ビットコインの送金のしくみ PCイメージ ビットコインの送金のしくみ スマホ版イメージ

この記事では、最初に「公開鍵」「秘密鍵」「ビットコインアドレス」の意味を確認しましょう。ビットコインを送金するために、とても重要な役割を持っています。次に、これらを使った送金の仕組みを確認します。

公開鍵等の単語の意味は知っているよ、という場合は、見出し「送金リクエストの流れ」からご覧ください。

公開鍵、秘密鍵、ビットコインアドレスとは

ウォレットは、以下の3つの情報を持っています。

下の絵を見ながら、この3つを確認しましょう。

公開鍵、秘密鍵、Bitcoinアドレスの関係図

ビットコインアドレスの役割

ビットコインアドレスとは、銀行口座でいえば口座番号に相当するものです。ビットコインアドレスを指定して送金すれば、そこに送金することができます。

上の図で、最も右に書かれているのがビットコインアドレスです。数字の1または3から始まるという特徴を持っています。

公開鍵(パブリックキー)の役割

公開鍵(パブリックキー)は、全世界に公開されます。

送金要請をビットコインのネットワークに送信するとき、秘密鍵を使って、そのリクエストを暗号化します。その暗号化された送金要請は、秘密鍵に対応する公開鍵でのみ復号(暗号を解読すること)できます。

上の図で、「1」の部分です。

このため、他のコンピュータは、広く一般に公開されている公開鍵を使って復号できることを確認すれば、それに対応する秘密鍵を持った人からの送金要請だな、と判断できます。

復号できなければ、その送金要請は偽物だと分かります。すなわち、その送金要請を受け付けないで無視します。

よって、公開鍵の機能がないと、その送金要請が本物か偽物かを判断できなくなってしまいます。とても重要な機能です。

パブリックキーとはすなわち、送金要請の真偽を判断するためのIDのようなものです。

秘密鍵(プライベートキー)の役割

では、プライベートキーの役割は何でしょうか。

プライベートキーは、そのウォレットに関する全ての操作をするために必要な秘密の鍵です。銀行預金でいえば、キャッシュカードと暗証番号に相当します。

このプライベートキーが誰かの手に渡ってしまったら、それはそのウォレットに入っているビットコイン全てをあげたということを意味します。どこかに勝手に送金されてしまうからです。このため、このプライベートキーは絶対に他言無用です。

銀行預金だったら、仮に口座番号と暗証番号が外部に漏れてしまっても、あるいは何か悪い事件が起きても、すぐに銀行に届け出れば必要な措置をとってもらえるでしょう。

しかし、ビットコインにはそのような監督や管理をする機関がありませんので、プライベートキーの流出はすなわちビットコインを失うことに直結してしまうのです。

以上の理由から、プライベートキーは他言無用です。しかし、相続に影響が出そうだという額の場合は、相続人にプライベートキーが分かるようにしておきましょう。

でないと、相続で多額のビットコインが残され、相続人の目の前にビットコインが入っている外部記憶装置(ハードウェア・ウォレットなど)があるのに、使えない・・・という、笑えない話になりかねません。

公開鍵、秘密鍵、ビットコインアドレスの関係

公開鍵、秘密鍵そしてビットコインアドレスについて、その意味を確認しました。では、これらの関係について、下の絵を見ながら確認しましょう。

秘密鍵を元に計算して公開鍵を作り、そして、公開鍵を元に計算してビットコインアドレスを作ります。そして、公開鍵で暗号化されたデータは、その公開鍵に対応する秘密鍵でのみ復号(暗号を解読すること)が可能です。

その逆も成り立ちます。秘密鍵で暗号化されたデータは、その秘密鍵に対応する公開鍵でのみ復号できます。

また、秘密鍵から公開鍵を作りますが、公開鍵を分析しても、秘密鍵を特定することはできません。

同様に、公開鍵からビットコインアドレスを作りますが、ビットコインアドレスから公開鍵を特定することはできません。

なお、公開鍵から自由にいくつでもビットコインアドレスを作ることができます。ハッカーからの攻撃を避けて取引を安全にするために、送金するたびにビットコインアドレスを作った方が良いと言われる場合もあります。

送金リクエストの流れ

では、ビットコインの送金の仕組みを確認しましょう。実際に送金を依頼する場合、以下の作業が行われます。

1.送金内容の記述

送金したいというリクエストに、送金内容を記載します。「自分のウォレットからAさんのビットコインアドレスに××BTC」という具合です。

2.電子署名

そして、その送金内容を、秘密鍵を使って暗号化します(電子署名)。

3.リクエストをP2Pへ送信

公開鍵情報とともに、そのリクエストをP2P(パソコンがお互いにインターネットで結び付いて作られたネットワーク)に送ります。送信したい相手に向けて送る必要はありません。

P2Pに送るというのは、分かりづらいかもしれません。銀行送金だったら、銀行に送金の内容を送ります。しかし、ビットコインには銀行のような中央管理者がいません。そこで、P2Pを構成しているパソコンに送ります。

すなわち、送金の実行をP2Pネットワークに依頼するのです。

こうして、送金リクエストが完了します。なお、このP2Pネットワークに参加しているパソコン等のことを「ノード」といいます。

ノードの仕組み

このようにして送金リクエストが完了した後、「送金リクエストの検証作業」が行われます。ここで『ブロックチェーン』が登場します。次のページで見てみましょう。

ビットコインの送金の仕組み

×
ビットポイントキャンペーン
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類・作り方
ビットコインの保管方法
PC・スマホにウォレットを作る
ビットコイン紛失事例(2件)
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
無料配布詐欺に注意!
ビットコインの送金について
送金のしくみ
公開鍵、秘密鍵、アドレス
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ハードフォークはナゼ起こる?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
ビットフライヤーのスマホアプリ
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
DMM Bitcoinの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
Liquidの特徴
BitTradeの特徴
SBI VCの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
DMM Bitcoin口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
SBI(SBIVC)口座の作り方
BTCボックス口座の作り方
Liquid口座の作り方
仮想通貨取引で有利な銀行口座
仮想通貨のチャート分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し-基本~実践
上値抵抗線・下値支持線
三角保ち合い(ペナント)
bitFlyerの高機能チャート
「相場の見通し」の作り方
フラッシュクラッシュ
DMM Bitcoinの比較チャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
貸仮想通貨サービス|GMOコイン
信用取引で低リスクな裁量取引
ビットコインを堅実に増やす方法
ビットコインの自動売買~QUOREA
板情報で取引【BITPoint】
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと現物取引の価格差について
FX先物取引とは
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
激変!仮想通貨のシェア【2018年版】
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP