仮想通貨のアカウント作成 PC版イメージ 仮想通貨のアカウント作成 スマホ版イメージ

QUOINEX口座の作り方

QUOINEXロゴ

手数料無料でビットコインを買いたい場合や、米ドルやユーロなどの通貨でビットコインやイーサリアムを取引しようと思えば、QUOINEX(コインエクスチェンジ)が候補となります。MACにも対応しています。そこで、QUOINEXの口座開設方法を確認しましょう。

手順1:QUOINEX(コインエクスチェンジ)のホームページにアクセス

上のリンクをクリックすると、QUOINEXのトップページに移動します。左側にある「口座開設」をクリックしましょう。下の画像の赤矢印部分です。

QUOINEX公式サイト・トップページ画像

手順2:各種情報の入力

口座開設画面に移動しましたら、最初に自分が住んでいる国を選択します。このサイトをご覧いただいている方の多くは「Japan(日本)」でしょう。

QUOINEXアカウント作成画面

なお、国名選択の下にある英文は、「あなたの口座は、居住国の法制度によって規制されます」という趣旨です。日本を選択すれば、日本の法律に基づいた取引ができるようになります。

「NEXT」(次に進む)をクリックします。

次に、住所等の入力です。下の画像をご覧いただき、それぞれ選択していきます。

1.個人か法人か

個人ならば「Personal」法人ならば「Corporate」を選択します。

2.メールアドレス

口座登録用のメールアドレスを入力します。メールアドレス入力部分の下に書いてある英語は、「このメールアドレスを使って、アカウントにログインします。有効なメールアドレスを入力してください」という趣旨です。

3.パスワード

適当な文字列を使ってパスワードを作ります。有効なパスワードを作るには、「8文字以上で、小文字・大文字・数字をそれぞれ1文字以上」が必要です。

4と5.居住地、国籍に関する事項

それぞれ文章を読んで、該当すればチェックボタンをクリックします。なお、居住地および国籍が日本のみの方は、両方にチェックします。

QUOINEXの個人情報入力画面

そして、氏名や生年月日等を順次入力していきます。すると、収入等を入力する欄に行きつきます。ここも正直に書いていきましょう。

ただし、最も年収が少ない選択肢「30万円未満」を選択する場合、口座開設ができない可能性があるかもしれません。

というのは、仮想通貨取引は損する場合もあるからです。このため、あまりに収入が少ない場合は、QUOINEXが口座開設を認めないかもしれません(ただし、これは可能性ですので、断定するものではありません)。

QUOINEXの個人情報入力~年収に関する事項画面

なお、FXや現物株式などの経験がない場合は、「1年未満」を選択しましょう。「経験なし」の選択肢がないからですが、誰でも最初は初心者です。経験がないことを理由に口座開設を拒否される可能性は低いと考えられます。

手順3:メールによる認証とログイン

最後まで入力が進むと、先ほど登録したメールアドレスにQUOINEX(コインエクスチェンジ)からメールが届きます。そのメールの指示に従って、URLをクリックします。

QUOINEXからの返信メールイメージ

すると、下のログイン画面になります。先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力して、「SIGN IN」をクリックしてログインしましょう。

なお、英語のメールですので、迷惑メールとして処理される可能性があるでしょう。QUOINEXからメールが来ないという場合は、迷惑メールのフォルダを確認してください。

QUOINEXのログイン画面

手順4:身分証明書の提出

さあ、ここまでくれば、あとは身分証明書の提出だけです。取引画面からメインメニューを開きます。画面左上の「三」部分をクリックすると、メインメニューが出てきます(QUOINEというロゴの左隣です)。

QUOINEXの認証前の取引画面

「設定」「プロフィール」の順番にクリックします。

QUOINEXのプロフィール設定メニュー

下の画像の赤枠部分「ファイルを選択」をクリックして、本人確認書類をアップロードします。本人確認書類として使えるのは、運転免許証や個人番号カードなどです。

QUOINEXの本人確認送付画面

なお、ファイルは3つまでアップロードできます。運転免許証や個人番号カードをアップロードする場合は、1枚だけアップロードすれば大丈夫です。

しかし、1枚(または2枚)だけではアップロードを完了できない場合があるようです。その場合は、同じファイルを3つアップロードしましょう。そうすれば登録できます。上の画像は、「menkyo1.jpg」という同一ファイルを3か所にアップロードした状態です。

アップロードの準備ができましたら、「本人確認書類をアップロードする」をクリックしましょう。

QUOINEXの書類審査画面

上の画面が出れば、手続き完了です。あとは、QUOINEX(コインエクスチェンジ)の手続きが完了するのを待ちましょう。

仮想通貨の口座を作ろう

×
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
PC・スマホにウォレットを作る
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
ビットコインの送金について
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
最も安心・安全な取引所
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
coincheckの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
QUOINEXの特徴
Krakenの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
TBX口座の作り方
QUOINEX口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
リアルタイムチャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
仮想通貨の積立投資-Zaifコイン
積立投資のデメリットと対策
仮想通貨を貸付して利息をもらう
ビットコインを堅実に増やす方法
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
coincheckでんき
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP
リップル(Ripple)
リップル(Ripple)とは
メリット・デメリット
FXと仮想通貨の融合トレード
×