仮想通貨のアカウント作成 PC版イメージ 仮想通貨のアカウント作成 スマホ版イメージ

coincheck(コインチェック)口座の作り方

ビットコインの売買ができるサイト「coincheck(コインチェック)」で口座を作ってみましょう。この記事でご案内する必要がないくらいに簡単です。

なお、電気料金の支払いを変更してビットコインをもらえる「coincheckでんき」や取扱い仮想通貨の種類(10種類)など、様々なcoincheckのサービスや特徴については、下記にて紹介しております。

関連ページ:【注目!】coincheckでんき

1.coincheckのホームページにアクセスする

ホームページにアクセスして、下のキャプチャ画面を見つけます(大きい画面ですからすぐにわかるでしょう)。そして、メールアドレスとパスワードを入力します。Facebookを使った登録も可能です。

最初に口座を作るときには、適当なパスワードで構いません。忘れないように気を付けましょう。

coincheckのユーザー登録画面

2.メールを確認

次に、確認メールが届きますので、メール本文に書いてあるURLをクリックしましょう。これで口座開設完了です。極めて簡単です。

クリックしますと、下のページが開きます。これはcoincheckのビットコイン取引所のホームページです。

coincheckのビットコイン取引所HP画面

この画面を見ると、メールアドレスやパスワードを入力する場所がない・・・と感じるかもしれませんが、大丈夫です。すでにログインした状態になっています。

3.この状態で何ができる?

では、メールアドレスを使って口座を作った状態で何ができるのか、確認しましょう。

すなわち、メールアドレスの認証だけで、coincheckの全ての機能が使えてしまいます。これはすごいことです・・・。ただし、無制限にサービスを利用できるわけではありません。

1日5万円までの入金 SMSによる認証が必要
1日3万円までの出金 電話番号登録が必要
上の金額を超える場合 本人確認が必要

4.coincheckの制限を解除する手続き

上表のように、メールアドレスのみの認証で利用できるサービスには制限がありますので、「これじゃ物足りない」という方は、この制限を解除しましょう。この手続きも至って簡単です。

SMSによる認証

SMSによる認証は、入金手続きのページから行います。下の画像は、ウォレットのページです(取引所のページからも手続きできます)。左下に「日本円/USドルを入金する」(赤枠で囲った部分)がありますので、クリックします。

coincheckのSMS認証画面1

すると、SMS認証をすると1日あたり5万円まで入金できますという案内があります。オレンジ色の「SMS認証をする」をクリックします。

coincheckのSMS認証画面2

すると、下の画面が出てきます。

自分の携帯電話の番号を入力して「SMSを送信する」をクリックすると、折り返しショートメールが届きます。そのメールには6桁の数字が書かれていますので、「認証コード」の欄にその数字を入力して「認証する」をクリックすればOKです。

SMSを使えない環境の場合は、画面下に「SMSを受信できない方はこちら」をクリックします。そこで電話番号を登録することにより、手続きができます。

coincheckの電話番号認証画面

電話番号の登録

日本円を出金するには、電話番号の登録が必要です。そこで、電話番号登録方法を確認しましょう。

下の画像は、ウォレット取引画面です(取引所画面からも手続きできます)。左下の赤枠部分「日本円を出金する」をクリックします。

coincheckの電話番号登録画面

すると、下のシンプルな案内が表示されます。「電話番号登録」の文字にリンクが設定してありますので、クリックします。すると、SMS認証と同じページに移動しますので、電話番号を登録してください。

coincheckの日本円での出金手続き画面

本人確認

最後に、本人確認の方法を確認しましょう。大きな額の入出金をするには、本人確認が必要です。本人確認は、「設定」から手続きできます。

取引画面の左下に「設定」がありますのでクリックします。すると、画面右側の上に「本人確認」が出てきますので、クリックします。

coincheckの本人確認画面

クリックした先では、氏名、住所、性別等を入力し、本人確認書類(運転免許証など)をアップロードします。

この手続きが終了すれば、10万円でも50万円でも入出金できるようになります。

仮想通貨の口座を作ろう

×
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
PC・スマホにウォレットを作る
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
入手したビットコインの信頼性
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
coincheckの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
Krakenの特徴
bitFlyerとKrakenの比較
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Zaif口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
コイン価格は上昇するか?
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP
アルトコインの特徴
ビットコインの時価総額と株式
仮想通貨のリスク軽減なるか?
仮想通貨を「貨幣」認定
金融詐欺にご注意下さい!
ビットコインの高利回り投資
ビットコインETFの現状
×