ビットコインのトレード方法 PC版イメージ ビットコインのトレード方法 スマホ版イメージ

仮想通貨の取引所・販売所は、株式相場等と大きく異なる点があります。それは、同じ商品(ビットコインなど)を売買できるのに、取引所ごとに価格が大きく異なる場合があることです。

この性質を利用したトレードを「ビットコインで確実に利益を狙う方法を考える」で考察しています。今回は、その記事で出てきたデメリットを大幅に緩和する方法について検討します。

裁定取引(アービトラージ)とは

取引所間の価格差を利用した取引を、一般的に裁定取引(アービトラージ)と言います。詳細は上のリンク先の記事でご確認いただきますとして、簡潔にまとめますと以下の通りです。

例えば、A取引所ではビットコイン価格が150万円、B取引所では160万円だとします。

この場合、A取引所で1BTC買って、B取引所で1BTC売れば、10万円の利益になります。チャート分析不要ですし、魅力的です。

しかし、実際に行動に移すには、回避が難しいデメリットがあります。

現物売買の裁定取引のデメリット

上の例を見ますと、A取引所で買い、ほぼ同時にB取引所で売っています。すなわち、あらかじめB取引所でビットコインを保有しているということです。これがデメリットです。

本来ならば、A取引所で買ったビットコインをB取引所に送金してから売りたいです。しかし、送金には時間を要しますから、送金中に価格が変動してしまうリスクがあります。そこで、送金でなく、B取引所であらかじめビットコインを準備しておきます。

ビットコインを現物で保有していなければ、B取引所で新規に購入します。その後、上の裁定取引を繰り返すと、資産の成長を期待できます。

しかし、B取引所でビットコインを買ってから価格が暴落する場合、どうなるでしょうか。

例をあげてみましょう

B取引所でビットコインを買った:160万円の投入
裁定取引(アービトラージ)1回あたりの利益: 10万円
何らかの理由で、ビットコイン価格が10万円に暴落した:150万円の損失

裁定取引そのものは有効であっても、最初に買った価格よりも大幅に下落すると、とても厳しいと分かります。暴落する前に売買を繰り返し、仮に暴落しても売買を継続することにより、最終的にはプラスにできると期待できます。

しかし、暴落を恐れながら取引しなければならないのは、デメリットでしょう。

デメリットを回避するには?

では、デメリットを回避するには、どうすれば良いでしょうか。今までの流れから明らかでしょう。「あらかじめ現物で保有しなければOK」です。現物で保有して、それを売ろうとするから問題が起きます。

「現物を保有して、売る」この手続きが不要ならば、デメリットは発生しません。現物を買ってから価格が暴落するという問題がなくなるからです。

では、それを実現するには、どうすれば良いでしょうか。

BTCBOXの信用取引で裁定取引

ここで登場するのが、BTCBOXの信用取引です。最初に、トレード方法をご案内します。図と併せてご覧ください。

信用取引の概要

BTCBOXで信用売りすると同時に、別の取引所(以降、「Z取引所」とします)でビットコインを買います。Z取引所で買ったビットコインを使って、BTCBOXに返済します。

1.入金

BTCBOXと、Z取引所にそれぞれ現金を入金します。「Z取引所」については、できるだけ価格差が大きい取引所が望ましいです。取引前にZ取引所の候補を見つけ出しておく必要があります。

現金を入金

2.価格が安い状況を待ちます

BTCBOXのビットコイン価格が高く、Z取引所での価格が安い状況を待ちます。価格差が大きい程、利益幅が大きくなります。

安価を待つ

3.ビットコインを信用売り

上記2.が実現したら、BTCBOXでビットコインを信用売りします。同時に、Z取引所で同数のビットコインを買います。

3.の作業が終了した時点で「利益確定」になります。

なお、「信用売り」とは、ビットコインをBTCBOXから借りて、それを売るトレード手法です。最終的には、借りたビットコインを返す必要があります。

信用売り

4.BTCBOXに送金

Z取引所で買った現物のビットコインをBTCBOXに返済するため、送金します。送金後、Z取引所には何も残りません。

送金と返済

5.取引終了

BTCBOXに、ビットコインを現渡(げんわたし)して、取引終了となります。

現渡し

「現渡し」とは

ここで、現渡の説明が必要でしょう。信用取引の手法で、BTCBOXからビットコインを借りて売りました。すなわち、借りたビットコインを返す必要があります。

ビットコインの返済方法には、2種類あります。

今回は、その2の方法を採用しています。これを現渡(げんわたし)と言います。「現物を渡す」という意味です。

信用売りで稼げる理由

信用売りで利益を上げられる理由も、ここで簡潔に確認しましょう。

そして、ビットコイン価格が150万円になったときに、ビットコインを1BTC買うとします。このときの支払額は150万円です。

160万円で売って、150万円で買いました。すなわち、口座には10万円残っています。これが利益です。BTCBOXから1BTCを借りましたから、買った1BTCをBTCBOXに返せば、信用取引の終了です。

こうして、利益を狙うことができます。

BTCBOXの裁定取引シミュレーション

では、具体的な数字を使って、上の例がうまくいくかどうかを考察しましょう。最初に、BTCBOXとZ取引所に、それぞれ100万円を入金したとします(いくらの入金でも構いません)。

ビットコイン価格が、以下の通りになりました。そこで、BTCBOXの信用取引で0.5BTCを売り、同時にZ取引所で0.5BTCを買います。

BTCBOXで、160万円で0.5BTC売りました。すなわち、口座に80万円が入金します。一方、Z取引所で0.5BTC買いました。支払額は70万円です。80万円もらって70万円支払いますから、差し引き10万円の利益です。

なお、BTCBOXから0.5BTCを借りています。返済する必要があります。そこで、Z取引所で買った0.5BTCをBTCBOXに送金します。そして、現渡でBTCBOXに返済します。取引は成功です。

BTCBOXを使った裁定取引の留意点

なお、この取引には留意点があります。代表的なものを確認しましょう。

順に説明していきます。

留意点1:信用取引で必要な金利(手数料)

信用売りする場合、BTCBOXからビットコインを借ります。すなわち、借り賃が必要です。この取引では、何日もビットコインを借りるわけではありません。そこで、取引額に比べて金利手数料はわずかですが、事前に確認しましょう。

下図は、BTCBOXの「ビットコイン融資」画面です。2018年4月26日現在の「1日当たりの手数料」です。0.05~0.08%が提示されていますが、実際の手数料は、金利が安いものから順に適用されます。

下表では、19.24BTCまでは0.05%で借りられます。それ以上になると0.08%になります。

BTCBOX信用取引手数料

留意点2:信用売りではレバレッジをかけない

BTCBOXで信用売りをするわけですが、レバレッジをかけない方が良いでしょう。と言いますのは、取引実行中にビットコイン価格が暴落して強制ロスカットになると、面白くないからです。

この取引自体は、適切に実行できれば、相場がどのように乱高下しようとも損しません。信用売りと現物買いを同時に実行するからです。その本体部分から外れたところで足元をすくわれないように気を付けましょう。

留意点3:ビットコイン送金に要する時間と送金手数料

ビットコインの送金能力に比べて、送金要請数が極めて多い状態になることがあります。この場合、ビットコインをBTCBOXに送金するのに時間がかかってしまうかもしれません。この取引では、日数を要すると金利支払いが必要になります。

そこで、送金手数料をしっかりと支払って、少しでも早く送金できるようにしましょう。

仮想通貨の運用方法

×
仮想通貨チャート一覧&価格一覧(リアルタイムレート)
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類・作り方
ビットコインの保管方法
PC・スマホにウォレットを作る
ビットコイン紛失事例(2件)
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
無料配布詐欺に注意!
ビットコインの送金について
送金のしくみ
公開鍵、秘密鍵、アドレス
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ハードフォークはナゼ起こる?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
ビットフライヤーのスマホアプリ
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
DMM Bitcoinの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
QUOINEXの特徴
BitTradeの特徴
SBI VCの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
DMM Bitcoin口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
SBI(SBIVC)口座の作り方
BTCボックス口座の作り方
QUOINEX口座の作り方
仮想通貨取引で有利な銀行口座
仮想通貨のチャート分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し-基本~実践
上値抵抗線・下値支持線
三角保ち合い(ペナント)
bitFlyerの高機能チャート
「相場の見通し」の作り方
フラッシュクラッシュ
DMM Bitcoinの比較チャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
ビットコイン積立【ZAIF】
貸仮想通貨サービス|GMOコイン
信用取引で低リスクな裁量取引
ビットコインを堅実に増やす方法
ビットコインの自動売買~QUOREA
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと現物取引の価格差について
FX先物取引とは
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
激変!仮想通貨のシェア【2018年版】
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP