ビットコインのトレード方法 PC版イメージ ビットコインのトレード方法 スマホ版イメージ

当サイトでは、ビットコインを無料で稼ぐ方法をご案内しています。

ここで、問題があります。獲得したビットコインを保有するだけで良いでしょうか。それでも良いかもしれません。将来の値上がりに期待です。しかし、期待通りに価格が上昇するかどうか分かりません。

ビットコイン自体には金利も付きませんし、ただ放置するのは面白くないかもしれません。

そこで、トレードで増やす方法を考察します。ただし、損しないトレードです。せっかく無料でビットコインを獲得したのですから、トレードで損してしまってはいけません。

無料で得たビットコインでトレードする方法

では、どのようにトレードすれば良いでしょうか。以下、案をご紹介します。

1.無料で得たビットコインを取引所で売却

可能ならば、指値で売却しましょう。指値で、現在値よりも少し高い価格で売るようにします。成行で売ると、現在値よりも安い価格で売ることになるかもしれません。

指値で売る場合と成行で売る場合の価格差は、わずかな差かもしれません。しかし、少しでも多くのお金をもらえる側を選択したいです。取引を繰り返すうちに、資金の増え方で大きな違いが出てくる可能性があります。

2.再びビットコインを買います

次に、売却できた価格よりも少し安いところで、売却したビットコインと同数だけ買います。例で考えましょう。分かりやすくするために、価格差が大きい例にします。

(1)40万円で、0.01BTCを売却:4,000円を獲得します。
(2)その後、30万円で0.01BTCを購入:3,000円を支払います。

すなわち、無料で稼いだビットコインの数量(0.01BTC)は同じままで、手元に1,000円が残ります。ビットコイン価格は下がっていますが、元々無料でもらったビットコインです。価格が低下してもダメージはありません。将来の値上がりに期待です。

あるいは、売ったビットコインと同数だけ買い戻すのではなく、少し多めに買っても良いでしょう。上の例を使うと、以下の通りです。

(1)40万円で、0.01BTCを売却:4,000円を獲得します。
(2)その後、30万円で0.012BTCを購入:3,600円を支払います。

この場合、手元に残る資産は以下の通りになります。

元々は0.01BTCを持っていたのですが、トレードによって、ビットコインと現金の両方を増やすことに成功しました。最高の展開です。

その後は、「少し上昇したら売り、再び下落したら買い戻す」を繰り返します。こうすることで、徐々に資産が大きくなっていきます。

このトレード手法は有効か

では、上でご案内したトレード手法は本当に有効なのか、考察しましょう。

考察1:売却後にビットコイン価格が上昇する場合

最初に、無料で得たビットコインを売却します。その後、価格が下落したところで買い戻すのですが、実際のビットコイン価格は上昇したとしましょう。この場合、ビットコインを買い戻すことができません。

この場合、どう考えれば良いでしょうか。

ビットコインを売った時点で、いくらかの現金を得ています。ビットコインは無料でもらったものですし、全く損していません。よって、ビットコイン価格が上昇しても問題ありません。

将来、再びビットコイン価格が下落したら、その時に買えば良いでしょう。

また、無料でビットコインを獲得しますが、1回限りのものではありません。繰り返しもらいます。新規にもらったビットコインで、「売って、買い戻す」を繰り返します。

考察2:無料でもらえるビットコインは、数量が少ない

無料でもらえるビットコインは、多額という訳にはいかないでしょう。少しずつもらうことになります。そこで、少額でトレードを繰り返すのがつまらないという可能性もあります。

この場合は、無料でもらえるビットコインがある程度蓄積するまで待ちましょう。faucet(ビットコイン無料配布サイト)でもらえるビットコインはわずかですが、ポイントサイトを使うと、比較的多めのビットコインをもらえます。

例えば、ある商品やサービスを買う予定がある場合、ポイントサイトで買うと、ポイントがもらえる場合があります。そのポイントをビットコインに換えるという具合です。

考察3:ビットコイン以外の仮想通貨で売買したい

無料配布サイトやポイントサイトでもらえる仮想通貨は、ビットコインです。しかし、ビットコイン以外の仮想通貨で取引したいと思うかもしれません。このトレード手法は、この要望にも応えることができます。

ビットコイン価格は何十万円もしますから、無料で得たビットコインを売買すると、どうしても桁が小さくなります。他の仮想通貨ならば、かなり価格が安いです。トレードのやりがいも出てくるかもしれません。

どの取引所を使うべきか

なお、このトレード手法においては、取引所の選択が極めて重要です。なぜなら、取引所によっては、取引するたびに売買手数料が必要だからです。また、取引できる仮想通貨の種類も、取引所ごとに大きく異なります。

上でご案内した方法でトレードするには、以下の機能が必要です。

これに加えて、「(3)指値注文で取引する場合は、売買手数料をもらえる」という条件も加えましょう。取引すると、通常は手数料を支払います。しかし、指値で取引する場合は手数料を「もらえる」という取引所があります。

以上3つの条件を満たす取引所は、ビットバンク(bitbank.cc)です。

bitbank.ccで取引可能な仮想通貨ペアは、以下の通りです。

なお、上の通貨ペアの意味ですが、例えば、ビットコイン/円の場合、ビットコインを買うときに支払うのは円であり、ビットコインを売ったときにもらえるのは円だということです。

そして、bitbank.ccでは、指値で取引すると手数料を「もらえます」。このメリットが大きいです。取引ごとに手数料分だけ資産が減るのではなく、増えるのです。増えるか減るか、その差はあまりにも大きいと言えるでしょう。

こうして、長期的に取引を繰り返すと、徐々にではありますが資産が増えていくと期待できます。しかし、無理は禁物です。無料でもらったビットコインですから、価格がどう動いても損はないとはいえ、気長に考えましょう。

ビットコインのトレード方法

×
BitcoinCash公開トレード
BCCの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
PC・スマホにウォレットを作る
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
ビットコインの送金について
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
最も安心・安全な取引所
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
coincheck貸仮想通貨サービス
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
coincheckの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
QUOINEXの特徴
Krakenの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
QUOINEX口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
リアルタイムチャート
仮想通貨のトレード方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
ビットコインを堅実に増やす方法
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP
メリット・デメリット
FXと仮想通貨の融合トレード
×