ビットコインの送金のしくみ PCイメージ ビットコインの送金のしくみ スマホ版イメージ

グループでビットコインを採掘

採掘のために次々にコンピュータが投入され、それに伴って正解のノンスを当てるための計算が高度になると、個人のパソコンでは全く太刀打ちできなくなります。

また、性能が高いコンピュータを使っていても、時間が経過すればさらに優秀なコンピュータが導入されて苦戦を強いられることになります。

すると、単独で戦うよりも、チームを組んで戦ったほうが有利だという発想になるのは自然でしょう。こうして、「マイニングプール」という考え方が出現しました。そして、実際に計算した貢献度によって獲得したビットコインを分配します。

マイニングプールのシェア

下のグラフは、2016年1月31日時点のマイニングプールのシェアを示したものです(引用元:https:blockchain.info/pools)。

マイニングプールのシェアグラフ

このグラフを見て分かりますとおり、計算力が高い、すなわちシェアが大きいマイニングプールがいくつかあることが分かります。仮に、これらのマイニングプールが結託して不正を働くと、どうなるでしょうか。

もしかすると、マイニングプールによる51%攻撃が成功するかもしれません。

ちなみに、2017年3月18日時点のマイニングプールのシェアは下の通りです。

さらに、2018年4月10日時点のマイニングプールのシェアは下の通りです。

加熱するマイニング競争

わずか数年間ですが、勢力図が目まぐるしく変化していることが分かります。上位を確保したマイニングプールは、新鋭機器を多数導入しているのかもしれません。そして、シェアを失ったマイニングプールは、その勢いに呑まれていのかもしれません。

こうしてみると、マイニング競争はとても厳しい戦いだと予想できます。

果たして、1年後、5年後はどのようになっているでしょうか。マイニングプールの栄枯盛衰を眺めるのも、興味深いかもしれません。

なお、2018年4月現在のビットコイン発行数は1,700万BTCくらいです。そして、ビットコインの総発行量は2,100万BTCです。実は、既に総発行量の80%がマイニング済です。残りの20%をめぐって、熾烈な戦いが繰り広げられています。

マイニングプール同士は敵か?仲間か?

マイニングプールはお互いにライバルではありますが、同じ目的に向かって切磋琢磨する仲間(?)のようなものでもあるでしょう。そして、ビットコインはプログラムです。すなわち、プログラムを書き換えれば、ビットコインのルールそのものも変わります。

よって、マイニングプール同士が協定(?)のようなものを作って、ビットコインシステムをより良くするようにプログラマー集団と交渉を始めるというのも、おそらく自然な流れでしょう。また、そうしなければビットコインの安全性や将来性という点において、ユーザーからの信頼を得ることは難しいかもしれません。

コンピュータの技術は日を追うごとに進歩しています。それに合わせて、ビットコインやその他の仮想通貨のシステムも、修正や発展を遂げていくと予想できます。

アルトコインとproof of stake

ビットコインを動かしているプログラムはすべて公開されています。このため、ビットコインを少し変更して新しく公開されている仮想通貨は何百もあります。その中には、採掘の問題点を意識したものがあります。採掘の問題点とは、以下の通りです。

このような問題の解決を目指して「プルーフ・オブ・ステーク(proof of stake)」という手法を導入している場合もあります。

これは、現に保有している仮想通貨の量(総発行量に対する割合)が大きければ大きいほど、正解を導く確率が高くなるというものです。そして、必要な計算量も小さくしていることが特徴です。こうすれば、承認のために必要な時間を短く、消費電力を小さくできます。

Proof of stakeで大きな力を持っているとはすなわち、その仮想通貨を多く持っているということです。仮に、何らかの攻撃を仕掛けて不正を働くと、その仮想通貨の価値が失われて大損害を被ってしまう可能性があります。

よって、仮想通貨を多く持てば持つほど、不正をしようとするインセンティブが低下するだろうという想定で作られています。

ビットコインの送金の仕組み

×
仮想通貨チャート一覧&価格一覧(リアルタイムレート)
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
PC・スマホにウォレットを作る
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
無料配布詐欺に注意!
ビットコインの送金について
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ハードフォークはナゼ起こる?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
最も安心・安全な取引所
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
ビットフライヤーのスマホアプリ
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
DMM Bitcoinの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
QUOINEXの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
DMM Bitcoin口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
SBI(SBIVC)口座の作り方
BTCボックス口座の作り方
QUOINEX口座の作り方
仮想通貨取引で有利な銀行口座
ビットコインの相場分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
bitFlyerの高機能チャート
ビットコイン相場予想のやり方
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
仮想通貨の積立投資-Zaifコイン
積立投資のデメリットと対策
貸仮想通貨サービス|GMOコイン
信用取引で低リスクな裁量取引
ビットコインを堅実に増やす方法
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと現物取引の価格差について
FX先物取引とは
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
激変!仮想通貨のシェア【2018年版】
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP