ビットコインのしくみ PC版イメージ ビットコインのしくみ スマホ版イメージ

口座残高や取引履歴はすべて公開される

「何ぃ!」という感じかもしれません。

例えば、私たちが持っている預金通帳を全世界に公開するとしたら、どうでしょうか。公開したくありません。少なくとも、自ら好んで公開するものではありません。

しかし、ビットコインでは「すべてが公開されます」。

このため、取引の透明性という点では、"ビットコインの上にくる金融取引は存在しない"とさえいえるでしょう(ビットコインは金融商品ではありませんが)。

具体的には、ビットコインアドレス間のビットコインのやり取りはすべて公開されます。このサービスが始まった2009年以来の全世界の取引がすべて公開されています。

すなわち、「いつ、どのビットコインアドレスから、どのビットコインアドレスに対して、いくらのビットコインが送金されたか」という事実が、改ざんされることもなく全世界に公開されています。

その取引履歴を集計すれば、特定のウォレットの残高も分かってしまいます。

では、取引がすべて公開されてしまうならば、なぜ多くの人がビットコインの匿名性に注目するのでしょうか。

取引情報の公開と匿名性

取引の透明性と匿名性が同時に成立

多くの人がビットコインに注目する理由の一つは、「ウォレットのビットコインアドレス等(銀行口座の口座番号に相当)と個人情報が全く結び付いていないから」です。

そのビットコインアドレスを所有しているのは誰か?について確認する方法はありません。というのは、ビットコインの財布にあたるウォレットには、個人情報を全く掲載していないからです。

これは、銀行口座と大きく異なる点であり、完全な匿名性と言えるかもしれません。

自分で「私のビットコインのビットコインアドレスは・・・・です!」とでも言わない限り、他人はビットコインアドレスと個人情報を結び付ける手段がありません。

ビットコインアドレスは、希望するならば一人で何万個でも自由に作ることができます。このため、取引のたびに別のアドレスを作る場合、ビットコインアドレスと個人情報を結び付けるのは極めて困難です。

(逆に言えば、秘密キーなどを忘れてしまうと、もう二度とそのビットコインを使うことができません・・・自分のビットコインなのに。情報は決して忘れないようにしましょう!)

この最強とも思える取引の透明性と、同時に最強とも思える匿名性を併せ持っているのがビットコインです。

3つの関係

ビットコイン、ウォレット、ビットコインアドレスの3つの関係は下の図のイメージです。ビットコインの財布にあたるものがウォレット、そしてそのウォレットで作られるIDがビットコインアドレスです(正確には、ウォレットの公開鍵からビットコインアドレスが作成されます)。

ビットコイン、ウォレット、ビットコインアドレスの3つの関係図

左の絵ではビットコインがオレンジ色のコインで書いてありますが、実際はデータですから、文字の羅列にすぎません。よって、硬貨やお札のように引き出して手に取ることはできません。
引き出して手に取りたいときは、ビットコインを取引所で売却して通貨を得ます。そうすれば、そのお金を銀行口座に移して引き出すことができます。

しかし、売却から引き出しの過程でビットコインの所有者を特定できそうです。どうしても特定されたくない場合は、ビットコインのまま持つことになるかもしれません。

現実には、完全な匿名性を守り通すのは難しい

ということは・・・取引所がハッキングされて仮想通貨が盗まれたという事件が発生したことがありますが、それを盗んだ人は、現金化する手段がないということになります。現金化した瞬間に身元が明らかになってしまうからです。

そこで、何らかの手段でマネーロンダリング(資金洗浄)するか、仮想通貨のまま使うということになるでしょう。

(参考)マネーロンダリングとは:
犯罪等で非合法に得た資金だが、何らかの手段を講じることによって、正当な手段で得た資金のように見せかけることをいいます。

仮想通貨をそのまま使って物を買っても、その配達の際に住所がバレてしまいます。よって、犯罪集団は何らかのマネーロンダリング手法を持っているのかもしれません。

取引所を利用する際の匿名性

ビットフライヤーなどの取引所でビットコインを現金化する場合には、取引所を運営している会社によって個人の身元確認が行われます。このため、取引所で仮想通貨を取引する場合は、この匿名性はあるようで実はないということになります。

どうしても匿名性が必要だという場合は、取引所を経由しないでやり取りする必要があります(そんな場合があるかどうかわかりませんが)。

ビットコインの仕組み・特徴

×
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ビットコインの入手方法
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
入手したビットコインの信頼性
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
取引業者の特徴・比較(総論)
bitflyerの特徴
Krakenの特徴
J-BItsの特徴
bitflyerとKrakenの比較
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
コイン価格は上昇するか?
【2017年】仮想コインの時価総額
【2016年】仮想コインの時価総額
決済サービス
アルトコインの特徴
仮想通貨を「貨幣」認定
金融詐欺にご注意下さい!
×