ビットコインのしくみ PC版イメージ ビットコインのしくみ スマホ版イメージ

ビットコイン採掘(マイニング)の期限と上限

ビットコインには「採掘」というシステムがあります。この、より多くのビットコインが欲しいという人々の自然な感情と行動によって、ビットコインの信頼が保たれています。

しかし、ビットコインの採掘は永遠に可能というわけではありません。

10分ごとに採掘で新規にビットコインが発行されますが、その追加発行量は徐々に減少していき、最終的には2140年ごろに2,100万BTC(BTCはビットコインの単位)を発行して終了します。その後は1BTCも発行されません。

ビットコインのシステムを作ったSatoshi Nakamoto(本名なのかどうかも不明の謎の人物)氏は、通貨発行量が多くなることで生じるインフレーションが大嫌いなのだろうと推測できます。

通貨発行量の上限があらかじめ決まっていて、かつ、これからもビットコインに関心を持つ人々が増え続ける場合、ビットコインの価値は今よりもずっと高くなる可能性があります。しかし、はたしてそうなるでしょうか。

ここでは、採掘ができなくなった後にビットコインの信頼性を維持できるかどうかを考察します。

新規発行量(採掘報酬)の推移

ビットコインの新規発行終了後の世界を考える前に、そこに至るまでの様子を確認しましょう。

ビットコインの新規発行量(採掘報酬=マイニング報酬)は、当初は1ブロックごとに50BTCでした。そして、21万ブロックを採掘するたびに半減していきます。21万ブロックをマイニングするのに要する時間は、およそ4年間です。

そこで、4年ごとにブロック報酬が減少すると仮定しましょう。以下の通りになります。

当初の報酬:50 BTC
2012年:25 BTCに半減
2016年:12.5 BTC
2020年:6.25 BTC
2024年:3.125 BTC
2028年:1.5625 BTC
2032年:0.78125 BTC


4年間というのは、長いようで短いです。こうして表にしてみると、みるみるうちにブロック報酬が減っていく様子が分かります。

ただし、ビットコイン価格が高値で推移する場合は、マイナー(採掘者)のダメージは小さいと予想できます。

2017年末、1BTC=200万円をこえていた時期、マイニングに1回成功すると2,500万円以上の利益でした。その報酬額を期待するのは難しいかもしれません。しかし、ビットコインにある程度の価格が付いていれば、マイニング報酬が減っても、マイナーは何とか運営できそうです。

新規発行終了後のビットコインの世界

採掘が果たしている役割については別記事「送金リクエストの検証~『ブロックチェーン』という技術」で確認していただくとしましょう。ここでは、採掘がビットコインの信頼性維持に役立っているとして話を進めます。

そして、採掘の目的は、新規発行のビットコインを得ることです。新規発行のビットコインを得られないならば、多額の資金を投入して高性能コンピューターを多数稼動させる意味がありません。

すると、採掘完了後(あるいは採掘完了が視野に入ってくると)、誰も採掘をしなくなってビットコインのシステムは崩壊するのでしょうか。

ビットコインは永遠に生き続ける

システムが崩壊する、すなわちビットコインが存在しなくなるかどうかという視点でいえば、「半ば永続的に存在する」と言えるでしょう。

ビットコインはP2Pシステムで動いています。すなわち、インターネットに接続されたパソコンなどにインストールされて活動しています。中央でシステムを管理する機関はありませんし、不要です。

このため、複数台のパソコンにビットコインのソフトウェアが存在する限り、ビットコインはずっと存在し続けるといえるでしょう。

ただし、誰にも見向きされないような状況になると、円や米ドルなどで評価した価値がガタ落ちになり、換金もできなくなるだろうことが予想できます。

実際にこのようになる場合には、P2Pを用いた仮想通貨そのものが衰退するのではなく、ビットコインのシステムを改良した他の仮想通貨がビットコインに代わって人気を集める可能性があります。

というのは、仮想通貨のシステムは極めて優れているためです。

ビットコインは衰退するか?

では、ビットコインはこのような衰退の運命になるのでしょうか。そうならない可能性もあります。

というのは、採掘によって得られるビットコインは、新規発行分だけではないからです。

採掘によってビットコインを得る方法

送金希望者は送金するときに、少額ではありますが送金手数料を支払います。この額は送金者が自由に設定できます。現在は新規発行額に比べてとても小さい額なので注目度は低いかもしれませんが、新規発行がなくなると、送金手数料が重要となります。

というのは、採掘によって得られるのは送金手数料だけになるからです。

新規発行終了後のビットコイン

現在は、採掘のために、少数の人々が多額の資金を投じて高性能コンピューターを多数投入しています。新規発行がなくなれば、この種の人々はビットコインには存在しなくなるでしょう。

・・・そして、おそらくは本来の姿になるかもしれません。すなわち、「P2Pに参加しているパソコンなどのコンピューターの余力を使って採掘がおこなわれる」です。

この場合、いわゆる『51%攻撃』に対して脆弱になるかもしれませんが、ビットコインがもっと多くの人に認知され、今よりも桁違いに大きな人数に使われるようになれば、一人一人の計算能力は小さくても、その合計計算力は極めて大きくなるかもしれません。

そうすれば、51%攻撃は容易でないということになります。

また、この過程で、現在は極めて安価な送金手数料ですが、もう少し高くなるかもしれません。しかし、紳士協定というレベルにとどまるかもしれませんし、銀行等による送金と比較して圧倒的に安価に送金できるというメリットが消えることはないだろう、と予想できます。

さて、次のページでは、ビットコインの取引が活発化すると、送金時間の遅延や、場合によっては送金出来ないというエラーが起こるかもしれない「ブロックサイズの問題」に触れます。

ビットコインの仕組み・特徴

×
ビットポイントトレード手法
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類・作り方
ビットコインの保管方法
PC・スマホにウォレットを作る
ビットコイン紛失事例(2件)
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
無料配布詐欺に注意!
ビットコインの送金について
送金のしくみ
公開鍵、秘密鍵、アドレス
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ハードフォークはナゼ起こる?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
ビットフライヤーのスマホアプリ
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
DMM Bitcoinの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
Liquidの特徴
BitTradeの特徴
SBI VCの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
DMM Bitcoin口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
SBI(SBIVC)口座の作り方
BTCボックス口座の作り方
Liquid口座の作り方
仮想通貨取引で有利な銀行口座
仮想通貨のチャート分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し-基本~実践
上値抵抗線・下値支持線
三角保ち合い(ペナント)
bitFlyerの高機能チャート
「相場の見通し」の作り方
フラッシュクラッシュ
DMM Bitcoinの比較チャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
貸仮想通貨サービス|GMOコイン
信用取引で低リスクな裁量取引
ビットコインを堅実に増やす方法
ビットコインの自動売買~QUOREA
板情報で取引【BITPoint】
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと現物取引の価格差について
FX先物取引とは
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
激変!仮想通貨のシェア【2018年版】
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP