仮想通貨のアカウント作成 PC版イメージ 仮想通貨のアカウント作成 スマホ版イメージ

bitbank.cc口座の作り方

bitbank.ccロゴ

ビットバンク(bitbank.cc)では、ビットコインだけでなくライトコインやリップルも取引できます。そこで、ビットバンクの口座開設方法を確認しましょう。

なお、ビットバンクで口座開設すれば、ビットバンクトレード(bitbank Trade)も簡単に口座開設できますので、あわせて確認します。

手順1:ビットバンクのホームページにアクセス

すると、下の画面が出てきます。「メールアドレス」と書いてある部分に、登録したいメールアドレスを入力し、「無料口座開設」をクリックします。

bitbank.ccアカウント作成

手順2:メールを確認

新規登録をすると、下の画面になります。先ほど登録したメールアドレスを確認しましょう。

bitbank.ccの認証URL確認

下の画面は、登録したメールアドレスに送られてきたメールです。リンクになっている部分をクリックします。

bitbank.ccからの返信メール

手順3:ログイン

メールのURLをクリックすると、ログイン画面になります。ここでパスワードを設定します。なるべく長くて分かりづらいものにしましょう。そして、利用規約など3点に同意(四角部分にチェック)して「登録」をクリックします。

bitbank.cc利用規約同意画面

手順4:本人確認(個人情報等の登録)

以上の手順で口座開設完了ですが、まだメールアドレスを登録しただけです。これでは、円の入出金だけでなく、仮想通貨の入出金さえできません。すなわち、何もできないので、本人確認手続きをしましょう。

本人確認が終了すれば、円や仮想通貨の入出金が無制限に可能になります。

下の画像は、PCでログインした後の右上部分です。一番右上あたりに人のマークがあります。ここにマウスポインタを持ってきます。すると、選択肢が出てきます。「登録情報」を選んでクリックしましょう。

bitbank.cc登録情報メニュー

すると、登録情報画面に移動します。基本情報部分が空欄なので、緑色の「登録」をクリックします。

bitbank.cc登録情報画面

下の画面が出てきますので、氏名等をゆっくり入力しましょう。

bitbank.ccへの基本情報入力画面

全ての入力が終わると、「基本情報登録が完了しました」の画面が出てきます。ここまでくれば、もう一息です。本人確認書類を登録します。「本人確認書類のアップロードに進む」をクリックしましょう。

bitbank.cc基本情報登録完了画面

下の画面が、本人確認書類登録画面です。「本人確認書類の種類」をクリックして選択し、一番下の「アップロードする」をクリックしてアップロードしましょう。

本人確認書類のアップロード

bitbank.ccの本人確認送付画面

ここで、手続きは完了です。あとは、ビットバンクから確認書類が届くのを待ちましょう。確認書類を受け取れば、口座開設に関するすべての手続きが完了します。思う存分取引できます。

bitbank.ccの書類審査画面

ビットバンクトレード(bitbankTrade)の口座開設

なお、ビットバンク(bitbank.cc)の口座を持っている場合、ビットバンクトレード(bitbankTrade)の口座を簡単に作れます。

ビットバンクトレードでは、ビットコインの先物取引ができます。先物取引とはレバレッジ取引の一種ですが、日々の取扱手数料(スワップポイントに相当)を支払う必要がありません。レバレッジ取引を格安に実行したい場合は、ビットバンクトレードが候補になります。

以下、ビットバンクトレードの口座開設方法です。

手順1:アカウント連携

取引画面右上の人型マークにマウスポインタを置きます。すると、プルダウンメニューが出てきますので、「アカウント連携」をクリックします。

bitbankTradeとのアカウント連結メニュー

すると、下の画面が出てきます。緑色部分の「連携する」をクリックすれば、ビットバンクトレードでの口座を作れます。

bitbankTradeとの連携

なお、上の画像には、「アカウントを連携することで、他サービスとKYC情報や、口座残高などを連携することが出来ます。」と書いてあります。この意味ですが、以下の通りです。

bitbank.ccで本人確認終了後、アカウント連携機能を使うことで、ビットバンクトレードでも取引が可能となります。この場合、改めてビットバンクトレードで口座開設する必要はありません。

ビットバンクで本人確認が終了する前に個の連携機能を使うと、下の画面が出てきてエラーとなります。本人確認が終了してから実行しましょう。

bitbankTradeとの連携失敗時のメッセージ

本人確認後に連携機能を使うと、下の画面になります。画面下に連携パスワードがあります。これを、ビットバンクトレード(bitankTrade)にログインした後の指定位置に入力します。すると、bitbankTradeのアカウントクラスを「本人確認後」にすることができます。

すなわち、改めて本人確認作業をしなくても、bitbankTradeの本人確認を完了できます。なお、bitbankTradeは、メールアドレスだけで口座を作ることができます。

ビットバンクトレードと連携

また、連携パスワードを入力する位置ですが、bitankTradeにログイン後、「入出金」→「BTC引出」の順に選択します。すると、連携パスワード入力画面が出てきます。

ビットバンクトレードとの連携パスワード入力手順

仮想通貨の口座を作ろう

×
ビットポイントトレード手法
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類・作り方
ビットコインの保管方法
PC・スマホにウォレットを作る
ビットコイン紛失事例(2件)
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
無料配布詐欺に注意!
ビットコインの送金について
送金のしくみ
公開鍵、秘密鍵、アドレス
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ハードフォークはナゼ起こる?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
ビットフライヤーのスマホアプリ
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
DMM Bitcoinの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
Liquidの特徴
BitTradeの特徴
SBI VCの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
DMM Bitcoin口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
SBI(SBIVC)口座の作り方
BTCボックス口座の作り方
Liquid口座の作り方
仮想通貨取引で有利な銀行口座
仮想通貨のチャート分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し-基本~実践
上値抵抗線・下値支持線
三角保ち合い(ペナント)
bitFlyerの高機能チャート
「相場の見通し」の作り方
フラッシュクラッシュ
DMM Bitcoinの比較チャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
貸仮想通貨サービス|GMOコイン
信用取引で低リスクな裁量取引
ビットコインを堅実に増やす方法
ビットコインの自動売買~QUOREA
板情報で取引【BITPoint】
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと現物取引の価格差について
FX先物取引とは
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
激変!仮想通貨のシェア【2018年版】
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP