ビットコインのしくみ PC版イメージ ビットコインのしくみ スマホ版イメージ

銀行と私たち顧客の関係

ビットコインを含めた仮想通貨と私たちの関係を見る前に、銀行と私たちの関係を確認しましょう。私たちは、インターネットバンキングなどを通じて、銀行のシステムに接続することができます。

しかし、銀行のシステムすべてを見ることはできませんし、銀行のほかの顧客の口座情報を見ることもできません。

イメージ図にしますと、下のようになります。

銀行と顧客の関係図

ビットコインと私たちの関係

ではビットコインを含む仮想通貨と私たちの関係はどのようになっているでしょうか。下の図をご覧ください。銀行と私たちの関係とは大幅に異なっていることが分かります。

ビットコインと利用者の関係図

まず、銀行に相当する機関がありません。不要だからです。銀行システムに相当するものは、ビットコインを使っているパソコンにプログラムとしてインストールされています。

送金情報などもすべてこのプログラムが制御しています。そして、全員が同じ情報を持っています。ということは、誰が誰にいくら送金して、誰がいくら持っているということも、全部公開されています。

「それは困る・・・。」

という感じかもしれませんが、大丈夫です。口座情報(ウォレット)を見ても、それを所有しているのが誰なのか、全く分かりません。自分で「この口座情報は私のものです!」とでも公表しない限り、個人の特定は難しいです。

よって、自分の所有額が他人に知られることはありません。では、どのようにしてビットコインを送金するのでしょうか。

ビットコインの送金方法、残高確認方法

では、ビットコインはどのように送金するのでしょうか。ここで、ビットコインを含む仮想通貨独特の方法が出てきます。新聞などでも時折出てくる「ブロックチェーン」という技術を使います。

ざっくりと書きますと・・・

ビットコインのブロック・チェーンズ図

ブロックがどんどん積み上がっていく様子がチェーンのように見えるということから、「ブロックチェーン」と呼ばれます。

さて、およそ10分ごとに送金依頼情報をひとまとめにして、ビットコインのシステムに参加しているパソコンが送金情報の正確さを確認するのですが、世界中でこの確かめをするパソコン等は無数にあります。

そこで、どのパソコンの検証結果を正式なものとして採用しましょうか。これが問題です。

これを決めるために、各パソコン等は「マイニング(採掘)」と呼ばれる計算競争をします。このマイニングを最初に達成したパソコン等の検証結果を、ブロックチェーンに正式に採用します。

そして、優勝したパソコン等には、報酬としてビットコインが新規に発行されます。この新規発行のビットコインが欲しくて、世の中の多くの人が高性能コンピュータを導入しているというわけです。

そして、計算で負けてしまった敗者は、勝者の計算が正しいかどうかを再計算し、それが正しいとわかれば、晴れて正式な送金情報として世界中で認められます。

この送金情報をすべてたどっていけば、現在の自分の口座(ウォレット)にある残高も計算できるという仕組みです。

ビットコインで送金してみた!

さて、このビットコインのシステムに、あなたも参加しました。下の図の右下にいる女性があなたです。

パソコンはインターネットを経由して全世界のパソコン等につながっています。そこで、本来は、あなたのパソコンから一本の青線でつながっているのではなく、無数の青線でほかのユーザーともつなげるべきですが、絵がぐちゃぐちゃになるので1本だけ描いています。

ビットコインの送金イメージ

さて、あなたは友達に送金したいと思いました。そこで、ビットコインのシステムに参加している誰にでも構わないので、送金したいです!というリクエストを送ります。

ここでは、送金したい相手にリクエストを送る必要はありません。というのは、全世界でみんなが同じ情報を共有して管理しますから、誰にリクエストを出しても、すぐに全世界にその情報が広がるからです。

(なお、送金先口座番号には友達を特定できる情報が書いてないので、その友達から直接聞くことによって、送金先の口座情報を得ます。)

ビットコインの送金イメージ

そして、世界中の送金リクエストは、およそ10分ごとに一つのブロックにまとめられ、その送金内容の正しさを検証します。

たとえば、口座に1ビットコインしかないのに5ビットコイン(5BTC)を送金したいです!と要求していないか、といったことを確認します。

ここで、図の赤鬼さんが考えました。

「報酬のビットコインが欲しいなあ・・・そうだ!ウソを言っちゃおう!」

そして、赤鬼さんは全世界に向けて「赤鬼は誰よりも早く計算しました!」と公開しました。

ブロックチェーンの不正イメージ

他のビットコインシステムの参加者は、負けたということになります。

そこで、赤鬼さんが正直者かウソつきかを検証します。赤鬼さんが公開した計算結果が正しいかどうかを見れば、ウソかどうかが簡単に分かる仕組みです。

ブロックチェーンの不正イメージ2

結果、赤鬼さんはウソを言っていることがばれてしまいました。

このようにして、常にビットコインの情報は正しく維持されています。

ビットコインの仕組み・特徴

×
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ビットコインの入手方法
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
入手したビットコインの信頼性
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
取引業者の特徴・比較(総論)
bitflyerの特徴
Krakenの特徴
J-BItsの特徴
bitflyerとKrakenの比較
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
コイン価格は上昇するか?
【2017年】仮想コインの時価総額
【2016年】仮想コインの時価総額
決済サービス
アルトコインの特徴
仮想通貨を「貨幣」認定
金融詐欺にご注意下さい!
×