ビットコインの送金のしくみ PCイメージ ビットコインの送金のしくみ スマホ版イメージ

ウォレットから送金指示

ウォレットは、以下の3つの情報を持っています。

この3つには、以下の関係があります。

秘密鍵を元に計算して公開鍵を作り、そして、公開鍵を元に計算してビットコインアドレスを作ります。

そして、公開鍵で暗号化されたデータは、その公開鍵に対応する秘密鍵でのみ復号(暗号を解読すること)が可能です。

その逆も成り立ちます。秘密鍵で暗号化されたデータは、その秘密鍵に対応する公開鍵でのみ復号できます。

また、秘密鍵から公開鍵を作りますが、公開鍵を分析しても、秘密鍵を特定することはできません。

同様に、公開鍵からビットコインアドレスを作りますが、ビットコインアドレスから公開鍵を特定することはできません。

なお、公開鍵から自由にいくつでもビットコインアドレスを作ることができます。ハッカーからの攻撃を避けて取引を安全にするため、頻繁にビットコインアドレスを変更して使ったほうが良いと言われています。

Bitcoinアドレス

送金リクエスト後の流れ

実際に送金を依頼する場合は、以下の作業が行われます。

P2Pに送るというのは分かりづらいかもしれません。銀行送金だったら、銀行に送金の内容を送ります。しかし、ビットコインはP2Pのネットワークで維持されていますから、P2Pを構成しているパソコンに送ります。すなわち、送金の実行をP2Pネットワークに依頼するのです。

こうして、送金リクエストが完了します。なお、このP2Pネットワークに参加しているパソコン等のことを「ノード」といいます。

ノードの仕組み

こうして送金リクエストが完了した後、「送金リクエストの検証作業」が行われます。

ビットコインの送金の仕組み

×
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ビットコインの入手方法
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
入手したビットコインの信頼性
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
取引業者の特徴・比較(総論)
bitflyerの特徴
Krakenの特徴
J-BItsの特徴
bitflyerとKrakenの比較
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
コイン価格は上昇するか?
【2017年】仮想コインの時価総額
【2016年】仮想コインの時価総額
決済サービス
アルトコインの特徴
仮想通貨を「貨幣」認定
金融詐欺にご注意下さい!
×