ビットコインのしくみ PC版イメージ ビットコインのしくみ スマホ版イメージ

取引量が増えると何が問題になるのか?

ビットコインが世の中に認知され、世界中で取引されるようになるのは素晴らしいことです・・・たぶん。「たぶん」といいますのは、ビットコインが大勢の人に使われると少々困った問題が出てくるからです。

ビットコインのブロックサイズ問題です。

ここで、ブロックサイズ問題を理解するために、ビットコインの送金方法を簡潔におさらいしましょう。世界中でビットコインの送金希望が出されますが、それはおよそ10分ごとにブロックにまとめられます。そのブロックが承認されれば、送金が完了します。

承認されたブロックは、過去の承認済ブロックにつなげられていきます。これをブロックチェーンといいます(送金の仕組みの詳細は、カテゴリ「送金の仕組み」でご確認ください)。

ビットコインのブロックサイズ問題とは

さて、この「ブロック」が問題です。ブロックという名前がついていますが、ビットコインはデータの塊です。このため、ブロックもデータです。そして、このブロックに収められるデータ量には上限があります。

1MB(1,000KB:キロバイト)です。

では、2017年3月現在、1ブロックあたりの送金データ量はどれくらいあるでしょうか。TradeBlockからの引用で確認しましょう(以下同じ)。

引用元URL:https://tradeblock.com/
ブロックサイズ平均値(2017年3月)

このグラフは、毎日の送金額とブロックサイズの平均値を表しています。

青線が送金額で、その大きさは左の縦軸で表しています。日ごとに送金額が大きく異なることが分かります。そして、黄色がブロックサイズの平均値です。右肩上がりでほぼ一直線に上昇していることが分かります。すなわち、毎日の送金件数がどんどん増えているのです。

その大きさは右側の縦軸で確認できますが、2017年3月現在(上のグラフの右端)で、平均値は960KBくらいです。上限は1,000KBですから、もう目の前です。

では、この記事を書いている時点(2017年3月11日)のブロックサイズを確認しましょう。下の一覧表はブロックごとの情報がかかれており、一番右(赤枠で囲った部分)がブロックサイズです。

こちらのサイズはKB単位でなくB(バイト)単位で表示されており、999,000Bくらいだと分かります。1,000,000B(=1,000KB)が上限ですから、まもなく恒常的に上限に到達すると予想できます。

ブロックサイズが常に上限いっぱいになると、どうなる?

では、ブロックサイズが常にいっぱいになってしまう状況をシミュレーションしてみましょう。すなわち、およそ10分ごとに送金要求がブロックにまとめられるのですが、その要求量が常に1MBを超えてしまう状況です。

すると、こんな例が出てくるかもしれません。

実際にこの例が出るかどうか、わかりません。しかし、実際に発生してしまうとビットコインの信頼性を大きく揺るがす問題となりうるでしょう。そこで、対策が考えられています。

ブロックサイズ問題の解決方法は?

この問題を解決する方法は、複数あるでしょう。

しかし、ここで問題があります。ビットコインは中央管理者がいません。

円だったら、日銀が「来年からお札のデザインを変えます」と公開すれば、円を使う人は全員それに従います。中には旧札がいいんだと主張する人もいるでしょうが、次第に旧札はなくなり、否応なしに新札を使うことになります。

ビットコインの場合、この強制力がありません。かといって、100%全員の同意を取り付けるのは不可能でしょう。そこで、主要なプレーヤーを含む多数派の合意でプログラムを変更することになります。

そして、変更内容によっては、変更前後のビットコイン間で互換性がなくなります。この、同じ仮想通貨でもプログラムの変更前後で互換性がなくなってしまう変更を「ハードフォーク」と呼びます。

ハードフォークというのは聞きなれない名前ですが、仮想通貨の世界では時折みられる現象です。

根本的にビットコインのブロックサイズ問題を解決するには、1ブロックあたりの容量を大きくするしかないように見えます。そして、それはハードフォークを伴う作業の模様です。

メジャーなプレーヤー(マイナーなど)と開発者の合意形成がうまくいくかどうかが、ブロックサイズ問題解決のカギを握るでしょう。そして、ビットコインの信頼性を維持することが、関係者全員の利益になります。

そこで、今後の動向に注目しましょう。

ハードフォークになる場合、私たちのビットコインは大丈夫?

では、ビットコインをより良くするためのハードフォークが実行されると決まったら、私たちはどうすれば良いでしょうか。

このサイトを読んでいただいている皆様は、どこかの取引所でビットコインを取引している(または、する予定)だと思います。このような重要な情報は、取引所各社のホームページで大きく扱われるでしょう。メールでも情報提供されるはずです。

そして、基本的な手続きは全て取引所に任せられると期待したいですが、何か必要な場合は、ビットコインを預けている取引所の指示に従いましょう。

また、デスクトップやスマートフォンなどにウォレットを持っている場合は、そのウォレットを配布しているホームページを確認しましょう。

ビットコインの仕組み・特徴

×
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
PC・スマホにウォレットを作る
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
ビットコインの送金について
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
最も安心・安全な取引所
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
coincheckの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
QUOINEXの特徴
Krakenの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
TBX口座の作り方
QUOINEX口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
リアルタイムチャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
仮想通貨の積立投資-Zaifコイン
積立投資のデメリットと対策
仮想通貨を貸付して利息をもらう
ビットコインを堅実に増やす方法
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
coincheckでんき
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP
リップル(Ripple)
リップル(Ripple)とは
メリット・デメリット
FXと仮想通貨の融合トレード
×