に「YOUR HASH RATE」とあります。これは、今回の設定で計算できるハッシュレートを示します。

ハッシュレートとは、計算機の計算能力の単位です。hash/sという単位で、1秒間に何回の計算ができるかを示します。

上の数字を見ると、15H/sとあります。これは、1秒間に15回の計算ができますという意味です。

では、現在のマイニングで必要なハッシュレートは、どれくらいでしょうか。これを調べるために、世界のマイニングでどれくらいの計算がなされているか確認しましょう。「Blockchain.info」からの引用です。

ハッシュレートの予測値

下のグラフは、2016年9月~2017年9月の1年間について、世界中で実行されているマイニングのハッシュレートの値を予測したものです。

ハッシュレートの予測図

右肩上がりのグラフになっています。すなわち、日数が経過するにつれてハッシュレートがどんどん大きくなっているということです。

マイニングする人々は、少しでも高性能なコンピュータを導入してマイニングしようとします。他よりも高性能であればあるほど、マイニングに成功する可能性が高くなるからです。そこで、大勢が競って高性能コンピュータを導入しています。

その結果、2017年9月時点のハッシュレートの値は、10,000,000テラ弱になっています。「テラ」とは、兆という意味です。

1,000(千)=キロ
1,000,000(百万)=メガ
1,000,000,000(10億)=ギガ
1,000,000,000,000(1兆)=テラ

10,000,000テラとはすなわち、10,000,000,000,000,000,000です。ここまでくると、理解不能な数字です。そして、当サイトが実行したマイニングのハッシュレートを再確認しますと、15です。桁数の差がすさまじいです。マイニングできる可能性は、限りなくゼロに近いです。

個人が単独でビットコインのマイニングをするのは、事実上不可能と言えるでしょう。

ビットコインの送金の仕組み

×
BitcoinCash公開トレード
BCCの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
PC・スマホにウォレットを作る
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
ビットコインの送金について
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
最も安心・安全な取引所
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
coincheck貸仮想通貨サービス
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
coincheckの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
QUOINEXの特徴
Krakenの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
QUOINEX口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
リアルタイムチャート
仮想通貨のトレード方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
ビットコインを堅実に増やす方法
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP
メリット・デメリット
FXと仮想通貨の融合トレード
×