ビットコインの送金のしくみ PCイメージ ビットコインの送金のしくみ スマホ版イメージ

送金リクエストの検証作業

送金リクエストを受け取ったパソコンなどのコンピュータ(ノードと呼ばれます)は、どのようにこの送金リクエストが正しいと確認するのでしょうか。また、二重払いを防ぐ方策はどうなっているでしょうか。

これを確実に実行する方法として、「ブロックチェーン」と呼ばれる技術が使われています。ブロックとは、正しい取引の記録の集まりです。それがつながっているのでブロックチェーンです。

ちなみに、「正しい」とは、送金者が希望の送金先に間違いなく送ることができるかどうかという意味の正しいとは少し異なります。送金者が送金先のビットコインアドレスを間違えて入力すれば、意図した送金先でないところに送金されてしまいます。

ここでいう「正しい」とは、ビットコインのシステムに照らし合わせて不整合がないという意味です。例えば、残高が1BTCなのに5BTCを送金したいと要求していないということであり、送金先に指定されたビットコインアドレスが存在するということです。

ブロックチェーンの仕組み

ブロックに含まれる情報

さて、ブロックには、以下の情報が格納されます。

ノンスは、このブロックを計算してハッシュを計算するために必要な文字列です(ノンスについては、後ほど説明します)。

ノードはブロックのデータを検証して、すべて正しい(二重払いなどの要求がない)と認定すれば、タイムスタンプを押して確定し、ブロックチェーンの最後にくっつけます。そして、そのデータはもう変更しません。この作業を10分ごとに繰り返します。

ブロックチェーンの仕組み説明図

送金リクエストの不正防止

送金リクエストが正しいかどうか(すなわち、第三者が不正に送金依頼をしたものではないか)を調べるには、送金者の公開鍵を使ってリクエスト内容を確認できることをチェックすればOKです。

送金したいという人が作った公開鍵でなければ、暗号化されたリクエストを見ることができないからです。

また、リクエストの内容を見れば、例えば「1BTCをもっているのに10BTCを送金したい」といった間違ったリクエストをしていないか?という検証も可能になります。

この検証が可能なのは、ビットコインのサービスが始まった2009年以来の全ての取引記録が、ブロックチェーン内のデータで公開されているからです。送金リクエストと過去の履歴を照らし合わせれば、その送金が正しいか不正かの判定が可能です。

重複する正しいブロック情報の処理

さて、このようにして、P2Pネットワークに参加しているあるコンピュータ(ノード)が、このブロックを検証したところ、すべて正しいと分かったとします。

そこで、このブロックのデータは計算の誤りもなくOKですよ!と世界中に宣言したいです。しかし、同じように計算しているコンピュータは世界中にいくつもあります。

取引データは全世界で1種類だけですから、いろいろなコンピュータがそれぞれ正当性を主張しても、どれを採用してよいのか分かりません。全世界で正当な取引データは一つしかないからこそ、ビットコインのデータは信用できます。

また、仮にどのコンピュータの検証も正しいとしても、それぞれのコンピュータが検証したブロックの内容が同一のものだとは限りません。

というのは、ブロックは直近10分間くらいの送金リクエストをまとめたものですが、ある送金リクエストが出されて全世界に広まる途中でブロックが作られたり、(送金手数料がゼロに設定されたなどの理由により)送金リクエストがあるブロックには掲載されずに放置されたりする可能性があるからです。

ちなみに、送金手数料は、送金する側が自由に決めることができます。紳士協定で最低金額(0.0001BTC)があるようですが、義務ではありません。

その他、正当性を主張しているコンピュータの中には、ビットコインを盗もうと考えている不正なものが紛れ込んでいるかもしれません。

こうして考えると、どのコンピュータの主張を正当なものとして採用すれば良いのかが分からなくなります。この問題を解決するのが「プルーフ・オブ・ワーク(proof of work)」と呼ばれる作業です。

次頁では、正式なブロックの認証に関わる『プルーフ・オブ・ワーク』について説明していきます。

ビットコインの送金の仕組み

×
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
PC・スマホにウォレットを作る
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
メリット・デメリット
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
coincheck定期預入サービス
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
coincheckの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
Z.comコインの特徴
Krakenの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
Z.comコイン口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
リアルタイムチャート
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
外為FXとビットコイン投資
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
コイン価格は上昇するか?
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP
アルトコインについて
アルトコインの種類と将来性
アルトコインの投資方法
イーサリアムの手数料比較
イーサリアム購入(CC編)
イーサリアム購入(BF編)
仮想通貨で通販~Bitcoinmall
モナコイン(monacoin)とは
イーサリアム プロジェクト
ライトコインの特徴、人気度
ビットコインのセキュリティ
仮想通貨の二大リスクと対処法
ブロックチェーンの技術発展と未来
ビットコインの時価総額と株式
仮想通貨のリスク軽減なるか?
仮想通貨を「貨幣」認定
金融詐欺にご注意下さい!
ビットコインの高利回り投資
ビットコインETFの現状
コインチェックを訪問
お問い合わせ・運営者情報
×