ビットコインのしくみ PC版イメージ ビットコインのしくみ スマホ版イメージ

ウォレットは二つのキー(鍵)で管理される

銀行口座の場合、口座を持っているのは誰かという情報が銀行で管理されています。このため、仮に通帳やキャッシュカードを紛失しても、銀行に届ければ新しいカードなどを再発行してもらえます。

一方、ビットコインはウォレットと個人情報が全く結び付いていません。というのは、ウォレットを作るのに個人情報の登録が一切不要だからです。

では、どのようにウォレットを管理しているのでしょうか。

ビットコインのウォレットは、二つのキー(key)で管理しています。

公開鍵(パブリックキー)の役割

パブリックキーは全世界に公開されます。

送金したいというリクエストを送信するとき、秘密鍵でそのリクエストを暗号化します。その暗号化されたリクエストは、秘密鍵に対応する公開鍵でのみ復号(暗号を解読すること)できます。

このため、他のコンピュータは、広く一般に公開されている公開鍵を使って復号できることを確認すれば、それに対応する秘密鍵を持った人からのリクエストだな、と判断できます。

では、もし、送金するときにビットコインアドレスの入力を間違えてしまったら・・・?この場合、誰のものかわからないそのウォレットに送金されてしまいます。そのビットコインを取り戻すことは不可能です。

間違えて送金してしまった先の所有者が分かれば、交渉して取り戻せるかもしれません。しかし、パブリックキーやビットコインアドレスと個人情報は全く結びつきがないので、所有者を特定することは困難です。

よって、送金するときにビットコインアドレスの入力を間違えないようにしましょう。目で見て一つ一つキー操作で入力するよりも、コピペの方が確実でしょう。

秘密鍵(プライベートキー)の役割

パブリックキーの役割がこれで分かりました。外部の人から見て、あるウォレットを特定するためのIDのようなものです。では、プライベートキーの役割は何でしょうか。

プライベートキーは、そのウォレットに関する全ての操作をするために必要な秘密の鍵です。銀行預金でいえば、暗証番号に相当します。

このプライベートキーが誰かの手に渡ってしまったら、それはそのウォレットに入っているビットコイン全てをあげたということを意味します。どこかに勝手に送金されてしまうからです。このため、このプライベートキーは絶対に他言無用です。

銀行預金だったら、仮に口座番号と暗証番号が外部に漏れてしまっても、あるいは何か悪い事件が起きても、すぐに銀行に届け出れば必要な措置をとってもらえるでしょう。

しかし、ビットコインにはそのような監督や管理をする機関がありませんので、プライベートキーの流出はすなわちビットコインを失うことに直結してしまうのです。

以上の理由から、プライベートキーは他言無用です。しかし、相続に影響が出そうだという額の場合は、相続人にプライベートキーが分かるようにしておきましょう。

でないと、相続で多額のビットコインが残され、相続人の目の前にビットコインが入っている外部記憶装置(USBメモリなど)があるのに、使えない・・・という、笑えない話になりかねません。

ビットコインの仕組み・特徴

×
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ビットコインの入手方法
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
入手したビットコインの信頼性
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
取引業者の特徴・比較(総論)
bitflyerの特徴
Krakenの特徴
J-BItsの特徴
bitflyerとKrakenの比較
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
コイン価格は上昇するか?
【2017年】仮想コインの時価総額
【2016年】仮想コインの時価総額
決済サービス
アルトコインの特徴
仮想通貨を「貨幣」認定
金融詐欺にご注意下さい!
×