仮想通貨のアカウント作成 PC版イメージ 仮想通貨のアカウント作成 スマホ版イメージ

ビットフライヤー(bitFlyer)口座の作り方

ビットコインを売買できる会社はいくつもありますが、どのように口座を作るのでしょうか?ここでは、ビットフライヤーを取り上げます。

口座はメールアドレスで簡単に作れますが、後述するように、メールアドレスのみで作った口座はビットコインの預入と送金のみとなります。ビットコインを買ったり売ったり、取引を希望される方は、携帯電話認証、本人確認(免許証、パスポートなど)、銀行認証の手続きが必要となりますので、予め準備しておくと良いでしょう。

アカウント作成に必要な手続きは、郵送や電話で直接確認といった手間はなく、すべてWEB上で済ませられます。・・・というわけで、順を追って説明していきます。

手順1.ビットフライヤーのホームページにアクセス

アクセスすると、画面左上に下の画像があります。ここからアカウント(口座)を作ります。

bitFlyerの公式HP

アカウント作成だけなら、メールアドレスだけで出来ますので気楽です。上の画像の「メールアドレス」と書いてある部分にメールアドレスを入力し、「アカウント作成」をクリックします。氏名等の入力は不要です。メールアドレスのほかにも、Facebook、Yahoo!ID、Googleアカウントでビットフライヤーのアカウントを作れます。

ここでは、メールアドレスを入力してアカウントを作ったことにします。「アカウント作成」をクリックしますと、下の画面が出てきます。

キーワード入力画面

キーワードを入力する欄があります。このキーワードは、先ほどビットフライヤーに登録したメールアドレスに送信されます。よって、コピペで入力しても良いのですが、もっと簡単な方法にしましょう。

手順2.登録確認メールに書いてあるリンクをクリック

電子メールで登録すると、口座開設のための確認メールが届きます。メールを開くと、下の画像の文章が出てきます(キーワード等を灰色で隠しています)。メールにあるリンクをクリックしましょう。これだけでOKです。

bitFlyerからの登録確認メール画面

なお、同じメールにキーワードも掲載されています。しかし、キーワードをコピペするよりも、クリックの方がずっと簡単です。何らかの理由でリンクをクリックしても先に進めない場合に、キーワードを活用しましょう。

手順3.最後の確認

リンクをクリックすると、メイン画面が出てきますが、その前にもう一つ確認ページがあります。

利用規約とプライバシーポリシーに同意するか、ビットコインのリスクを理解しているか、そして、米国籍を持っていないことを確認してチェックを入れます。最後に、「bitFlyerをはじめる」をクリックしましょう。

アカウント登録完了画面

手順4.メイン画面に到達しました!

そしてとうとう、ビットフライヤーのメイン画面に到達しました(その前に、何らかの案内が出る場合がありますが、ここでは右上の「×」を押して飛ばします)。

画面は大きく3つに分けられます。

多機能なのにシンプル、そして、分かりやすい。そのような画面構成を実現しています。

bitFlyerのメイン画面

手順5.パスワードを変更しよう

上の画面にアクセスできたら、最初にパスワードを変更しましょう。画面左側下に「設定」がありますので、クリックします。すると、パスワードの変更が可能です。

現在のパスワードと新しいパスワードを入力するように求められますが、現在のパスワードはビットフライヤーから届いたメールに書いてあります。それをコピペしましょう。

メールアドレスだけで作った口座で、何ができる?

では、このようにしてメールアドレスだけで作ったビットフライヤー口座では、何ができるでしょうか。実は、2つしかありません。

ビットフライヤーの口座には、複数のクラス分けがあります。

メールアドレスだけで作った口座は「スタンバイクラス」です。メールアドレスだけで作った口座ですから、ビットフライヤーから見て、口座を持っているのが誰なのか分かりません。このため、機能が限られるのは仕方ないでしょう。

では、ビットフライヤーで展開している数多くのサービスを使うにはどうすれば良いでしょうか。

ビットフライヤーのアカウントの種類

ビットフライヤーの個人口座(アカウント)には全部で6種類あります。

bitFlyerアカウントクラス画面

この種類を「アカウントクラス」と呼んでいます。クラスごとに利用可能なサービスが異なりますので、順に確認しましょう。

参考までに、はじめての方は、円の入出金や証拠金取引(bitFlyer FX)など、全てのサービスが利用可能な『プレミアムエコノミー』がお勧めです。

1.スタンバイクラス

口座開設に必要なもの メールアドレス
利用可能なサービス ビットコインの預け入れ及び送付

メールアドレスだけで開設可能な口座クラスです。ビットフライヤーから見て、メールアドレスだけでは誰が持っている口座なのか分かりません。このため、現金の入出金ができないのは仕方がないでしょう。

ただし、ビットコインの預け入れ及び送付は可能です。ビットフライヤーのサービスに限らず、ビットコインの送付や受取りには個人情報が不要です。公開鍵と秘密鍵さえあればOKです。

2.エコノミークラス

口座開設に必要なもの 携帯電話認証またはFacebook連携
利用可能なサービス スタンバイクラスに加えて、ビットコインの購入・売却など

ビットフライヤーからみて、携帯電話番号があると個人の特定がより確実になります。このため、利用可能なサービスも増えてきます。具体的には、ビットコインの購入や売却ができるようになります。また、bitWireとEコマースのサービスが使えるようになります。

bitWire:bitFlyerユーザーの間でできる送金サービス。送金に要する時間はわずか1秒。
Eコマース:bitFlyer内で商品を買うことができます。

3.プレミアムエコノミー

口座開設に必要なもの 銀行認証
利用可能なサービス エコノミークラスに加えて、円の入金やbitFlyerFXの取引

銀行口座の認証をしますと、円の入出金ができるようになります。また、ビットコインを使った証拠金取引であるbitFlyer FXもできるようになります。すなわち、プレミアムエコノミーはbitFlyerの全てのサービスを利用可能です。ただし、取引できる数量が低めに制限されています。

4.エグゼクティブエコノミー

口座開設に必要なもの 本人確認資料(運転免許証など)
利用可能なサービス 円の入出金以外の全てのサービス

エグゼクティブエコノミーは、銀行認証でなく運転免許証等を使って口座を作る方法です。銀行口座情報が不明のため円の入出金ができませんが、取引可能数量が大きめに設定してあります。

5.ビジネスクラス

口座開設に必要なもの 銀行認証と、本人確認資料
利用可能なサービス 全てのサービス

ビジネスクラスは、ビットフライヤーの全てのサービスを利用でき、かつ、取引数量も大きくなっています。自由にbitFlyer FXで取引したいと考える場合は、ビジネスクラスでの口座開設が有効でしょう。

6.ファーストクラス

最上級クラスとして「ファーストクラス」が設定されています。しかし、ファーストクラスになるための要件は非公開です。「ファーストクラスへの招待状」が必要ですので、ビジネスクラスで取引実績を積み上げた顧客のみ得られるクラスだと予想できます。

ファーストクラスになると、取引数量に制限がなくなります。

アカウントクラスの選択

では、口座開設する際にどのアカウントクラスを選べばよいでしょうか。以上の内容を概観しますと、おおむね以下のように考えられるかもしれません。

パターン1

ビットコインの取引をしたことがないから、雰囲気だけでも味わってみたい・・・スタンバイクラスで口座作成

パターン2

少額でいいからビットコインを売買してみたいし、bitFlyer FXをしてみたい・・・プレミアムエコノミーで口座作成

パターン3

積極的にビットコインを取引してみたい・・・ビジネスクラスで口座開設(取引を重ねるとファーストクラスになれるかも?)

仮想通貨の口座を作ろう

×
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ビットコインの入手方法
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
入手したビットコインの信頼性
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
取引業者の特徴・比較(総論)
bitflyerの特徴
Krakenの特徴
J-BItsの特徴
bitflyerとKrakenの比較
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
コイン価格は上昇するか?
【2017年】仮想コインの時価総額
【2016年】仮想コインの時価総額
決済サービス
アルトコインの特徴
仮想通貨を「貨幣」認定
金融詐欺にご注意下さい!
×